月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

続・JR東日本の駅ナンバリング

JR東日本では「駅ナンバリング」への対応を今年度から進めている、という話は、以前書いたことがあります。
lunacat.yugiri.org


当座は東京支社管内の駅名標に表示されるだけだったのですが、次第に対応範囲が広がってるようで、「JR東日本アプリ」なんかでも対応するようになっています。


そして、やっとというか何というか、駅名標以外の駅構内にある掲示物でも対応が始まりました。
f:id:Lunacat:20170219143351j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170219143421j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170219143509j:plain:w600

コンコースでの乗り場案内表示に駅ナンバリングが付かないと道案内には使えないなと思ってましたので、やっと使えるようになり始めたなぁという感じです。

とはいえ、運賃案内地図だったり、ホームや社内にある路線図だったり、駅ナンバリングに対応してほしいところは他にも沢山あるので、頑張って対応を続けていってほしいものです。

日帰り名古屋美術館巡検

今年は年明け早々、冬の青春18きっぷを持って何度か旅に出たのですが実はその後は東京神奈川千葉埼玉をうろうろするだけの生活で……。そろそろ新幹線に乗ってどこか行くべきよねと考えていたところ、名古屋に2月26日で終わる展覧会が幾つかあるのに気づいて、唐突に出かけてきたのでした。


ということで、出発は東京駅の新幹線から。

旅に出ようと決めたのが当日朝、起きてからだったので、いつもの8時20分発ではなく、遅い時間の出発です。

富士山はちょっと今一つでしたね。


そして11時半前には名古屋駅に到着しまして。ちょっと名古屋は寒かった(東京と比べての話)。

で、まず最初に向かったのはヤマザキマザック美術館。ここで「森のDNA」という展覧会を見ます。

この展覧会は、森をテーマにした現代アートと、所蔵するガラスや家具を絡めた展示構成。確かにいつもコレクション展だと先細りにですから、こういう冒険は良いですね。
と言いつつ現代作品のほうはピンとくる作品が少なかったのですが、ガレのガラスをたんまり撮影できたのが良かったですわ。


次に向かったのは名古屋市美術館。こちらでは永青文庫の展覧会です。

今回の永青文庫の特別展は近代日本画白隠・仙厓に絞っていたのが特徴で、絞った分、近代日本画をたくさん見ることができて非常にお得でした。
とにもかくにも春草の黒猫さんは素敵です。

それから、大観は人物を描かなければいい作品だなと感じるものが多かったです……(一体大観は何を描けばうまいと評価されるのか、自分でも良く判らなくなってきた)。


3か所目は、名古屋ボストン美術館で吉田博の展覧会です。

今回の展覧会は下のフロアは締め切って上のフロアだけで展示するという変則編成で、フロア面積的になんとなくデパートの企画展を見ているような気分でした。久しぶりに吉田博をまとめてみましたが、やはり個人的には川瀬巴水のほうが好きですな。
とはいえ、96回も摺りを重ねるとか、ちょっと何考えてるのか良く判らない凝り性の部分は伝わってきた気がします……。


と、ここまで3か所の展覧会を巡って目的の美術館には全部言ってしまったのですが、時間はまだ15時。帰るには早すぎます。
手元にはドニチエコきっぷ(土日限定の名古屋市交通局1日乗車券)があるので地下鉄なら無料ですし……ということで……

初めての名古屋港水族館へ。これが楽しかった。

シャチさんだの、ペンギンさんだの、エイさんだの、気づいたら閉館間際までいて100枚ほど撮影してましたわ。写真はまた、別の機会に駄文で紹介したいと思います。


と、ここまでやっても17時過ぎ。もう少し遊ぼうかと名鉄に乗ってみましたが、乗ったとたんに日が暮れてしまいまして……。

結局名鉄で岐阜まで往復しただけで東京に戻ってきたのでした……。



ところで今日は先ほども書いたとおり、名古屋市内の移動にドニチエコきっぷを使ったのですが、この600円のきっぷで地下鉄に5回乗った上に、

の計600円引きという……。

謎の割引率だわ……

11日の横浜巡検記録(愛された金沢八景@金沢文庫、篠山紀信・写真力@横浜美術館)

これを書いているのは2月20日ですが、11日のお話です。


この日はまず、京急金沢文庫駅まで出て、そこから徒歩15分の神奈川県立金沢文庫へ。「愛された金沢八景」というタイトルの展覧会を見ます。
f:id:Lunacat:20170211131629j:plain:w600

この展覧会は、横浜市金沢区に住んでいた故・楠山永雄さんコレクションを展示しているのですが、この方は地元に密着した収集をしているため、金沢八景を描いた浮世絵から京浜急行のパンフレットまでと広範な範囲をカバーしてました。面積的には6割が浮世絵と歴史資料、4割が京急という感じでしょうか。結構京急の分量が多いです。

