読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

突然ですが、関西巡検(東洋陶磁美術館、神戸ファッション美術館)

今年は1月の初めに青春18きっぷを使って名古屋まで行ったのと、2月の中旬に名古屋での展覧会を見にいった以外は基本的に南関東をうろうろしているだけでして、要するに名古屋以外には遠出をしてませんでした。

そんな折、ふとチケットぴあを見ていると3月4日のユーミンのチケットがチケットが取れてしまいましててん。場所は名古屋国際会議場、ってまた名古屋ですかい。
ということで、コンサートの前にちょっと名古屋の先まで行ってみることにしました。


そんなわけで、いつも通りの8時20分に東京駅を出発する新幹線に乗りまして。

いつも東京駅発の新幹線は8時20分発から8時23分発なのは、会社に行くのと同じ時間に家を出ると乗れるのがこの時間だから、という理由です。

富士山は見えなかったが伊吹山は冠雪してたぞ。

鳥飼の車庫。見事にN700系だらけ。


そして新大阪駅に到着。まずは大阪市立東洋陶磁美術館に向かいます。

ここで展示していたのはは台湾故宮から来た青磁の名品。
f:id:Lunacat:20170304114921j:plain:w600
とはいえ、いくら台湾故宮から来たといっても青磁でしょ?青磁は好みじゃないんだよね……と思いながら見に行ったのですが、センターを貼ってる作品は一つだけ明らかに他のものとは色が違っていて青磁というよりもガラスのような透明感すらあって……。
確かにこれは名品と納得でした……いやすごいですわ。

ちなみに青磁の器は、このようにして使うものらしいです?
f:id:Lunacat:20170304114946j:plain:w450


東洋陶磁美術館を後にして、次の美術館へ……。と、その前に、せっかく中之島なのでまわりの写真を撮ったり。
f:id:Lunacat:20170304120144j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170304120252j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170304120745j:plain:w450
中之島のあたりは被写体が沢山あるのが羨ましいですわ。


で、2ヶ所目は、神戸の六甲ライナーの先にある……
f:id:Lunacat:20170304134007j:plain:w600
神戸ファッション美術館へ。およーふくの展覧会は好きなので、ついつい行ってしまいます。
f:id:Lunacat:20170304130634j:plain:w600

ここでやっていたのは、神戸のファッションについての展示。
f:id:Lunacat:20170304133224j:plain:w450

と、あら、折角なので拡大して撮影しちゃいましょう。
f:id:Lunacat:20170304133234j:plain:w450
f:id:Lunacat:20170304133244j:plain:w450

展示の方は、前半は神戸で見ることの出来たファッションを時代順にというもの。これは居留地で見られたドレスから始まって、80年代の神戸にあるアパレルメーカーのファッションまであって、どれも可愛かったです。

後半は、神戸の産業の紹介で、清酒とかファッションと関係あるのか判りにくいものもありましたが、ここはファッション美術館。ちゃんと洋服や靴、洋菓子(飴細工の展示が凄かった)、真珠の宝飾とファッションに関係ありそうなものが並んでました。このコーナーは、先日のブラタモリ神戸を思い出しながら見るのが良いかもですね。

あとついでに、ファミリアの子供服の展示もあったりして。
f:id:Lunacat:20170304133314j:plain:w600
およーふく可愛いですなぁ。


で、神戸ファッション美術館のあとは……本当はもう1ヶ所くらい行きたかったのですが、これで時間切れ。
このあとは、素直に新幹線で名古屋に向かって、コンサート会場に行ったのでした。

野毛山動物園に行ってみた

2月26日の話ですが、CP+を見た後に、野毛山動物園に行ってみたのでした。
(いやその、写真の展示会を見た後なのでなんか写真を撮りたくなりましてね……)
[f:id:Lunacat:20170226150121j:plain:W600]

鳥インフルエンザの影響で、何時もなら適当に散歩してる孔雀さんが居なかったり、他の鳥さんも余り近寄れなかったりでしたが、結構それなりに撮影できた気がします。ということで、撮影した生き物をご紹介。


まずは、レッサーパンダさん。一番入口に近いところでちょこちょこ動いていて、わりとずるい。
f:id:Lunacat:20170226150339j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226150401j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226150629j:plain:w600

は虫類館にいらっしゃった方々。大型なのに距離が近いのでとても写しやすいです。
f:id:Lunacat:20170226151013j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226151036j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226151100j:plain:w600

鳥インフルエンザの影響で、近寄れなかった鳥さんたち。望遠レンズを持って行っていたのでなんとかなりましたが……。
f:id:Lunacat:20170226151654j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226152627j:plain:w600
2枚目の灰色の鳥はカグーという方。中々可愛い。

