読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

年末の北海道へ鉄道旅行(2日目-2:小樽→札幌)

旅行 鉄道

年末の北海道旅行記、前回に続きまして2日目の後半、小樽での出来事からスタートです。

(前回の駄文)
lunacat.yugiri.org


小樽駅を降りて、さてどうしようかと思うのですが、とりあえず駅前の大通りが下り坂なので坂を下りてみましょうか。
f:id:Lunacat:20161230134703j:plain:w600

手宮線の跡を発見。
f:id:Lunacat:20161230141829j:plain:w450
f:id:Lunacat:20161230141855j:plain:w450


坂を降り切ると、そこは小樽運河でした。って、まるで普通の観光客のようなところに来てしまったです。
f:id:Lunacat:20161230142413j:plain:w600

つららが凄いなーと望遠で撮影してみると、ん?、「小樽倉庫No.1」?ということは……
f:id:Lunacat:20161230142452j:plain:w600

小樽地ビールって、ここでしたか。
f:id:Lunacat:20161230151040j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230143433j:plain:w600

実は小樽の倉庫は、中は木造なんですよね。
f:id:Lunacat:20161230150059j:plain:w600
というのを知ったのは、ブラタモリの小樽回でのことです。

店内は案内なしに空いてるお席にお座りくださいという珍しいやり方でした。
とはいえ、禁煙席を探せなくて、店員を呼ばないと行けなかったので、最初から案内してほしかったかなぁと。

それは横に置いて、とりあえずの見ましょう。まずはピルスナー
f:id:Lunacat:20161230143646j:plain:w450

つまみにタコさんのマリネを。
f:id:Lunacat:20161230143919j:plain:w600

そして、ヴァイス。
f:id:Lunacat:20161230145426j:plain:w450

小樽地ビールは老舗中の老舗なこともあるのか、味も老舗というか、初期の地ビール屋さんの味でしたね。
自分の好みとしては、もう少しフルーティでも良いのですが。


さて、もう少し小樽の街の中を歩いてみましょう。
まずは、昔の銀行街。
f:id:Lunacat:20161230151620j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230151708j:plain:w600

北一ガラスのある通りに入ると、片側が崖ですね。
f:id:Lunacat:20161230152013j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230152247j:plain:w600
小樽が坂道のある町なのは以前から気づいてましたが、崖もあるのに気づいたのはブラタモリさんのおかげです。
にしても、見事な海食崖ですな。

ちょっと北一の倉庫にも入ってみましょう。
f:id:Lunacat:20161230152937j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230153021j:plain:w450

雪だるまさんかわゆい。
f:id:Lunacat:20161230153219j:plain:w450

倉庫の中にはレールが!ってのも、ブラタモリでやってましたね。
f:id:Lunacat:20161230153056j:plain:w450


ここまで来てしまうと、小樽駅よりも南小樽駅の方が近いですね。
って、南小樽までの道は上り坂なんですか(坂の町ですから)。

坂道を登り切って、
f:id:Lunacat:20161230154325j:plain:w600

少し行くと、南小樽駅に着きました。
f:id:Lunacat:20161230154504j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230154949j:plain:w600

ホームも風情がありますな。
f:id:Lunacat:20161230155354j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230155640j:plain:w600

札幌側の方に目をやると、レールが変な風に曲がってました。
f:id:Lunacat:20161230155620j:plain:w450
多分、変に曲がらずに直進すると、手宮線の線路に繋がってたんじゃないでしょうか。


と、これで小樽を終えて札幌に戻ってきたのですが、時間は未だ17時前という。
それではと、せっかくなのでベタなところに行ってみようと思います。

ほら、テレビ塔なんて普通の観光客っぽい場所でしょ?(汗)
f:id:Lunacat:20161230170601j:plain:w450

ちゃんと登りましたよテレビ塔。
f:id:Lunacat:20161230171929j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230172034j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230172100j:plain:w600
f:id:Lunacat:20161230172312j:plain:w600

まぁ正直、テレビ塔よりも札幌駅のステラタワーの方が、狭苦しくなくて好みでしたな。

と、これで2日目の夜はおしまいです。いよいよ翌日3日目は最終日、一気に道東まで押しかけるのですが、その話はまた次回に。