月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

国宝展@京都国立博物館(10/9前半)

京都国立博物館の国宝展を見てきました。
f:id:Lunacat:20171007194439j:plain

この展覧会は古社寺保存法ができて国宝という概念ができてから120年ということを記念しての展覧会です。
まぁその、戦前の旧国宝と文化財保護法以降の国宝を同列に扱うべきかという問題がありますが(戦前の旧国宝は文化財保護法が制定された段階で一旦重要文化財扱いとなって、その中で特に重要なものを国宝に指定するという手順を踏んでいるため)、こまけぇことは気にしちゃいけねぇんだよ(汗)。

そんな国宝展、当然ながら展示物は国宝指定されているものばかりで、重要文化財だけでなく御物も御物に準ずる三の丸尚蔵館の収蔵品もありません。そう考えると今回の展示物が日本の最高級文化財を集めたものなのかは疑問もありますが、まぁこれも、こまけぇことは……(略)


与太話はこのくらいにして、展示を見ていきましょうか。
京博新館の流儀で、3階までエレベーターで上がって、そこから順に階段を下りて見ていきます。


まず3階の1つ目の部屋は書跡。普段はここで陶磁器を展示しているのですが、今回は細長いケースを生かして気持ちよく巻物を広げての展示です。なお、いつもながら書の鑑賞ポイントが判らない私なので、このコーナーは料紙の綺麗さに注目することになります。

京博の所蔵する「古今和歌集(本阿弥切本)」(160)は、雲母を刷り込んで夾竹桃を描いた料紙が綺麗でした。

同じく京博蔵の「芦手絵和漢朗詠抄」(163)。これは平安時代に柳や水鳥の描かれた料紙があって、それが残ってるというのが素晴らしいです。
www.kyohaku.go.jp


3階の2つ目の部屋は考古。壁面には様々な土器などが並びますが、中央の空間は土偶祭りと化してました。

まず、東博の所蔵する「袈裟欅文土偶」(197)。あまり銅鐸の表面に描かれている絵に注目したことは無かったのですが、これは線画ですが楽しそうな絵が描かれてますね。

土偶では、「縄文の女神」と言われる山形の土偶(190)がいました。これは、三角形を組み合わせたような形で、現代美術的な感じも受けます。
megami.town.funagata.yamagata.jp

それから「縄文のビーナス」と言われる長野県茅野の土偶(189)は、出るところが出ていて(と、なぜかオブラートに包んだ表現)縄文時代の人もやるなぁと。
国宝「土偶」(縄文のビーナス) | 茅野市尖石縄文考古館

更に、縄文土器としては外せない「火焔型土器」(188)もありました。これは新潟県での地震の際に破損したはずだけど……と思いながら補修の跡はないかと眺めたのですが、当然そんなものは見つかるわけもなく……。いや、もしかしたらこれは破損しなかった個体(確か十日町の火焔型土器は50器以上あったはず)なのかもしれませんが。
www.tokamachi-museum.jp


2階に下りて、階段の右にある1つ目の部屋では仏画を展示してありました。

ここでは何と言っても、中央に展示されている「吉祥天像」(1)。栄えある展示番号No1です。これを最初に見たのは1986年に東博で開かれた「御在位60年記念 日本美術名宝展」じゃないかと思うのですが、久しぶりにお会いしました。そんなに大きな絵ではないのですが、奈良時代からずっと美しいお顔だというのが素晴らしいじゃないですか。
吉祥天女画像【国宝】慈恩大師【国宝】二天像-薬師寺公式サイト|Guide-Yakushiji Temple

普段は東博にいらっしゃる「普賢菩薩像」(7)も来ていました。なんか東博の本館で見るよりもライティングが良くて、心もち象さんも格好良くなってる気がします。
www.tnm.jp

  • 知恩院の「早来迎」こと「阿弥陀二十五菩薩来迎図」(13)。この絵は春に奈良博で開催された源信展でも展示されていましたが、ライトが良いのもあってか、阿弥陀さま方の左上から右下への流れが目に見えるよう。阿弥陀様の乗られている雲は流体なんですって感じまでします(なんだそれは)。

www.kyohaku.go.jp


2階の次の部屋も引き続き仏画。仏画のうち、地獄や六道に関わる絵が展示されています。

  • 聖衆来迎寺の「六道絵」(14)は、これも春の奈良博で見た作品ですね。やはりライティングが良いので奈良で見たときよりも地獄が鮮やかですが、奈良と違って一部だけの展示なので恐ろしさは程々です(?)


