月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

田村ゆかりコンサート@福岡サンパレス

5月の末日の話ですが、田村ゆかりさんの福岡でのコンサートに行ってきたのでした。
f:id:Lunacat:20150531171832j:plain:w480


4月から回っているこのツアーも、残るは新潟と代々木2daysだけ、しかも新潟は(その日のうちに帰れないので)不参加、代々木はアリーナなので趣向を変えてくるのではないか、と考えると、この福岡公演が今までのツアーの私にとっての最終日になるわけです。そんなわけで少しでも長く余韻に浸っていたいと思ってずっと感想を書かずにいること3週間*1……、流石に中身を忘れてきました(莫迦)。
そんなわけで、コンサートの実況をしてくださってるブログを横目で見ながら、思い出しつつ書くわけで(大莫迦)。
f:id:Lunacat:20150531171853j:plain:w210 f:id:Lunacat:20150531171911j:plain:w210


ちなみに今回の席は、2階の左端で少し前の方に張り出したところで、何と一人がけの席。もしかして、ぼっち席なことをネタにいじってもらえるかと思ったら、それは無かったです。期待しすぎちゃダメですね。


で、コンサートの方ですが、今日の姫は地元だからなのに、なのか、地元だからなのか、いつも以上にふわふわしていたのがちょっと見て取れました。3曲目では何番を歌ってるのか判らなくなった感じの様子もありましたし。まぁ、急に暑くなりましたからねぇ。

そんなわけで、最初のトークでは「あっちゅいねー、ねぇ、あれやってみて」ということで会場全員でタオルを振り回すとか。いや確かに、これって風が流れてクールダウンに持って来いなんですよね。

それでも暑さが収まらない姫、「前髪ぱかってやりたい!」と。もちろん舞台上で前髪をぱかっと開けて額を拭くはずもなく。なお、どうしても見たい方は、「らんたなのメーキング、割と全編、前髪パカッ」だそうですので、それを期待しましょう(?)。

後はここでは弟の子供に会ったら「世界一かわいいよ」って周りに言わされていたという話から

皆のことも信じてないから。謎の地下アイドルが許可も取らずにfancy baby dollを歌ってるときにも言ってるんでしょ?


我ながら心が狭いと思いますけど。病んでると思いますけど。
ゆかり、ヤンデレの役、超上手いの、判るから。
もうみんなが「世界一可愛いよ」と言っても信じない。でも言ってほしいなぁ。



今、めんどくさい熟女だなと思ってる人いたでしょ?

と言う展開。ここの流れ、超好きだわ。我ながら何時の間にか躁も鬱もある姫のどのモードも好きになってますね。たぶん、自分に近いものを感じてるのだと思うのですが。


その後、終盤のトークでは、前回の福岡公演の際に「ぶらぶら、すいとー」と言う話をしたところ、「博多ぶらぶら」の製造元からツアーに合わせて新商品が送られてきたとか。まぁ、過去に2度も在庫を払拭させてますからね……。


そしてアンコールも終わって、客席に手も振り終わっての最後のあいさつ。

今日は本当にありがとうございました。
今日は本当に楽しくて。ネガティブなゆかりんもそんなに出なくて。スタッフからも「笑顔ですね」って言われて


地元やけんね。また来られたらいいね。みんなも(福岡に)帰ってくるのってどう?みんなで返ってこられたら……あー……

久しぶりに、楽しくて帰りたくない時のゆかりんが。そういえば今日は、いつも以上にてれてれして、いつも以上に楽しそうで、いつも以上に引き延ばしてましたっけ?

そして、自然とわき上がる「もう一回!」のコール。姫が帰りたくないんだもん、帰らなくていいようにするのが「ゆかり王国オーディエンス」の務めだもん。

そして、「アンコール?えー、ミラクル!」
と言いながらのダブルアンコールでした。にしてもダブルアンコール、ものすごい曲が来ましたなぁ。


と言うことでコンサートはおしまい。終わってみればこの日も4時間コースだったのでした。
当たり前なんですが、楽しいコンサートとは、舞台上の演者が楽しんでるコンサートのことなんだなぁと。今日のゆかりさんは本当に楽しそうで、見ているほうも楽しくなるとは、将にこのことでしたね。

更には、演奏している方々も楽しそうで、特に増崎さんは、何時もゆかりさんのほうを見て笑顔で演奏している姿が本当に頼もしくて、いい笑顔だったのが印象的でしたよ。

*1:これを書いているのは、実は6月23日なのです