読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

2013年の音楽を適当に振り返る

えっと、テレビでは紅白歌合戦などをやっておりますが、うちのお姫様は出てない(というか、TLでヒマヒマ光線を出しておられます)ので松田聖子ちゃんが出てくるまでは時間が開いてまして……。
ということで、今年も月猫さんの音楽シーンを振り返りますよっ


では、まずは、今年行ったコンサートを一覧で、どん。

前半の感想の書いてないっぷりが……(汗)
それはそうと、今年は19回しかコンサートに行ってませんでしたか。というか、この裏で何枚チケットを無駄にしたことか……(をぃ)



回数にすると、

という感じですか。去年よりもゆかりんの回数が減っているぶん、全体数が減っているのでしょうね。


今年のコンサートで面白かったのは、9/14〜16の3日間で、遊佐未森谷山浩子田村ゆかりと渡り歩いたところで。自慢じゃないけど、同じ行動をした人は他にいない自信があります(いや、自信なくていいから)。というか、この日程が決まった時の安堵感と言ったら……
この3日間は、遊佐さんは天文台、浩子さんはハーブ、ゆかりさんは神楽坂ゆかたん登場と、それぞれ特徴があって楽しかったですわ。

あと、特徴的だったのが、10月27日の遊佐未森さんと、10月31日の谷山浩子さん。
遊佐さんの方は、デビュー25周年コンサートということで、何と言っても外間隆史さんが舞台に上がってギターを弾いたというのがサプライズ。すごかったですわ。
そして浩子さんの方は、古巣の青山円形劇場に戻ってのオールリクエスト。青山円形劇場ってこんなに小さかったの?と思いながら、当時の照明*1を思い出したり、これも楽しかったです。来年もまだ、青山円形劇場はあるので、もう1回位やって欲しいところです。


コンサート以外のところでは、浩子さんがからくり人形楽団でニューアルバムを出したのと、田村ゆかりさんのニューアルバムが出たのが嬉しかったかと。田村さんのは、若い子はどう思うかわかりませんが、中盤のマイナー4連続が堪らないですよ。90年代のシンガーソングライターの方のアルバムを聴くような楽しみ方が出来ましたよ。セールス的にはどうなのか気になりますが、個人的には続けていただきたい路線です。


ということで来年ですが、ひとまずは、

というのが決まっていますが、あとはどうなるんでしょうね……。なんとなく、来年も秋が大変なことになりそうな予感がひしひしと……。ま、来年も走りますよ、コンサート25公演に向けて!(ゑ?)

*1:海の時間とか、約束とか、伝説の照明が幾つかあるのよ