2階の3つ目の部屋は、中世絵画の部屋、なんですが、10月9日に見に行ったときは雪舟祭りで……。国宝になっている雪舟作品を全部展示するというおかしなことになってました。

まずは「秋冬山水図」(47)。やはりこいつは冬の岩が訳ワカメだなぁと、いつもどおりの感想です。

それから久しぶりに眺める「山水長巻」(48)。これはサントリー美術館で展示があったときに山下先生の解説を聞いたのもあって、その視点で見てしまいますが、岩とか描くときの勢いが楽しそうだなぁと思いますね。
lunacat.yugiri.org

「天橋立図」(51)は多分雪舟の作品でいちばん有名なんじゃないかと。全体としてはかっちりとした絵地図なのですが、岩などのパーツを見ると確かに山水長巻に通じるものがあります。これを見ると、天橋立は一度ちゃんと行かないといけないなと思うわけです。
www.kyohaku.go.jp

「慧可断臂図」(50)はインパクト重視という気もする作品ですが、たしかに岩とか雪舟の描き方ですな。というか、雪舟の作品を集めて展示してあるので、比較して楽しむことができましたね。
www.kyohaku.go.jp



と、長くなってきたので、2階の後半からは日を改めて書きます……。


(後日追記)
後編、書きました。
lunacat.yugiri.org

北斎-富士を超えて@あべのハルカス美術館

あべのハルカス美術館で、北斎展を見てきました。
f:id:Lunacat:20171007124950j:plain


今年は浮世絵方面は北斎の当たり年で葛飾北斎をテーマにした展覧会がいくつも開かれます。
そんな中でこの展覧会は、大英博物館が企画した展覧会の日本巡回展という位置づけで、日本ではあべのハルカス美術館のみで開催の予定です。
元々イギリスで企画された展覧会だからでしょうか、展示は北斎の様々なジャンルを網羅する(いや、春画は無かったけど)とともに、西洋絵画からの影響を感じられる作品も展示されているのが特徴的でした。


とりあえず、当日のメモから展示作品をいくつか紹介してみます(所蔵館の画像リンクも、可能な範囲でつけてみました)。

司馬江漢「相州鎌倉七里浜図」
なんか司馬江漢のような西洋風の江ノ島が出展されているなぁと思いましたが、まぎれもなく司馬江漢です。西洋絵画の影響を受けていて、北斎を象徴する富士の描かれた作品の代表として、ここに出展されたんでしょうかね。

www.google.com

「花見」
ライデン国立民族博物館が所蔵する、とても色が鮮やかで陰影のはっきりした版画が何枚か展示されていました。ちょっと鮮やかすぎる気もするのですが、これはどうやって刷ったのでしょうね。
「藤野巻狩り図」
木更津の神社が所蔵する、富士を中心に描いた板絵。ちょっと見た感じは絵馬のようにも見えます。
「富嶽三十六景 隠田の水車」
富嶽三十六景はかなりの数が展示されていました。神奈川沖浪裏や凱風快晴といったメジャーどころもありますが、自分としてはこの水車が好きだなぁ。特に水車がつくる水の表現が好きなんですわ。

www.britishmuseum.org

「地方測量之図」
北斎のいた時期は伊能忠敬の活躍する時期でもあるんですよね。実際に測量をする様子を描いたこの作品、地図好きには見逃せません。

www.britishmuseum.org

「百合」「芥子」「牡丹・蝶」
この辺りから、北斎の写実表現に焦点を当てた展示になります。ということで、花を描いた作品が。この写実ボタニカルアートですな。
C0083353 (牡丹に蝶) - 東京国立博物館 画像検索

