月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

大阪市立東洋陶磁美術館を撮る

この前の日曜、関西に行った際に大阪市立東洋陶磁美術館に行ってきました。
f:id:Lunacat:20180729140508j:plain

この日は特別展はなくコレクション展示だけだったのですが、その代わりに館内は撮影可能でした(借り物や預かってるものを展示してないからでしょうね)。
以下に簡単に、撮影したものを紹介しておきます。

朝鮮のお酒の容器。描かれている鳥と魚がなんか緩い。
f:id:Lunacat:20180729141557j:plain

ルーシー・リーの。やはりシンプル。
f:id:Lunacat:20180729141746j:plain

透かしの入った大型の白磁。大きな透かし、掘って入れるんですかね。
f:id:Lunacat:20180729142005j:plain

描かれている絵の雰囲気が良いですな
f:id:Lunacat:20180729142120j:plain

唐の時代によくある、焼き物の女官。色の落ち具合も時代を感じる味ですね。
f:id:Lunacat:20180729143119j:plain

国宝だって撮影できちゃいます、ということで飛青磁。
f:id:Lunacat:20180729143215j:plain

油滴天目、さん、だぁ。
f:id:Lunacat:20180729143309j:plain
f:id:Lunacat:20180729143317j:plain

12世紀の中国(金)で作られたもの。見事な緑。
f:id:Lunacat:20180729143359j:plain

木葉天目。木の葉っぱがそのまま入ってるって発想が楽しい。
f:id:Lunacat:20180729143503j:plain

鼻煙壺のコレクションから。小さいものに細かく装飾しないと気が済まないのが日本なのでしょうか。
f:id:Lunacat:20180729143752j:plain


実のところ焼き物は得意分野ではないのですが、こうやって写真を撮ろうとすると、いくつかお気に入りが見つかって、趣味の幅が広がりますね。

深堀隆介展 平成しんちう屋@平塚市美術館

7月7日のことですが、平塚市美術館に深堀隆介展を見に行きました。
f:id:Lunacat:20180707160309j:plain


深堀隆介さんというと、以前池袋西武でやっていた展覧会を見ようとしたものの、混雑が激しくて(確か50分待ちとか言われた)あきらめたことがあります。


なので、ちゃんと見るのは今回が初めてです。


この方の特徴は、アクリルの上に金魚を描いて、更にその上にアクリルを流し込んで、まるで描いた金魚が水中で泳いでいるかのように見せてしまう技法です。有名なのは、升に金魚が泳いでいるように描く「金魚酒」で、大量に(それこそ飽きるくらい)展示されていました。もちろん数が沢山あるかといっても、泳いでいる様子は千差万別で見飽きないですね。というか、これは一つ欲しいなぁ。

展覧会の最後には、江戸時代の金魚やを再現した「平成しんちう屋」というのをやってました。このコーナーは写真の撮影が可能で。
f:id:Lunacat:20180707154212j:plain
f:id:Lunacat:20180707154434j:plain
f:id:Lunacat:20180707154413j:plain
f:id:Lunacat:20180707154608j:plain

改めて写真で見ても、水の揺らめきまで表現していて、すごいなぁと。にしても、夏らしく涼しげですなぁ(と、冷房を入れているので室温が29℃から落ちない家の部屋で思うわけで)


そんなわけで、夏らしい涼しげな展覧会でした。金魚さん、良いわ。


おまけ:7月7日は七夕でしたので……
f:id:Lunacat:20180707145904j:plain
f:id:Lunacat:20180707145534j:plain
平塚の七夕って、見るのは初めてでしたわ。

Surface Laptopを買ってみました

先週木曜のことですが、そろそろパソコンを買い替えようと思ってSurface Laptopを買いました。
購入したのはCore i5のSSDが256GBという、たぶん一番売れ筋のタイプになります。

この週末に使ってみて、普段使いのパソコンになりそうに思えてきたので、簡単に紹介しますね。

そもそもの買い替えの動機

元々我が家では持ち歩けるパソコンとしてMacBook(Core M-5Y71, 8GB, 512GB)があって、Windowsを使いたい時はVaio Pro 11(Core i7-4500U、4GB、256GB)かSurface Pro4(Core i5-6300U、8GB、256GB)を使用するという構成になっていました。
ところがこの3機種がどれも一長一短でして。

MacBookの長所、短所

  • 長所……画面が16:10と縦に広い、そこそこ軽い(920g)
  • 長所……ここ何年もメインがMacなので、ツール類がMacの方が使いやすい
  • 短所……スペースバーを押すと2度押したように感知されるため、かな漢字変換がストレス*1

Vaio Pro 11の長所、短所

  • 長所……とにかく軽い(タッチパネル付きで870g)
  • 短所……画面が16:9なので、縦方向が狭い
  • 短所……2013年6月に購入したものでWindows10対応が不十分なうえに、メーカーサポートも期待できない(SONY時代のVaioなので)

Surface Pro 4の長所、短所

  • 長所……画面が3:2(=16:10.7)と縦に広い。3:2なので写真を全画面表示したときに使いやすい。
  • 短所……実は重い(本体786g+タイプカバ310g=1096g≒1.1kg)
  • 短所……キックスタンドが実は場所を取る(新幹線の机に載せると、キーボードが手前にはみ出す)のと、電車の中や寝ながらの大勢では使いににくい

