月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

谷山浩子コンサート@パルテノン多摩

今日は気象庁暴風と高波及び大雨に関する全般気象情報を出す大荒れの天気の中でしたが、谷山浩子さんのコンサートがあるならばと行ってきました多摩ニュータウンでした。

まあ実際天候はかなり不安だったのですが、直前まで天気図やアメダスとにらめっこした感じでは東京地方で風が強まるのは21時位からじゃないかなーと予想したのと、きっと浩子さんなら安全に帰宅できるように巻き気味に進行してくれるに違いないと思ったので、欠席せずに参加することにしたのでした。

実際、浩子さんは巻き気味に進行した上に、「風が吹くと発作的に止まる小田急線」と言いながら袖に下がった際には交通情報を確認して戻ってきたりと、予想通りのファン思いでした。全く、良い方のファンを長年続けてきて良かったと思う訳です。


とりあえず、今日のセットリストをば。

(タマで弾き語りから)
01. 冬の果実
(パルテノンといえば……ギリシャにちなんだ曲)
02. 窓
03. さよならのペガサス
(たま、といえば……たまごにちなんだ曲)
04. 卵
05. エッグムーン
(リクエストコーナー)
06. シロツメクサの思い出(「空色のメロディ~水沢めぐみ作品集~」から)
07. 紺色のうねりが(「コクリコ坂から」から)
08. アリス
09. 岸を離れる日
(これより第2部)
10. 同じ月を見ている
(歴史っぽい曲)
11. 風のたてがみ
12. 仇
(さかのぼり地球史)
13. ほうき星の歌
14. さよならDINO
15. 海の時間
(お別れの曲)
16. さよならのかわりに
(アンコール)
17. 袋井市歌

パルテノン多摩といえば、2008年6月4日、5日にファンクラブの会員を会場に入れてアルバム「タマで弾き語り」の公開録音をしたところ。私も2日目に参加したのでした。ホールに入った瞬間に思い出す5年前の記憶。それだけ、公開録音の印象が強烈だったんだなと。ついでに、冬の果実は何度も撮り直したことも思い出したり(汗)


あと、グループサウンズな音作りになった「さよならのペガサス」とか、「シロツメクサの思い出」の歌詞が私好み*1だったり、「仇」はいつ聞いてもかっこいいとか、なかなかお買い得な曲目でした。

ま、そんなコンサートの印象も、最後の曲の「ここは袋井じゃないし、ふるさとじゃないし、私達の街じゃないし、ここで生きて行かないし、全部違う」に全て持っていかれるあたりも含めて、いつもどおりのコンサートでありました。


ところで「さよならDINO」で横にROLLYさんがいないのが違和感に感じるあたり、からくり人形楽団おそるべしであります……



タマで弾き語り(初回限定盤)(DVD付)

タマで弾き語り(初回限定盤)(DVD付)

*1:ま、そりゃ元ネタが水沢めぐみ先生ですから好みなのは当たり前かも