読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

谷山浩子ソロライブツアー@岡山さん太ホール

谷山浩子ソロライブツアー、昨日の神戸に続いて今日は岡山です。岡山での会場は「さん太ホール」。山陽新聞社の本社にあるホールです。
f:id:Lunacat:20151129163804j:plain:w280
正直、なんで「さん太」なのかはよく判りません。「さん」は山陽新聞の「さん」なんでしょうが、「太」はどこから出てきたんだろう?


とりあえず、まずはセットリストです。

01.ねこの森には帰れない
(横溝正史にちなんで1「悪魔の手鞠歌」)
02.悪魔の絵本の歌
03.空からマリカが
(横溝正史にちなんで2「犬神家の一族」)
04.犬を捨てに行く
05.神様
(リクエストコーナー)
06.窓
07.赤い靴
08.悲しみの時計少女
09.真夜中の太陽
10.河のほとりに
(第2部の最初は最新の提供曲)
11.Puzzle
(みんなの歌から。一番古いのと一番新しいのを)
12.恋するニワトリ
13.ピヨの恩返し
(80年代、90年代、00年代から1曲ずつ)
14.てんぷら☆さんらいず
15.海の時間
16.さよならDINO
(お別れの曲)
17.moon song
(アンコール)
18.カントリーガール
(W.アンコール)
19.時の少女

なんか昨日と同じ曲が多いなと思いましたが、昨日とかぶってるのは5曲だけでしたね。うち2曲はソロコンサートでは基本的にどの会場でも演奏している曲ですし。そもそも神戸と岡山を続けて来るような人はそんなに多くないのですし、コンサートに行く回数が増えるとかぶる曲が増えるのは自明なのですから、その人たちのことは気にしてはいけないのです。


と言うことで、岡山でのコンサートは6年ぶりだそうですが、そんな久しぶりの所だからなのか代表曲を集めた選曲になっています。
そして秀逸なのが横溝正史シリーズ。作品にちなんだ(ちなんだといっても頭文字が、というレベル)曲を選んで演奏するのですが、これって上手くやればいくらでも続きが出来そうな……。
(「ヤマハ発動機社歌」「月見て跳ねる」「ハサミトギを追いかけて」「悲しみの時計少女」で八ツ墓村とか……)
今後のシリーズ拡大に期待しましょう(?)

あと、リクエストできた「河のほとりに」、これは本当はアンコールで歌うつもりだったのですが、まさか「アンコールで歌うからドボン」とは言えずにリクエストで歌ったものでした。このアンコールの曲がリクエストで来た、というパターンは初めての気がします。
ちなみに「河のほとりに」は岡山の高梁川を見て出来た曲なんだとか。知らなかったですわ~。

(やみくもに高梁川の写真を貼ってみる)


ということで、谷山浩子さんの秋のソロライブツアーも、残るは(正確にはツアーにカウントしない)12月19日の江東と26日の大阪だけになりました。濃い客も多い東京と大阪なので、どんな捻りが出てくるのか、今から楽しみです。