月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

2014年、年末旅行記(その2)~高岡:万葉線と海王丸

年末の旅行記、前回の第1回からの続きです。前回は、高岡駅に着くところまで書いたのでした。


高岡からは、万葉線に乗ってみることにします。駅ビルまで路面電車が乗り込むとはすばらしい。

途中、停車案内を立川志の輔が(テープで)やっているのを聞きながら、50分ほどで終点の越ノ潟に到着です。
ここ、渡船乗り場の目の前なんですね。


一瞬渡船にも心が動きますが、巨大な橋が見えると、そちらに心吸い寄せられるわけで。新湊大橋です。
[:280]

この橋は、歩行者用の通路も設置されていて、「あいの風プロムナード」という名前がついているそうです。さっそく登ってみます。

登って見える景色。奥に見えるのは立山連峰のはず。

地表からも見えます、立山連峰

こんな雪の絶壁を毎日見ていたら、立山に対する信仰が発生するのも納得です。確かに神々しいもん。


そして、近くに停泊している海王丸にも行ってみます。

こちらの船は横浜港にいる日本丸と同様、1930年に建造された練習帆船です。
というか、カメラのセンサーについたゴミが目立ちます……(汗)

見物可能なので、船の中に入ってみます。

操舵室の中。

実習生の居室は4人部屋2段ベットでございます。

船長とか一等航海士の部屋は豪華。

階段とか磨きこんでます。

気象観測機器もあります。


ということで海王丸はおしまい。
この後は、万葉線に戻って、海王丸駅から高岡駅に、また志の輔の停車案内を聞きながら戻ったのでした。

ちなみに、万葉線の沿線風景はこんな感じ。


ということで、高岡駅から先の続きはまた次回に。