月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

プレオープンの三菱一号館

東京の丸ノ内では丸ビルを皮切りに三菱不動産が建物を順番に高層ビルに取り替えていっていますが,今は三菱の本社が最初にあった場所が再開発されています.どうもある程度高層ビルになったので容積が余ったのか,大昔の三菱一号館を煉瓦造りの姿で再建するというおまけ付き.


といっても煉瓦造りのオフィスビルというのが貸し出せる時代ではありませんので,この建物は美術館になるのです.その名も三菱一号館美術館.実際に美術館としてオープンするのは来年の4月ですが,その前段階にプレオープンというか習熟運転として,三菱村と三菱一号館の復元をテーマにした展覧会を行っているのです.つまり,復元された三菱一号館自体を見る展覧会,といったところ.


ということで,入ってみます.避難経路を兼ねたガラス張りの通路から,煉瓦造りを間近に見ることが出来るのが新鮮です.


実際の展示フロアですが,当時の建物を可能な限り忠実に再現しているため,狭い(といっても我が家と比較すると,どうだろ?)部屋が沢山ある構造.各部屋を巡りながら展示を見ていくのは楽しい感じです.ただ,オープンの際の記念展がマネなので,混雑が心配ですが.
なお,展示フロアは各部屋を全部足すと,かなり広いような気がします.サントリー美術館よりも広いんじゃないかしら?


ところで,三菱一号館の裏には,ちょっとした広場があります.同じ高層ビル街とはいえ,幕張と違って楽しそうだな〜(@@;;)\(--;;)バキ.