月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

東京都写真美術館で見た3つの展覧会

東京都写真美術館で見た3つの展覧会について、感想を書いておきます。
とりあえず見た順と言うか、下の階から順番に。


まずは地下1階の世界報道写真展。去年撮影された世界中の報道写真のベスト3を様々な部門に分けて発表するものです。
今年は例年以上に血が流れて、落ち着ける写真が少なかった印象で、戦闘地域というか憎悪のぶつかり合う地域が拡大しているのがそんなところにも現れているような。


そして2階で開かれていた「ダヤニータ・シン」。
インドの写真家の展覧会ですが、インドってやはり複雑だなと。そりゃ10億も人がいて単純だったら怖いのですが。
あと、移動式美術館のセット(屏風型の枠に、たくさん写真をはめ込んで展示できる)で写真を見るとちょっと印象が変わります


最後に3階では、コレクション展。「平成をスクロールする」という年間タイトルで行われる第1弾です。
年間で3期に分けてやるのでスタンプラリーなどやってるのですが、その説明で入口が混雑するのはちょっとなぁ。

それはともかく、松江泰治さんの空撮の写真が個人的には好みだったかと


地下1階の激しさに対して、2階と3階は静けさが支配しているような感じで、3つまとめてみると振り幅を感じますね。
まぁ、同じ場所だからと纏めてみてしまうのが、そもそも良くないのかも……とはいえ、同じ場所の展覧会は纏めて見ますよ、ね?


おまけ:建物の写真も、展覧会ポスターの写真も撮り忘れたので、写真美術館に行く途中にあった花壇の写真などを……
f:id:Lunacat:20170701133509j:plain:w600

原宿駅改良工事(2017/07/01時点)

太田記念美術館に寄った帰りに、原宿駅の改良工事を見物してきました。


原宿駅では混雑緩和のため、現在1面2線の島式ホームとなっている構造を改良し、正月にのみ使用する臨時ホームを常設化して2面2線とスル改良工事を行っています。

駅改良の工事計画について | 2016年6月8日 | JR東日本

[>https://www.jreast.co.jp/press/2016/20160605.pdf]


まずは工事の全景です。クレーンのある辺りに新しい駅舎が出来るとおもわれます。まだ、基礎の段階のようですね。
f:id:Lunacat:20170701131257j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170701131321j:plain:w600


続いて、駅構内の高架橋から。法面の上の方は、駅舎と階段をつなぐ通路やトイレを作る予定です。
f:id:Lunacat:20170701131903j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170701131914j:plain:w600
本格的な工事を行う前に、架線柱などを整理しているようですね。


今のホームの上からも見てみました。ホームそのものの工事は手をつけてないようにも見えます。来年の初詣の後に工事着手なのかしら
f:id:Lunacat:20170701131942j:plain:w600


原宿駅の工事は工事用地が狭いのと、正月の初詣客を捌かないといけないのとで、簡単な構造の駅としては結構スケジュールの難しい工事になりそうですね。


(おまけ)通過する湘南新宿ラインと並ぶところもついでに撮影したりして。
f:id:Lunacat:20170701131623j:plain:w600

大江戸クルージング@太田記念美術館

太田記念美術館で「大江戸クルージング」という展覧会を見てきました。
f:id:Lunacat:20170701122432j:plain:w600

江戸の水辺というか川をテーマに浮世絵をセレクトした展覧会で、日本橋、京橋、佃島、隅田川に出て両国から千住までと本当にクルージングするような展示順序が良いですし、更には浮世絵に描かれた場所の現在の様子を学芸員さんが撮影したものが傍らにあるのも面白いです(だいぶ川は埋めて高速道路になってますなぁ……)


展示されている作品は歌川広重の「名所江戸百景」が中心なのですが、発色もいいですし構図もいいですし、ちょっと買い揃えたくなりますね
(って、それは無理なので、書籍で買うのが限界かしら?)

