月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

光明寺と浄土教美術@鎌倉国宝館

今日は鎌倉国宝館まで「光明寺と浄土教美術」という展覧会を見に行ってきました.実のところ,この展覧会が開かれていることは全く知らなかったのですが,NHKの首都圏ネットワークをやっていたら如意輪観音菩薩様の映像とともに紹介されていたので,行ってみようと.毎日NHKのニュースを大量に見ている会があったと言うもんです(?)


とりあえず,鎌倉駅まで行ってから,観光客が多すぎて身動きの取れない小町通りを何とか通過して向かったわけです.まぁ3連休ですし,紅葉とかを期待する向きの方もいたでしょうし…….


ちなみに紅葉はこんな感じ.

まだ赤い方は時期尚早でした.多分来週か,もしかしたら再来週か…….でもこの展覧会の会期は来週までです(^^;;).

で,展示の内容は,前半は仏像,後半は仏画と光明寺に関する資料となっていまして,私は仏像には惚れ込んでいても仏画は皆目見当が付かない人間なので,結果として前半だけを熱心に見るということになります.

で,その仏像ですが,メインの一番目立つ頃にあるのは運慶の作った阿弥陀如来.光明寺の展覧会なのにこの仏像は浄楽寺のものって,なんじゃそりゃ.大きくて見応えもありますが,今ひとつ釈然としません(^^;;).ところで,この阿弥陀如来の脇侍について,目が細くてきりりとしていて,何となくお相撲さんのようだなぁなんて罰当たりなことを思ったりしておりました.

んで,光明寺の阿弥陀如来の方ですが,こちらは二回りほど小さいサイズですが,ちゃんと脇侍を従えて来ておりました.どちらかというと,こっちの方が好みです.

そして目当ての如意輪観音ですが……,如意輪観音様にしては男性的だったのが一寸残念(をぃ).


ところで,この展覧会.図録は既に完売していました.感想は適当ですが結構気に入った仏像も多かったので,仏像写真集として入手したかったのですが…….