www.britishmuseum.org

「鳶尾草・瞿麦・翡翠」
シャガとカワセミ。花は写実的なのに、鳥は見得を切るあたりが面白い。

www.britishmuseum.org

「桜に鷲図」
氏家コレクションなので、2月に鎌倉国宝館で良く展示されているやつです。鷹の足が、がっしりしているのが見どころだし、良く見ているなと思うポイントかと。
「唐土名所之絵」
この辺りから、写実ではなく想像の世界を。ということで中国大陸図なのですが……、山がちな中国大陸ですな……。
「女三の宮図」
十二単の裳のひだとか綺麗ですねー。それから猫さんがリアル、なんだけど、この猫さんの顔は好みじゃないのよね。ちょっと猫さんを写実的に描きすぎじゃないかしら?
葛飾応為「月下砧打ち美人図」
北斎の周辺という章では、娘さんの肉筆が2点もありました。なるほど確かに女性を描かせるとお父さんよりうまいですな。
C0034762 月下砧打ち美人図 - 東京国立博物館 画像検索
「濤図」
普段は小布施の北斎館にある天井画です。もうね、波の表現が凄くてね。なのに破綻が無くてフラクタル図形のような感じもします。


流石の北斎で混雑が激しかったですが、いつも見慣れた富嶽三十六景にとどまらないイギリスセレクトな北斎ワールドを見ることが出来るという意味で、他にはない北斎展だったと思います。東京から見に行く価値がありましたです。

103系が引退する大阪環状線

今日は10月3日、ということで103系の日(?)。それにちなんで大阪環状線では103系がラストランになりました。
www.westjr.co.jp

大阪環状線はJR西日本の中心にありながら何か野暮ったい……ということで駅のリニューアルや新型車両投入を行っています。

(駅のリニューアルの例)

f:id:Lunacat:20150827215446j:plainf:id:Lunacat:20150827215513j:plain

(新型車両323系)

f:id:Lunacat:20170304144631j:plainf:id:Lunacat:20170409152042j:plain

そんな新型車両に押し出されるようなかたちで、103系がラストランとなったわけです。
まぁ103系は東京の方では2005年にはいなくなっているので、よくここまで残ったもんだなとは思いますが。


そんな103系、大阪環状線で最後に乗ったのは2016年11月でした。
f:id:Lunacat:20161105170254j:plain

とはいえ、大阪環状線にこだわらなければ、奈良線に行けばいくらでも走ってるんですけどね。
f:id:Lunacat:20170902202745j:plain

ついでに、大阪環状線には明日以降もこんな103系が……
f:id:Lunacat:20170409174637j:plain
これ、本当に明日以降も今のデザインのままなんでしょうかねぇ?
ちょっと気になりますね……。

谷山浩子「月に聞いた11の物語」全曲レビュー

谷山浩子さんのニューアルバム「月に聞いた11の物語」が9月13日に発売になりましたので、各曲の聴いた感想を簡単に書き散らしてみます。

月に聞いた11の物語

月に聞いた11の物語


1曲目の「きつね」。最初が「旅立ちの歌」ではなくてコレだというのが浩子さんらしい。にしても、この歌詞はね。キツネは私だよなぁと。いや、女をケムに巻いたことはないですよ?そこじゃなくて、心が空っぽな感じが、ね。

2曲目は「サンタクロースを待っていた」。おお、浩子さんには珍しい(というか50年ぶりの)クリスマスソング!と思ったらクリスマスを通り過ぎて100年経ってしまって、トナカイも分解して骨〜(違う曲が混ざった)。クリスマスソングらしい明るい曲なのに一筋縄ではいかないのが良いですわ。

3曲目の「旅立ちの歌」。提供曲なのもあって、前半の曲の中ではもっとも万人が聴きやすいんじゃないかしら?RPG的なコンセプトで提供した曲ですが、今回のアレンジでハイファンタジー的な重みも加わりました。

4曲目は「城あとの乙女」。これは良質な初恋のスローバラードですね。この恋の淡さ、良いですわ〜。ぜひこの曲は、ソロライブツアーでピアノだけで聴いてみたいです。または、ticomoonさんたちと一緒で、というのもやって欲しいかなと。

5曲目の「白雪姫と7人のダイジョーブ」。今回のアルバムでの、なんだこのタイトルは大賞の受賞曲ですね。そうだよなぁ、小人さんたちにも老化はあるわけで……なんてことを最後の方では考えてしまいます