田村ゆかりFCイベント2017~リハビリ@東京国際フォーラム

田村ゆかりさんのFCイベントがありましたので、行ってきました。
f:id:Lunacat:20170625155035j:plain:w450


ゆかりんのFCイベントは11月から12月にやったばかりでまだ半年しか経ってませんが、珍しく短期間での開催となりました。
しかも今回は東京国際フォーラムの1会場のみの公演ですので、客席数は前回(名古屋国際会議場と両国国技館の2会場だった)の約半分というところ。だいぶ落選者も出たそうです。
そんなことで、一部会員専用のライブ配信が予定されてました。


とりあえず物販に
f:id:Lunacat:20170625161419j:plain:w600
かわいい姫。
f:id:Lunacat:20170625162255j:plain:w450


イベント開始前は30分前、15分前、5分前の注意事項アナウンスが姫の声で。姫の声はアナウンス向きで聞き取りやすいのが良いですな。

そしてステージには幕が掛かっていて、開演と同時に表示されたタイトルには「リハビリ」の文字が。

り、リハビリ????


幕が開くとバンドセットが!そうか、コンサートのリハビリか!

ということで、

01. めろ~んのテーマ
02. 大好きと涙
03. 惑星のランデブー
04. アンドロメダまで1hour

ゆかり王国の再興を宣言するかのように国家からスタート。その後も続けて一気に4曲。良く飛んだ、良く叫んだ。それからコールとか結構覚えているものですね。

ということでFCイベントと言うか復活ライブがスタートしました。


今回のFCイベント、そもそも8月のアニサマと9月のコンサートが決まって、いきなりスーパーアリーナはきついのでリハビリをさせてください、というところから企画したそうで。
もちろん姫のリハビリも大事なのですが、何しろスタッフや小道具も総とっかえ状態なのでリハビリが必要なのです。

実際イベントの中でも、イヤモニや靴を新たに作った話もしていましたです。


それからアコースティックコーナー。

05. 半分
06. 銀の泡沫
07. 始まりアンダンテ

ここはキャラソンの中から3曲。3曲とも知らない曲ではあるのですが、姫がゆったりと歌う姿を見るだけで幸せなので良いのです。


この後は、リハビリの一環でイントロクイズがあったり、客もリハビリが必要だろうとコール曲のメドレーがあったり。
そういえばコール曲メドレーの時、観客のコールを聞いている姫の表情が良かったですわ。みんな覚えててくれたんだ、という表情で、見てるこちらもうれしくなります。

まぁその、コールについては曲がかかると自然に口が動くわけで、覚えていたというよりは脊髄反射と言う方が正しいのかも(をぃ)。


そして衣装替えの後に、いよいよ新曲

08. Hello Again

当然初めて聞いたのですが、この時はちょっとピンときませんでした。若干かわいい系に振りすぎじゃないかと。ですが、この後で音源を流したのを聞いた感じでは、最近(2014年~15年頃)のシングルに入ってる曲と同じようなテイストで、これならいける、と思いましたね。

などというのが現場での感想ですが、後で流れてきた情報によると、作詞が松井五郎さん、作曲が板垣祐介さんの組み合わせ。つまり「あのね Love me Do」「好きだって言えなくて」のコンビですよ。田村ゆかりん、完全復活ですね。


新曲の後にあったのは、レジェンドとのゲーム対決。レジェンドってなんだと思ったら、高橋名人さんが登場しました。そういえば、姫と名人は同じ事務所でしたっけ……。


その後、ビンゴコーナーでは好きなトッピングと妖怪を当てるもの。トッピングは捻った回答でしたが、妖怪の方は沢山プレゼントしようとばかりに、ひねりは比較的少なかったかしら(ひねって妖怪ウォッチを避けたら全滅した月猫さんである)。


そして「リハビリと言えば、こんなリハビリも必要でしょう」という、やまけんさん(今日のMC)の声とともに、運び込まれたのはラジオのセット。そして、矢野さんまで!。
何と7月から文化放送でラジオ番組「田村ゆかりの乙女心♡症候群(シンドローム)」をやるということで、そのリハビリが始まったのでした。

