月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

今年も、展覧会はじめは東京都写真美術館

毎年1月2日は、今年最初の展覧会を何にしようか悩むのですが、今年は東京都写真美術館に行くことにしました。

今までですと1月2日は東京国立博物館に行くことが多かったのですが、昨今「博物館に初もうで」の企画が広く知られるようになって混雑が激しくなってきてまして。長谷川等伯の松林図なんて国宝室で五重の人垣の間から見るような感じですから。ならばと、それほど混まない美術館に行こうと考えるのは自然な行動です。

なんて真面目そうに言ってますが、本当の理由は「1月2日は無料」の文字だったりします……。


東京都写真美術館でやっていた展覧会は、次の3つでした。

  • 3階:建築 × 写真 ここのみに在る光
  • 2階:小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家 vol.15
  • B1階:マイケル・ケンナ写真展

このうち地下1階だけは有料でしたが、後の二つは無料でした。3階と2階は美術館の展示室ですが、地下1階は貸しギャラリーのような位置付けなので、無料でないのも判らんでもないです。


まずは3階の「建築 × 写真 ここのみに在る光」。これは東京都写真美術館のコレクションの中から、建築物を主題に撮影された作品を紹介するものでした。冒頭に古典的な作品(写真が始まった頃に撮影された建物を写した写真など)が、そしてその後には作家ごとに建物を撮影した連作を紹介していました。
作家ごとのシリーズでは、二川幸夫の古民家を撮影したシリーズや、宮本隆司の九龍城を撮影した連作が良かったですね。どちらも、今は見ることが出来ない(又は難しい)ものを対象にしているから惹かれたのでしょうかね。

2階の「小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家 vol.15」は心引かれる作品がなかったので省略して(ひどい)

B1階の「マイケル・ケンナ写真展」。これだけが有料でしたが、有料の価値のある展覧会でした。
展示されているのはモノクロの風景写真。時の止まったような表現の写真で、冬の厳しさを感じます。こういう写真は好みです。好みすぎて自分でも撮ってみたいと思うのですが、ウィキペディアを見ると長時間露光で撮影しているそうなので、見て楽しむだけにするのが良いみたいですね。流石に雪の降るところで長時間露光する体力も気力もありませんので……。


無料に誘われて見に行った展覧会ですが、2/3が当たりでしたから幸先が良い、と思って良いのではないでしょうか。

終夜運転には気をつけよう

新年、おめでとうございます。

去年の大晦日は南條愛乃さんのカウントダウンコンサートというかFCイベントがありまして、神奈川県民ホールで新年を迎えました。なので今年の最初の作業は、深夜に神奈川県民ホールから家まで帰ること、となったわけです。

コンサートが終わったのが0時40分ごろでして、青春18きっぷを使うためにJRの駅では最寄りの石川町駅に向かいます。

が、石川町駅では30分待ちとのこと。30分も待つのは辛いので隣の駅まで時間つぶしに歩きます。
ということで、今年の初乗りは関内駅からスタートです。

乗った列車はなかなかの混雑で、横浜は年末年始の人出が多いですね(カウントダウンライブや除夜の汽笛など、年越しイベントが多いですからね)。関内で座れたから良いものの、座れなかった場合は新年早々通勤ラッシュを体験するところでした。

そして秋葉原に帰るには京浜東北線から中央・総武線各駅停車に乗り換えるのですが、これが-4分接続で……。
次の各駅停車が来るまでの間に、銚子に初日の出を見に行く特急列車が3本通過して行くのですよ。




そんなわけで、小岩に着いたのは3時12分。コンサートが終わってから2時間半経ってました。日中なら1時間で移動できるところで2倍以上の時間がかかるのですから、終夜運転は心して乗らないといけませんね。


ところで、手元のiPadに入っているデジタルJR時刻表を見たところ終夜運転の時間が収録されていて、石川町駅で30分待ちの間に、桜木町始発が1本あったことが判りました。何のことはない、コンサート終了後に桜木町駅まで歩いていたら、30分早く家に着いていたのでした。


ということで、終夜運転に乗るときは

  • あらかじめ時刻表で、運転時刻を確認しましょう
  • 待ち時間が長いことがあるので、食料等を持ち歩くようにしましょう
  • 混雑が激しい可能性があるので、体力を考慮して利用するようにしましょう

といった注意事項を頭に入れておいた方が良いみたいです、ね。