そんな中でMacBookを修理に出すことになったので(ええ、キーボードの無償交換対応ですよ)、その間の代替機も兼ねてWindows機を刷新しようと思ったのでした。

Surface Laptop購入に至るまで

購入することにしたWindows機として、求めるスペックとしては

  • 画面は16:9ではなく、16:10や3:2など縦に広いもの
  • 重さは1kg程度まで
  • キックスタンドではなく、オーソドックスなクラムシェル型

の3点としました。

ところが、「16:9でなく」という条件が以上に厳しくて、これだけで生き残るのが3機種しかない。

  • let's note XZ or SV
  • Huawei MateBook X
  • Surface Laptop

このうちLet's noteはどうしても高くつく(30万円弱くらいになってしまう)、 MateBookは1年前の製品で流通在庫しかない、Surface Laptopは1.25kgと重い……と、決め手に欠けますな。

結果として、重さよりお値段を優先してSurface Laptopにしてしまったのですが、Surface Proで画面の綺麗さや使いやすさを知ってしまったので、なんとなく重さを乗り越えてしまいましたね……。
というか最近、文章を書くにはある程度大きい画面が有るほうが良いのではないかと思うようになりました。会社で巨大なexcel表を扱うことが増えたせいかもしれませんが……。そういう意味で、Surface Laptopの13.5インチ画面は魅力的です。

Surface Laptopの購入とセットアップ

Surface Laptopはヨドバシカメラで購入しました。値段はMicrosoftのオンラインショップと同額ですが、ヨドバシのポイントが付きます。
なお、ヨドバシのポイントは1%しか付きませんので、沢山ポイントがある人はポイントを充当して購入価格を下げるのがお薦めです。

なお、ヨドバシカメラはプレインストールのWindows10(Sモード)からWindows10 Proへの切替方法と、Officeのセットアップ方法が書かれた紙をくれましたので、セットアップも迷わずに済みました。


セットアップは、

  1. 電源を入れて最初のセットアップ
  2. Windows Updateを実行して最新のWindowsに
  3. WindowsをSモードからProに変更
  4. 念のためもう一度Windows Update
  5. Officeのセットアップ
  6. 最低限必要なソフト(Chrome、秀丸、カシミール3D、画像リサイズソフト)のインストール
  7. dropboxから必要なデータをダウンロード

という感じで、流石に1日がかりになりますね……。

Surface Laptopを使ってみて

そしてセットアップの完了したSurface Laptopを実際に持ち出してみました。

うん、机に置いてみると結構大きいですね。とはいえ、キックスタンドがないので画面の後ろに空間が沢山いる、とはならないのが良いです。また、この大きさの割には重くない感じなのも良いかと。

また、使ってない間はスリープモードにしていたのですが、スリープモードでは殆どバッテリーが減りませんね。
更には新幹線で京都までの往復で3時間ほど使いましたが、バッテリーの残量は85%くらいあって。バッテリーの持ちはかなり良さそうです。


なんとなく衝動買いのようなSurface Laptopですが、相当に良い感じで使えますね。しばらくメインマシンとして使っていこうと思います。

*1:この短所については無料修理対象になりましたね

7月に見た展覧会

えっと、月末の定番記事を久しぶりに復活させてみます。

今月見た展覧会は全部で15ありました。

  • 2018/07/01琳派 —俵屋宗達から田中一光へ—(山種美術館)
  • 2018/07/01京王線が地下にもぐった!!(白根記念渋谷区郷土博物館・文学館)
  • 2018/07/06明治150年記念 NIPPON  鉄道の夜明け(鉄道博物館)
  • 2018/07/07御仏のおわす国~国宝 称名寺聖教がつむぐ浄土の物語~(神奈川県立金沢文庫)
  • 2018/07/07金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋(平塚市美術館)
  • 2018/07/07空から見る相模と日本 鳥瞰図の系譜(藤沢市藤澤浮世絵館)
  • 2018/07/08ルーヴル美術館展 肖像芸術—人は人をどう表現してきたか(国立新美術館)
  • 2018/07/14ミケランジェロと理想の身体(国立西洋美術館)
  • 2018/07/16水を描く—広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお—(山種美術館)
  • 2018/07/16ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展(渋谷区立松濤美術館)
  • 2018/07/22縄文—1万年の美の鼓動(東京国立博物館)
  • 2018/07/28琉球 美の宝庫(サントリー美術館)
  • 2018/07/29高田コレクション 古代イランの土器と青銅器—形と装飾(大阪市立東洋陶磁美術館)
  • 2018/07/29修理完成記念特別展 糸のみほとけ—国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏—(奈良国立博物館)
  • 2018/07/29新版画展 美しき日本の風景(美術館「えき」KYOTO)

29日に日曜にえいやっと関西に行かなかったら、東京神奈川埼玉にしか行ってないというね。


この15の展覧会の中で特によかったと思う20%(3件)を選ぶと、この3つでしょうか

  • 2018/07/07空から見る相模と日本 鳥瞰図の系譜(藤沢市藤澤浮世絵館)
    f:id:Lunacat:20180707180154j:plain
  • 2018/07/22縄文—1万年の美の鼓動(東京国立博物館)
    f:id:Lunacat:20180722154712j:plain
  • 2018/07/29修理完成記念特別展 糸のみほとけ—国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏—(奈良国立博物館)
    f:id:Lunacat:20180729161916j:plain

どの展覧会も感想書いてないな……。