月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

鉛筆を,買おうかと……

この駄文,ここ1年ほどは美術展の感想を書くことが多いのですが,感想を書くためには当然ながら取材,というか美術展を見るわけです.
私は脳みその記憶容量がそんなに多くない,というか揮発性メモリで構築されているので,展覧会を見ただけでは駄文は書けません.当然のように展覧会場でメモを取るわけです.まあメモといっても,気に入った作品の番号とその作品の一言感想を書くだけ.ひどい場合は,「萌え〜」としか書いてないこともあります(@@;;)\(--;;)バキ

そんな,大したことのないメモを書くためにも必要となるのが筆記具.ですが美術館では基本的に作品保護のために筆記具の使用が一部制限されています.で,この制限が美術館によって違いがあって……

  1. 毛筆と万年筆が駄目なところ
  2. 更にボールペンも駄目なところ
  3. 更にシャープペンも駄目なところ

と分かれていて,鉛筆は大体のところがOKとなっています.要するに,インクが飛ぶものは駄目,ということですが,シャープペンは多分折れたときに芯が作品に刺さると困るから,という理由と思います.

シャープペンまで禁止するところは多くないので,美術館でメモ書きに使用するのは2mmの芯のシャープペンシルにしていました.この太さなら早々折れないだろうということなのですが,それでもシャープペンはシャープペン.時には注意されるわけです.


ということで,鉛筆を買おうかと思うのですが,何しろ鉛筆は中学になってからなので25年は使ってない訳で…….鉛筆削りも新たに買わないと行けない訳で…….改めて買おうとすると,これも色々と問題があるわけです.
まあいいや,明日,東急ハンズに行って鉛筆を選んでみます…….