月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

Mac Miniのメモリ増設

今まで、MacBook Air 1台で自宅のパソコン作業を全てまかなっていたのですが、256GBのディスクでは流石にやりくりが出来なくなってしまったので、先月、自宅で使うパソコン用にとMac miniを先月買ったのでした。

一応、MacBook AirMac miniも、同じSandayBridgeアーキテクチャのdual core CPUで、クロック数はそれぞれ1.8GHzと2.5GHz。ほいでメモリはどちらも4GBという構成。さらに、Mac miniGPU用のメモリが独立なので、スペックだけ見るとMac miniの方が高速です。


高速です。


ですが、体感はMacBook Airの方が速かった、というか、Mac miniは時々アプリケーションが固まったようになることがありました……。

とはいっても、遅いからとはいえ、買ったばかりですので買い替えとは行かないですし、Mac miniはコンパクト筐体なのでCPUやHDDは変更することが出来ないor難しい。やれることはメモリを取り替えて多くすることだけです。
ただ、そうは言ってもMacBook AirMac miniは同じ4GB、メモリ増量の効果があるのか疑問です。

ということで、どういうときに固まったようになるのかパフォーマンスモニタなどで観察していたところ、

  • 固まったようになったときは、メモリの未使用領域が50MB以下まで低下している
  • 固まったようになったときは、ページファイルへのIOが増えている

と、要するにメモリ不足でHDD内のページファイルにスワップする際のディスクへのIOが、速度低下の要因じゃないか、と言うことになります。


ここまで分かれば、メモリを増やしてページファイルを使わなくても良い状態にしてあげればよい、という結論になるわけです。
よくよく考えると、MacBook Airのほうは、ディスクがSSDなので、ページファイルもメモリ上にあるような状態だったのでした。なので問題が発生しなかったと。


ということで、amazonを見ていたところ、8GBを2本の構成で8000円未満のものがありましたので、これを購入。というか、安いですね、メモリって。

シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1333(PC3-10600) 8GB×2枚組 SP016GBSTU133N22

シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1333(PC3-10600) 8GB×2枚組 SP016GBSTU133N22

取り付けてみたところ(恐ろしく固い裏蓋を回して外せば、メモリの交換が出来ます。appleの保証範囲内)、通常の状態(ブラウザ, twitter, iTunes, iPhoto, Evernoteを起動した状態)で、メモリの空き容量が10GB(汗)。当然ながらページファイルの使用領域は0です。そして、問題だったアプリケーションが固まったようになる症状も、今のところ発生していません。


それにしても16GBのメモリですか……。昔、1.6GBのHDDとか有りましたよねぇ……(遠い目)。