月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

雪の降る日はドーナツ

1月31日は関東地方南部で雪が降るかもしれないという天気予報で、NHKニュースおはよう日本でも全国ニュースの枠で雪への備えを言い出したりしていました。
正直、東京都心で多くて1cmという雪を全国ニュースにしなくても、とも思うのですが、昨今のNHKは地方局の放送時間を減らし気味だからなぁ。関東地方だけ別番組で他の地方は裏送り、というのがやりにくくなっているのかもしれません。

それはともかくとして、雪が降りそうとなれば気温が下がるわけで、そんなときの楽しみといえば、ドーナツ!。
f:id:Lunacat:20190201195147j:plain
17時50分には、名古屋でドーナツが観測されました。

ドーナツではなくブライトバンドという、レーダー観測の際に雨と雪の境界付近が大雨エリアとして観測されてしまう現象です。レーダーは地上から上空に向かって斜めに観測されているため、上空は雪だが地上は雨という時に雨と雪の境界がレーダー観測機器から同心円状に観測されてしまう、というものです。
とにもかくにも、このドーナツが現れるということは地上はそれほど寒くなくても上空は氷点下ということ。雪やみぞれが期待できます。

18時20分になると、名古屋と千葉で、はっきりくっきり美味しそう。
f:id:Lunacat:20190201200101j:plain


柏のあたりに小さなドーナツ。
f:id:Lunacat:20190201200315j:plain
このようにドーナツが小さくなったときは、雨と雪の境が地表に近いという意味なので、冷え込みはかなり厳しいということになります。


それにしても、ドーナツを見てキャッキャウフフするようになると、冬だなって感じますね……(ソレハオマエダケダ)


ちなみに実際の雪のほうは……
f:id:Lunacat:20190131221743j:plain
写真で見ると強そうな降りに見えますが、結局積もることは(東京23区東部と北西部では)なかったのですが。

1月に見た展覧会

月末ですので、1月に見た展覧会をまとめておきます。
今月は23箇所ということで、まぁ平均的かと。


※以前やっていた個人的評価を復活させました。上位20%(4件)が◎、下位20%(4件)が無印です。

  • ○2019/01/02建築×写真(東京都写真美術館)
  • 2019/01/02小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15 (東京都写真美術館)
  • ○2019/01/02マイケル・ケンナ写真展(東京都写真美術館)
  • ◎2019/01/05めがねと旅する美術展(静岡県立美術館)
  • ○2019/01/12開館40周年記念 産業の世紀の幕開け ウィーン万国博覧会(たばこと塩の博物館)
  • ○2019/01/12新宿御苑 皇室庭園の時代(新宿歴史博物館)
  • ◎2019/01/12大♡地図展—古地図と浮世絵(東洋文庫ミュージアム)
  • ○2019/01/13列島の祈り—祈年祭・新嘗祭・大嘗祭—(國學院大學博物館)
  • ○2019/01/13皇室ゆかりの美術 —宮殿を彩った日本画家—(山種美術館)
  • ○2019/01/13終わりのむこうへ : 廃墟の美術史(渋谷区立松濤美術館)
  • ○2019/01/19不忍池 水面にうつる江戸から東京(下町風俗資料館)
  • ○2019/01/19絵画のゆくえ2019 FACE受賞作家展(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)
  • ◎2019/01/19新・北斎展(森アーツセンターギャラリー)
  • ○2019/01/19カタストロフと美術のちから展(森美術館)
  • ○2019/01/20染付(出光美術館)
  • 2019/01/20吉村芳生 超絶技巧を超えて(東京ステーションギャラリー)
  • ○2019/01/20浮世絵最強列伝(日本橋高島屋)
  • 2019/01/26博士の愛した中国陶磁(横浜ユーラシア文化館)
  • ○2019/01/26明治の戦争と横浜 —伝わる情報、支える地域—(横浜開港資料館)
  • ○2019/01/26時計×航海 —経度ヲ発見セヨ—(日本郵船歴史博物館)
  • 2019/01/26イサム・ノグチと長谷川三郎(横浜美術館)
  • ○2019/01/27春を寿ぐ(江戸東京博物館)
  • ◎2019/01/27酒呑童子絵巻(根津美術館)


◎にした4件の感想は、こんな感じです。

めがねと旅する美術展(静岡県立美術館)
視覚を拡張するものとしての美術をテーマにした展覧会。トリメガ研究所らしく江戸絵画から現代アートまで縦横無尽の展示が目を引きました。
lunacat.yugiri.org
大♡地図展—古地図と浮世絵(東洋文庫ミュージアム)
f:id:Lunacat:20190119163347j:plain
東洋文庫で行う地図の展覧会は、これが2度目だと思います。前半は世界地図に登場した日本、後半は江戸時代の日本各地を描いた地図を展示してましたが、特に後半は地図のふり幅が見ていて楽しいですね。
新・北斎展(森アーツセンターギャラリー)
f:id:Lunacat:20190130203753j:plain
北斎の展覧会は数多くありますが、この展覧会はデビューの時から最晩年まで、きっちりと時代順に大量の作品を並べていることが特徴です。北斎って、富嶽三十六景などのシリーズで見ることが多く、時代順に見ることがそういえば余り無かったような。そういう意味で貴重な展覧会です。
2019/01/27酒呑童子絵巻(根津美術館)

展示室1と2で、酒呑童子の絵巻が3点だけという、展示スペースをぜいたくに使った展覧会です。酒呑童子が酒呑童子になるまでの物語という外伝もあって、見ていて楽しいです。大酒飲みが命を落とす物語の主人公(八岐大蛇と酒呑童子)が親戚同士だったなんて、知りませんでしたよ。