キリンさんの首だけ。ピントが後ろの金網に行ってしまったわ。
f:id:Lunacat:20170226151938j:plain:w600

ワラビーさん。カンガルーの仲間はどうしてもヤンキーに見えるのよ。
f:id:Lunacat:20170226153041j:plain:w400

そして、ぺーーーーーーーん。
f:id:Lunacat:20170226152648j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226152654j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226152732j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226152741j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226154022j:plain:w400
はぁ、ペンギンさん、可愛いなぁ……


と、小さな動物園ですけど、駅から歩きますけど、結構楽しめますね。
今回は1時間程で駆け足に見てしまったので、フォーカスとかちゃんと出来ませんでしたので、また今度はカメラの操作を色々試しながら撮影したいところです。

3月の展覧会予定

月初の恒例、今月見たい展覧会を一覧に、です。

北海道東北

東京

関東

  • 津々浦々 百千舟 江戸時代横浜の海運(横浜市歴史博物館, ~2017/03/20)
  • カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命(埼玉県立近代美術館, ~2017/03/26)
  • 横浜開港資料館開館35周年記念 時を超えて・ハマの史跡の物語(横浜開港資料館, ~2017/04/23)
  • 愛された金沢八景 —楠山永雄コレクションの全貌—(神奈川県立金沢文庫, ~2017/04/23)
  • 第2回 ホキ美術館大賞展(ホキ美術館, ~2017/05/15)
  • 藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察(水戸芸術館 現代美術ギャラリー, 2017/03/11~2017/05/14)
  • ベルギー 奇想と幻想展(宇都宮美術館, 2017/03/19~2017/05/07)

中部

近畿

中国四国

  • 華麗なるフランス絵画 ランス美術館展(ひろしま美術館, ~2017/03/26)
  • 生誕140年 杉浦非水 開花するモダンデザイン展(愛媛県美術館, ~2017/03/30)

九州


美術館まで春めいてきた感じで、数が多いったら。いつも通り東京が多いのですが、なんとなく情報源の偏りもある気がします。
まずはこの週末に大阪方面に行って、大阪の展覧会情報も収集してきたほうが良さそうですね。

2月に見た展覧会

月末の恒例で、1月に見た展覧会を一覧で挙げておきます。


月に10件とは、これはひどい……。これで名古屋に日帰りに行った以外は遠出もしてないのですから、いったい何をしていたのだという……
(いや、カメラを見たりしてるけど)


とりあえず2月に見た展覧会で良かったのは、ナビ派
f:id:Lunacat:20170215165343j:plain:w600

永青文庫、でしょうかね。
f:id:Lunacat:20170218122649j:plain:w600

それ以外にもよかったのが多くて、例月どおり30か所くらい回っていれば◎だったのに、というのも多いです……。
来月はがんばりましょうかね。

CP+に行ってみた

カメラ業界の展示会、CP+にパシフィコ横浜まで行ってきました。
f:id:Lunacat:20170226110351j:plain:w450

こういった展示会は昔は新製品が初めて触ることの出来る場!ということで盛りあがったのですが、最近は新商品を展示会に併せて発表しなくなりましたからね。とはいえ、製品コンセプトなどを見るのには使えます。


今年の展示で印象的だったのはソニーオリンパスがどちらも目立つ場所でバスケットボールの実演をやっていたことでしょうか。要するに「ミラーレスでもスポーツ撮影に使えますよ、高速連写も出来るしEVFもついてこれますよ。東京オリンピックにいかがですか?」というキヤノンニコンにプロ市場でも戦うぞ宣言と思いました。

確かに、私の写真程度だと、もう一眼レフとミラーレス一眼の差は感じないので、これからはプロ市場、ということになりますもんね。


そのほか、ソニーはさりげなく高感度をアピールして。
f:id:Lunacat:20170226125833j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226125848j:plain:w600
これは宇宙ステーションの備え付けカメラがソニー製だよというアピール。

と、展示は余り力を入れてみてないのですが、代わりと言ってはなんですが、各ブースでやってた写真家の講演はいくつか出てみたり。

こちら、パナソニックのブースでの広田尚敬さんと広田泉さん親子。
f:id:Lunacat:20170226123954j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226115749j:plain:w600

ここでは動画からの静止画切り出しでA4サイズの雑誌に掲載した例とか(画素数なんで飾りですよアピール)、F4で充分にシャープな作例(絞れば良いってもんじゃないアピール)などを見せてもらいました。


それから、ニコンソニーでしゃべっていた中井精也さん。
f:id:Lunacat:20170226110643j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170226135659j:plain:w600
ソニーは画面が超巨大で写真が映えますな。

