月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

田村ゆかりコンサートCaramel Ribbon@横浜アリーナ 前(座)編

駄文の表題にツアータイトル入れたの、初めてじゃないか?(汗)


という訳で、9月16日に開催された、田村ゆかりさんの横浜アリーナでのコンサート、やっと感想(というか実況?)が書けましたのでアップします。
f:id:Lunacat:20130916173245j:plain


もうこの日は京都/滋賀/福井で大雨特別警報がでるような台風日和で、強風で鉄道各線も止まっている状況で朝がスタート。普段から「趣味の防災」などと戯言を申している身としては風雨共に強いと判ってて出かけるような真似はできません。結局出発したのは総武線が動き出したと確認した14時過ぎでした。まさかその後、再び総武線が江戸川の突風でやられて止まって、小岩から錦糸町をタクシーで移動することになるとは思ってませんでしたが……*1


そんなわけで横浜アリーナに到着したのは15時45分。物販の列に並んだものの開場前に購入することは出来ず、開場後の購入となってしまいました。その反動のせいか、出資金額がいつもになく多かった気が……。



さて、今回のコンサートですが、

  • 前回のコンサートから3カ月弱
  • しかもアルバム発売前
  • 桃色男爵の常連メンバーが不参加っぽい(GODはいきものがかり、Pたんは京都でライブなのが判明してた)
  • さらにはFCイベントが昨年5月から開かれてない

ことを考えると、実はFCイベントをやろうと思ってたら会場が広すぎるので急遽コンサートにしたのではないかと推測してました*2
そんなの訳で、かなりお祭り色の強いコンサートになるんだなーと思いながらの会場入りです。

ところで、事前に発表されたグッズの一覧を見ると「田村ゆかり」「ゆかり姫」「神楽坂ゆか」の3名のグッズに分かれていまして……「神楽坂ゆか」って誰やねん(いや、田村ゆかり姫が演じておられるのは判ってますが)と思いながらグッズの情報を見直すと、どうやら昭和のアイドル田村ゆかりさんが改名したのかな?と判ります。
となると、神楽坂ゆかに改名するまでの物語をやって、神楽坂ゆかのコンサートもやってとなると、かなりの長尺になります。どうするんだこれ……などと思って開演を待ってまして。そうか冒頭に前座として神楽坂ゆかをやれば良いのか、というのに思い至ったのは開演2分前という……。我ながら、鈍いですわ。


[セットリスト1]

(ミニドラマ:神楽坂ゆか誕生まで)
01. ときめきフォーリンラブ
02. 初恋
03. 女豹
04. 好きっていいでしょ?
(神楽坂ゆかPV)

ということでコンサート、始まりは田村ゆかりではなく「神楽坂ゆか」から。昭和のアイドル「田村ゆかり」が「神楽坂ゆか」に改名するまでのストーリー映像が流れます。冒頭で0系新幹線が走り抜けるわ、所属プロダクションが経営難になるわ、打開のために健気に頑張るわ、どこの大映ドラマシリーズですか状態。いや~好きですね、こういうの。そして再デビューの舞台が、横浜アリーナでの田村ゆかりさんコンサートの「前座」。ということで神楽坂ゆかたんが登場するわけです。ちなみに前座ですのでバンドさん無しのカラオケ対応とか。芸が細かいです。

で、青いワンピースの神楽坂ゆかたんが4曲歌うわけですが、サイリウムの色は9割以上青だし、コールは「ゆかたん!」になるし、王国民のプロレス度も半端ないです。まあその、昭和のアイドル全盛期にサイリウムありましたっけとか思いもしますが、気にしたら負けです(汗)。
ま、そんなことよりも「初恋」は良い曲ですわ、ほんとに。切ない片思いの歌詞がねぇ*3

そして神楽坂ゆかの前座が終わって本編に移る際には、神楽坂ゆかのPVを流すわ、会場限定アルバムの宣伝はするわ、開演にあたっての注意事項を放送するわ、2ベルは鳴らすわ……スタッフさん、ノリノリだわ、これ。



(前座の後の本編は、翌日の記事に続きます)

*1:若干判断が鈍い

*2:この推測、ツアーパンフレットのインタビューを見ると正解だったようです

*3:だから、個人の自由ではありますけど、「私、あなたのことが……スキ……」で「ふー」と歓声を上げるのは違うと思うのだよ……