月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

成田経由中島みゆき行き

今日はいわゆる仕事納め、というやつですが、そんな日に福岡でのコンサートチケットを取ってしまうあたり、すっかりまっとうな会社人間を諦めている今日この頃です。ということで、12時過ぎに会社を出て、福岡に向かいます。

ただ、今回は羽田からの飛行機が予約できませんでしたので、成田から福岡への飛行機に乗ります。羽田から福岡へは1時間30分で飛行しますが、成田から福岡は2時間5分もかかりますので、移動時間も考えると1時間以上多めにかかる計算になりますが、仕方がありません。しかし何で30分以上も余計にかかるのだろうか、空域の関係でよほど遠回りするのだろうか、それが一番気になるところです。

その成田から福岡への飛行機は、第二ターミナルの端にある国内線ターミナルからバスで移動して乗り込んで、その飛行機はこれまた、えっちらおっちら第二ターミナル近辺の駐機場から第一ターミナルに面した4000m滑走路の北の外れまで行ってから南に向かって離陸と時間のかかるコースを取ります。ま、国内線なんてこんな扱いよね、成田では。
その後、九十九里海岸までまっすぐとんだ後にUターンして今度は東京上空を飛んで、その先は羽田から福岡に向かう便と同様、富士山の北側や山陰を通過したようです。東京上空は晴れていて、ベルト着用サインも消えていたので、写真を撮ることが出来ました。


まずこちら。一本の線が走っていますが東京外郭環状道路です。中央部にある緑の島のような部分は葛飾区の水元公園でしょう。


つづいてこちら。中央部の緑は村上貯水池、というか西武のレジャーランド多摩湖ですね。左の飛行場が横田基地、下の飛行場が立川飛行場昭和記念公園のところ。結構よく見えます。

で、飛行機は福岡空港が強風のためか、珍しく南側から着陸するルートで到着。ここでも時間をロスして、到着は20分遅れの17時20分……。あの、コンサートは18時30分から何ですがっ。


飛行機到着が17時20分なのに20分後には博多駅前のホテルに到着し、荷物を部屋に入れて10分後に出発して、20分後に到着しました福岡サンパレスホール。今日はここで、中島みゆきさんのコンサートなのです。って、開演10分前じゃないですかっ。

中島みゆきさんのコンサートは17曲しか歌わないのに3時間弱と、予想通りトークの長いコンサートでした。トークの方は谷山浩子さんや田村ゆかりさんのような天然系(何を話すか大枠は決めているのだろうけど、基本的にはアドリブ)の方向ではなく、さだまさしさんと同型の作り込んだもの。何を話すか、どこまで話したところで曲に行くのか、細部を決めた上でのトークのようです。ただ、さださんと違って自分をネタに笑いを取りに行くので、聴いていても嫌みは感じません。さださんは若干感じてしまったんよね……。

曲は夜会、トークは笑点といった感じのアップダウンの激しいコンサートでしたが、ミュージシャンとコーラスを合計10人も使う贅沢なステージだけあって、音は大変に良かったです。また、みゆきさんの発声もすごいですな。あの細身からあれだけの声が良く出るもんで。


ということで、今年のコンサートはこれでおしまい。一体、1年間で何回行ったんだろう……