月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

2017/04/04 上越新幹線の車両更新に思いを寄せる

4月4日の火曜日です。

この日のニュースとしては、上越新幹線で車両の更新を行うという話題がありました。

上越新幹線への新車投入について | 2017/04/04 JR東日本

http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170402.pdf

現在走っている2階建てのE4系を、北陸新幹線でも位置ているE7系に順次置き換えていくという内容です。

■置き換えが決まったE4系

■今後導入されるE7系


E4系はMAXという愛称のついた2階建て新幹線の2代目です。MAXは公式には「Multi Amenity eXpress」の略となってますが、個人的には「座席がMAX」の略だろうと思ってしまう輸送力重視の車両です。自由席は6人掛けでリプライニングは動かないなど、高崎~東京の通勤需要を第一に考えた設計が特徴です。

これを2階建てではないE7系に置き換えるので座席定員は減少するのですが、昨今の都心回帰で遠距離通勤需要が減って、2階建てでは供給過剰になってきたのかとも思うのですが、どうなんでしょう?
それ以前に、2階建て車両は車販の人が大変そう(車販のワゴンを昇降機を使って上下させないといけない)だったり、指定席はグリーン車の下の階なので防音壁で外が見えないとか負のイメージが強いので、E7系になるのは自分としてはうれしいです。


さてこれで、上越新幹線から重たくて速度の出しにくい2階建て車両がいなくなるので、次の焦点は最高速度が上がるかどうか、でしょうか。
とはいえE7系の最高速度は時速260km。時速240kmからスピードアップしたとしても、4分ほどしか早くならないのですが……。