個人的には、京急の記念乗車券が展示されていたのがツボで。過去に買った記憶のあるものも沢山ありました。あの乗車券、今どこに置いてあったかなぁ……(掃除しろ)。


神奈川県立金沢文庫を出て、隣の称名寺で少しシャッターを押して。買ったばかりのカメラなので、試運転も兼ねてます。
f:id:Lunacat:20170211134745j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170211135042j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170211135505j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170211140234j:plain:w600
蝋梅に梅に寒桜と、春も進んできましたな。


その後、金沢シーサイドラインに乗って
f:id:Lunacat:20170211141659j:plain:w600

新杉田経由根岸駅へ。そして、横浜市電保存館に向かいます。
f:id:Lunacat:20170211153815j:plain:w600

横浜市電保存館は、記憶をさかのぼっても今まで来たことが無い様子で。親元からバスに乗れば乗り換えなしで着く場所なので、妙な話です。
もしかしたら小学校の社会科見学とかで来てるかもしれません(なんですが、ちょうど小学校高学年の時に改築工事で一時休館しているので、本当に来たことが無い可能性もあります)。

ここは中々楽しかったので、別の日に詳しく駄文で紹介したいと思います。


市電保存館の次は、再びJR根岸線に乗って桜木町に向かって横浜美術館へ。
f:id:Lunacat:20170211163109j:plain:w600

やっていた特別展は「篠山紀信 写真力」というもの。過去に宮城県美術館でも見ているし、有名人のポートレートったって有名人もポートレートも興味がありません状態な私なので15分ほどで通り過ぎてしまいまして……(といいつつ、吉永小百合さんは良いぞ)。
人物の写真を大きく伸ばしての展示は、好きな人には迫力があって良いのでしょうが、私としては大きく引き伸ばしたために発生している継ぎ目が剝れだしているのが気になったりしてですな……。

それよりもコレクション展のほう、こちらも特別展に合わせて写真だらけだったのですが、こちらの方が見ていて楽しかったです。前半は日本の近現代を切り取った写真を集めていましたが、引き延ばさなくても迫力を感じますね。
とはいえ、せっかく横浜なんだから、もう少し横浜で撮影した写真が多くても、とは思いましたが。


と、横浜美術館を出たところで18時前、タイムアップ。
この後は何故か横浜市営地下鉄に適当に乗ったりしてから帰ったのでした。
f:id:Lunacat:20170211195828j:plain:w600
(おや、こんなところに「はまりん」が)

東京駅北口通路工事を見る

先日TwitterのTLを見ていたら、「東京駅のホームから北口通路につながる階段の位置が変わった」というtweetを見かけました。
東京駅の北口通路は以前から通路幅の拡幅工事をしていたのですが、進展があったようです。早速見物に行ってきました。


ということで、東京駅の9・10番線に着きました。ホームには、ちょうど湘南ライナーが。
f:id:Lunacat:20170210200005j:plain:w600
一瞬目的を忘れて乗りそうになりますが、ボックスシートにお金を出す気にはなれないので、未遂で終わりました。


本来の目的に戻って。まずは今まで使われていた階段のほう。しっかりと蓋をしてありますね。
f:id:Lunacat:20170210200016j:plain:w600

そして新しくできた階段はというと……
f:id:Lunacat:20170210200052j:plain:w600
一人幅のエスカレーターが3機という構成。これ良いですね。
普通の二人幅のエスカレーターだと片側を勝手に開けられて実質一人幅になってしまうことを考えると、こちらのほうが土地の有効活用になってしまうという。

そんな一人幅のエスカレーターを降りて
f:id:Lunacat:20170210200105j:plain:w400

北口通路に降りてきました。
f:id:Lunacat:20170210200223j:plain:w600

今まで、7~10番線の列車ホームの部分は通路の高さが新幹線コンコースに合わせた高い位置となってましたが、今回の工事で3~6番線部分の通路や丸の内改札口と同じ高さに揃えられました。もともと東京駅は天井が低めなので、これで案内表示などを天井から吊るのもやりやすくなりそうですね。



東京駅の工事はまだまだ続きますが、8月にいったん完成のようです。その時にはまた、確認してみようと思います。
f:id:Lunacat:20170210200156j:plain:w400

市川塩浜駅

海浜幕張から小岩に戻るのに普段なら南船橋京葉線から武蔵野線に乗り換えるのですが、ほんの気まぐれで市川塩浜で乗り換えてみました。
ついでなので、市川塩浜駅で降りてみたりして。

f:id:Lunacat:20170208200510j:plain:w600

市川塩浜駅は20年ほど前に徒歩20分ほどのところに住んでいるときに使ってまして、その時も閑散としていたのですが、それから20年がたっても自動改札が3レーンしかないなど、当時とあまり変わらない様子です。とはいえ、乗客数は年々増えてるらしいのですが……