6曲目「無限マトリョーシカ」。言わずと知れた上坂すみれさんへの提供曲。ソロ演奏のときよりも若干速度を落としてますかな?ROLLYさんのヘイ!の位置と演奏の感じはほぼ想像通りでした(って、予想を外すほうが難しいか)

7曲目の「ジリスジュリス」。リスのかわいい恋のお話。かわいいし楽しいですわ。多分ジリスが(巣を地上に作る)エゾシマリス、ジュリスが(巣を樹上に作る)エゾリスで、札幌の円山公園で見られる光景なんですよ(なのでモモンガもエゾモモンガということで)

8曲目「パズル」。元々はアイドルに提供した曲ですが、テンポを落としてぐっと大人っぽい曲にした感じ。月と魔法に支配された魔法の世界のサスペンスドラマという感じで、コレは程よい暗さで良いですよ。

9曲目の「螺旋人形」。作曲は石井AQさんということで、AQさんの訳わかんないソング全開ですね。で、それに言葉遊びも兼ねた訳わかんない詩を重ねる浩子さんも素敵です。言葉の感じとか見えてくる世界が「夢のスープ」に近いような……、って、怖いわ。

10曲目は「秘密の花園」。新居昭乃さんとの共作ですね。曲は透明感に満ちているのに、歌詞には少し影があって。おわかりとは思いますが、作曲は新居昭乃さん、作詞は谷山浩子さんです。永遠に手に入れるためには時を止めるしか無いのかしらなどと思ったりする歌詞です。

ラスト11曲めは「金色野原」。最後に手嶌葵さんへの提供曲で全てを浄化しましょう、というわけではないですが、そんな感じです。こういう素直な恋から、すっかり遠ざかってきてしまいましたなぁなとど反省しそうになる曲です。にしても、きれいな曲ですわ。


ふぃ、11曲レビュー一気にアップしてしまいました。こういう連投は楽しいけど、しんどいやね。 にしても、ジリスジュリスが楽しくてリピート再生してしまうわ。

横浜トリエンナーレ2017(横浜赤レンガ倉庫編)

横浜で3年に1度行われる横浜トリエンナーレに行ってきました。

今回の会場は横浜美術館と横浜赤レンガ倉庫の2会場がメインですが、横浜美術館には8月に行っているので今回はもう一方の赤レンガ倉庫のほうにお邪魔したのでした。
f:id:Lunacat:20170910125345j:plain:w600


以下、適当に気に入った作品を。

まずはプラバワティ・メッパイルのこの作品。
f:id:Lunacat:20170910130750j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170910130818j:plain:w600
横浜赤レンガ倉庫の創建当時の瓦を並べてあるのですが、窓からの光とシンクロしていて良い光方をしていました。


宇治野宗輝の「プライウッド新地」。これが楽しい。
f:id:Lunacat:20170910131022j:plain:w600f:id:Lunacat:20170910131228j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170910131039j:plain:w400f:id:Lunacat:20170910131134j:plain:w400
様々な音を出す(本来は楽器じゃない)機器が連動していて色々な音を出すのですが、意外なところから音が出るのでそれを追いかけるのが楽しいですね。トリエンナーレのような祝祭性もある空間にはこういう展示も必要ですよ。


ドン・ユアンの「おばあちゃんの家」は、中国の割合と都会なのかしら?の室内を再現したもの。伝統も現代的なものもごっちゃまぜな感じは、日本でも最近までありましたねぇ。
f:id:Lunacat:20170910132400j:plain:w600f:id:Lunacat:20170910132423j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170910132459j:plain:w600f:id:Lunacat:20170910132543j:plain:w600


そして個人的に一番良かったのがこれ、ラグナル・キャルタンソン。
f:id:Lunacat:20170910132728j:plain:w600
全部で9あるスクリーンそれぞれでソロの演奏がされていながら、全体で一つの音楽となり、最後には全員で集合して1つの音楽を奏でるという。音楽は良いですなぁ。


と、赤レンガ倉庫の展示を見てきたのですが、横浜美術館よりもこちらの方が面白かったかなと思います。
やはり、ホワイトキューブ的なところよりも倉庫的なところのほうが、現代アートイベントには合うのかもしれませんね。