月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

こどもとファッション@東京都庭園美術館

8月7日、日曜のことですが、横浜でピカチュウを見た後に、目黒の東京都庭園美術館に「こどもとファッション」展を見に来ました。
f:id:Lunacat:20160807164340j:plain:w300 f:id:Lunacat:20160807164734j:plain:w300


この展覧会、神戸ファッション美術館島根県立石見美術館を巡回して東京都庭園美術館が最後だったのですが、実は巡回に気が付かずに既に神戸ファッション美術館で見ていたのでした。ですが、やっぱりこの展示は庭園美術館で見る方が雰囲気がいいだろうなと。実際、予想したとおりでした。

展示の方は、本館1階でヨーロッパの子供服を1800年くらいから年代ごとに、2階では日本の子供服を明治以降戦前までを年代ごとにと言う構成。いやとにかく、洋館とおよーふくはとてもマッチして、神戸ファッション美術館で見た時よりも何倍も可愛く見えますな。
といいつつ展示構成で残念だったのが新館の使い方で、こちらもヨーロッパの子供服を年代ごと、日本の子供服を年代ごとだったので、なんか本館の再放送を見ているような……。新館を作っては見たものの、なかなか新館の使い方が見いだせてないように思えます。


ところで本館の最初の展示で昔のヨーロッパでは「3歳までは男の子もスカート」という記載には、激しく萌え上がりましたね。いやマジで。なんて羨ましい(をぃ)。
どうせなら、3歳過ぎてもスカートで良いのに(つきねこさん、おちつけ)