そこからの28分30秒は、もう、なんだろう。変わらないトークの軽快さ、しゃべらずにメモで助け船をする矢野さん、CMの間に真剣なまなざしでメールを選ぶ姫。すっかり「いたずら黒うさぎ」の公開録音を聴いている気分になりました。

そういえばメールで「今食べたい食べ物は?」という質問に姫と矢野さんが「せーの」と同時に食べたいものを言ったり、まるたまさんとボンネビルレコードさんの名前が上がったり、「いたずら黒うさぎ」や「喫茶黒うさぎ」を知っている人ほど思い出して感涙する展開でした*1

ちなみに新番組の「田村ゆかりの乙女心♡症候群(シンドローム)」、メールアドレスは「ゆかりん@joqr.net。わいゆーけーえーあーるあいえぬ、あっとまーく、joqr.net」と、黒うさぎから変更なしなのも嬉しいじゃないですか。


そして、そしてそして、再びバンドメンバーが登場して、

09. 秘密の扉から会いにきて
10. 恋せよ女の子
11. fancy baby doll
12. パーティーは終わらない

ラストに4曲です。FBDで「世界一可愛いよ!」と叫び、そして曲が終わっても「パーティーは終わらない」のです。
このあと7月からのラジオ、8月のアニサマ、9月の横アリと、まだまだ続くよ!という思いが最後の曲のチョイスになったのでしょう。



今回のFCイベント、いや、復活ライブと呼んでもいいかしら。すべてが昔と同じではありませんが(スタッフが変わったり、バンドメンバーが変わったり、番組名が変わったりしてますからね)、昔に戻ったと感じられるイベントでした。

姫も「みんなも『終わるかもしれない』って恐怖を感じたでしょ?」と言っていた通り、2015年、2016年に感じていた不安や疑心暗鬼はあらかた解消した気がします。

もう後は、7月からのラジオをちゃんと聴いて、9月のコンサートにちゃんと行って、日常を取り戻すことですね。

*1:いかん、これ書いていて、改めて思い出し泣きしているよ月猫さん

どこかにマイルで沖縄に参る(3) 首里で急坂を転げ落ちる

(前回の続き)
lunacat.yugiri.org


首里城の後ですが、守礼門の近くで道先案内の看板を見ていると

← 首里金城町石畳道 200m
↑ 世界遺産 玉陵  200m

とあったので、石畳の方に行ってみることにしました。

……
………
全然、200mじゃ着かないじゃん(汗)。

ちなみに、200m近く歩いたところで、残り170mの看板があったのは秘密です……


ということで、400m程歩いて、石畳に到着しました。
f:id:Lunacat:20170615145208j:plain:w600


石畳は首里城の方から行くと下り坂で、まずは鬱蒼とした感じの森の中を通ります。
f:id:Lunacat:20170615145236j:plain:w450
写真は撮り忘れましたが、ハブに注意の看板もあったりしてな。

鬱蒼を抜けると眺望が開けて。結構高い位置にいますね、今。
f:id:Lunacat:20170615145400j:plain:w600

それにしても、結構急な坂です。
f:id:Lunacat:20170615145730j:plain:w450

坂道は続くよどこまでも。
f:id:Lunacat:20170615145831j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170615150131j:plain:w450

途中で道が二又に分かれているところがありました。
f:id:Lunacat:20170615150207j:plain:w600
写ってる建物では休息も可能です。

坂道に咲く花
f:id:Lunacat:20170615150012j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170615150601j:plain:w450
沖縄は家の周りに花を活けている方が多いように思えました。

花だけでなく、虫もいたんだわ。
f:id:Lunacat:20170615150613j:plain:w600


と、15分かけて坂道を降りたのでした。
f:id:Lunacat:20170615150832j:plain:w450


この坂道、600mで標高116mから36mまで80mも下がったそうで。
首里城が高台の上にあることを、改めて体感してしまいましたわ。