月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

国宝燕子花図屏風@根津美術館

根津美術館は5月のカキツバタの開花時期に合わせて国宝の燕子花図屏風を展示する、というのが基本サイクルになっています。去年なんてメトロポリタン美術館から同じく尾形光琳作の八橋図屏風を連れてきて展示してましたし、きっと年間スケジュールを燕子花図屏風を中心に決めているのではないかと(ゑ?)。というわけで、土曜日に燕子花図屏風を見てきました。
f:id:Lunacat:20130518155536j:plain


で、その燕子花図屏風ですが、直前に出光美術館で酒井抱一の八橋図屏風を見ていたせいか、どうにも物足りない。見れば見るほど橋が足りないと思ってしまって……。
ちなみに去年は燕子花図屏風のほうが好みだったようなので、人間の感想なんてあやふやなもんです(そこかよ)。

いや、そうではなくて出光と根津では出光のほうが照明や雰囲気の関係もあって良いと判断しがち、ということもあるかもしれませんが……。



ちなみにカキツバタは屏風の中だけでなく庭にもありますので、そちらを見てみましょう。

遠目には満開、という感じなのですが……
f:id:Lunacat:20130518162833j:plain


近づくと、満開は数日前だったようですね。ちょっと残念。
f:id:Lunacat:20130518162309j:plain


そんなカキツバタよりもこちら、秋の紅葉にむけて準備中な若葉が良い光でした。
f:id:Lunacat:20130518162941j:plain
秋は期待できそうな気がします。