中井さんは、時には定番でないレンズも良いぞ(普通は望遠でしょというところで50mmを使ってみるとか)という話と、構図で印象が変わるから、複数台で構図を変えて同時に撮影するのも良いぞ、という感じでしょうか。


と、講演は勉強になりますね。今年は行き当たりばったりにたまたま見かけたら立ち止まって聴いたような感じですが、来年からは講演自体をメインに行くようにしたいと思います。


おまけ:何でおまえが横浜にいるんだ?
f:id:Lunacat:20170226104946j:plain:w450

続・JR東日本の駅ナンバリング

JR東日本では「駅ナンバリング」への対応を今年度から進めている、という話は、以前書いたことがあります。
lunacat.yugiri.org


当座は東京支社管内の駅名標に表示されるだけだったのですが、次第に対応範囲が広がってるようで、「JR東日本アプリ」なんかでも対応するようになっています。


そして、やっとというか何というか、駅名標以外の駅構内にある掲示物でも対応が始まりました。
f:id:Lunacat:20170219143351j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170219143421j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170219143509j:plain:w600

コンコースでの乗り場案内表示に駅ナンバリングが付かないと道案内には使えないなと思ってましたので、やっと使えるようになり始めたなぁという感じです。

とはいえ、運賃案内地図だったり、ホームや社内にある路線図だったり、駅ナンバリングに対応してほしいところは他にも沢山あるので、頑張って対応を続けていってほしいものです。

日帰り名古屋美術館巡検

今年は年明け早々、冬の青春18きっぷを持って何度か旅に出たのですが実はその後は東京神奈川千葉埼玉をうろうろするだけの生活で……。そろそろ新幹線に乗ってどこか行くべきよねと考えていたところ、名古屋に2月26日で終わる展覧会が幾つかあるのに気づいて、唐突に出かけてきたのでした。


ということで、出発は東京駅の新幹線から。

旅に出ようと決めたのが当日朝、起きてからだったので、いつもの8時20分発ではなく、遅い時間の出発です。

富士山はちょっと今一つでしたね。


そして11時半前には名古屋駅に到着しまして。ちょっと名古屋は寒かった(東京と比べての話)。

で、まず最初に向かったのはヤマザキマザック美術館。ここで「森のDNA」という展覧会を見ます。

この展覧会は、森をテーマにした現代アートと、所蔵するガラスや家具を絡めた展示構成。確かにいつもコレクション展だと先細りにですから、こういう冒険は良いですね。
と言いつつ現代作品のほうはピンとくる作品が少なかったのですが、ガレのガラスをたんまり撮影できたのが良かったですわ。


次に向かったのは名古屋市美術館。こちらでは永青文庫の展覧会です。

今回の永青文庫の特別展は近代日本画白隠・仙厓に絞っていたのが特徴で、絞った分、近代日本画をたくさん見ることができて非常にお得でした。
とにもかくにも春草の黒猫さんは素敵です。

それから、大観は人物を描かなければいい作品だなと感じるものが多かったです……(一体大観は何を描けばうまいと評価されるのか、自分でも良く判らなくなってきた)。


3か所目は、名古屋ボストン美術館で吉田博の展覧会です。

今回の展覧会は下のフロアは締め切って上のフロアだけで展示するという変則編成で、フロア面積的になんとなくデパートの企画展を見ているような気分でした。久しぶりに吉田博をまとめてみましたが、やはり個人的には川瀬巴水のほうが好きですな。
とはいえ、96回も摺りを重ねるとか、ちょっと何考えてるのか良く判らない凝り性の部分は伝わってきた気がします……。


と、ここまで3か所の展覧会を巡って目的の美術館には全部言ってしまったのですが、時間はまだ15時。帰るには早すぎます。
手元にはドニチエコきっぷ(土日限定の名古屋市交通局1日乗車券)があるので地下鉄なら無料ですし……ということで……

初めての名古屋港水族館へ。これが楽しかった。

シャチさんだの、ペンギンさんだの、エイさんだの、気づいたら閉館間際までいて100枚ほど撮影してましたわ。写真はまた、別の機会に駄文で紹介したいと思います。


と、ここまでやっても17時過ぎ。もう少し遊ぼうかと名鉄に乗ってみましたが、乗ったとたんに日が暮れてしまいまして……。

結局名鉄で岐阜まで往復しただけで東京に戻ってきたのでした……。



ところで今日は先ほども書いたとおり、名古屋市内の移動にドニチエコきっぷを使ったのですが、この600円のきっぷで地下鉄に5回乗った上に、

の計600円引きという……。

謎の割引率だわ……