月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

小田原城に登ってきた

ここ数年、NHKで千田嘉博先生のお城解説の番組をよくやているせいか、お城に興味が出てきているのですが、そんな折、手元にこのきっぷがあったので城跡を求めて出かけたのでした。
f:id:Lunacat:20220313153359j:plain
というか青春18きっぷ、冬と春は夏よりも有効期間が10日短いですし、今回3/11から有効だと勘違いしていて実質的に有効期間が1ヶ月しか無いのですが。本当に使い切れるのかね、これ……。

ということで、18きっぷで行くのにちょうど良い距離*1にある小田原にやってきました。

小田原城は小田原駅を出て右を見ればすぐに見えるのですが、駅前のビルには左に行けという横断幕が。
f:id:Lunacat:20220313154216j:plain
折角なので正面から入ってみたかったので、横断幕に従ってみます。というか、見えているのに逆方向に向かわないといけないあたり、お城らしい感じが出てますな。

駅から10分くらい進むと、広い堀が見えてきました。なんか結構ちゃんとした城跡みたいです。
f:id:Lunacat:20220313154550j:plain

隅櫓と、その奥に見える天守閣。いよいよちゃんとした城跡らしく見えます。
f:id:Lunacat:20220313154144j:plain

正面の門を入りまして。門の奥に塀があって狭間があるの、この門を突破しても鉄砲が飛んできて討死できる構造ですね。
f:id:Lunacat:20220313154138j:plain
f:id:Lunacat:20220313154148j:plain
しかも門の内側は枡形になっていて、四方八方から攻撃できるようにしているのですな……、と、千田先生の言いそうなことを想像しながら歩くのが面白いですね。

この正面の門と枡形を突破すると、次にはまた堀と門があります。ということはこの区画は馬出になっているってことですか。
f:id:Lunacat:20220313154210j:plain
しかも橋を渡った先は再度枡形になってる様子で。

工事中ですが、立派な門がある様ですよ。
f:id:Lunacat:20220313154126j:plain

その工事中の門の内側。柱も太いですし、本格的に復元をしているようです。
f:id:Lunacat:20220313154154j:plain

こちらは本丸に入るための門。坂を登らないと行けないし、すごく頑丈そうだし、突破する前に討死間違いなしですな。
f:id:Lunacat:20220313154129j:plain

ということで、討死せずに門を突破して、本丸にやってきました。
f:id:Lunacat:20220313154151j:plain
この本丸前の広場、昔は象がいたのですよね。

春っぽい構図で撮影できるところを見つけました。
f:id:Lunacat:20220313154132j:plain
正直、あのおじさん、隅の方で何やってるんだろ?と思われそうな感じで撮影しないと、この構図にはなりません……

いよいよ天守閣に登ります。って、ずいぶん高いな。
f:id:Lunacat:20220313154142j:plain
古地図で見ると、天守閣は本丸を囲む塀の中に隅櫓的に建てられていたようです。塀の一部なので、入り口までの間に高低差があるのかも。

天守閣の中は戦後の再建天守閣にはよくある話で歴史資料が展示されています。展示で小田原北条氏だけでなく江戸時代の大久保稲葉大久保氏にもスペースを割いているのはポイントが高いです。

天守閣の最上階が展望スペースなのもお約束通りです。以下順に、北西南東の景色。
f:id:Lunacat:20220313154206j:plain
f:id:Lunacat:20220313154201j:plain
f:id:Lunacat:20220313154213j:plain
f:id:Lunacat:20220313154204j:plain
西の真鶴半島のほうの景色は、霞ががってない時にもう一度見たいです。
あと東側、こういう写真でも列車を入れようとしてしまうのは、もう何の性なんだか……。

*1:東京から70〜80Kmで、単純往復だけで元が取れる距離

2月に読んだ本

2月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:1674




日常の絶景: 知ってる街の、知らない見方日常の絶景: 知ってる街の、知らない見方感想
ドボク萌えと言えばの八馬先生の出した写真集(?)。前半は街角図鑑的な街の中にある無機質な小物に有機を感じ、後半はドボクの造形に圧倒されます。自分はドボクの造形に圧倒された後に工法などを知ってさらに圧倒されるのが好きなので、もう少し蘊蓄も入れて欲しかったかなと。八馬さんならそこまで話を膨らますこともできるはずですし。
読了日:02月08日 著者:八馬 智



日本の島 2号 [分冊百科]日本の島 2号 [分冊百科]
読了日:02月11日 著者:



鉄道ピクトリアル 2021年 02 月号 [雑誌]鉄道ピクトリアル 2021年 02 月号 [雑誌]
読了日:02月16日 著者:



中世を道から読む (講談社現代新書)中世を道から読む (講談社現代新書)感想
中世の道路交通について、その困難さを文献から迫ってます。中世は地図が無い、あちらこちらでドンパチやってる、川は氾濫する、雪が降れば通れないし溶ければ川が暴れると、今みたいに気楽に出かけられる状況では無かったようで。特に川は、今はダムで水量を減らしているので渡れそうに見える川も当時は雨が降れば大暴れだったのだから、川幅が広すぎたりするとわたることが難しかったのですね。話は中世から飛びますが、江戸時代に川に橋を架けなかったのも、暴れ川に橋を架けるのが大変だったのものあるかも。
読了日:02月17日 著者:齋藤 慎一



日本の島 3号 [分冊百科]日本の島 3号 [分冊百科]
読了日:02月18日 著者:



鉄道ファン 2021年 02 月号 [雑誌]鉄道ファン 2021年 02 月号 [雑誌]
読了日:02月20日 著者:



鉄道ジャーナル 2021年 02 月号 [雑誌]鉄道ジャーナル 2021年 02 月号 [雑誌]
読了日:02月24日 著者:



JRガゼット_2022年2月号JRガゼット_2022年2月号
読了日:02月25日 著者:JRガゼット編集部



ナショナル ジオグラフィック日本版 2022年2月号[雑誌]ナショナル ジオグラフィック日本版 2022年2月号[雑誌]
読了日:02月26日 著者:



江戸―平安時代から家康の建設へ (中公新書 2675)江戸―平安時代から家康の建設へ (中公新書 2675)感想
あれ?この本、先日読んだ「中世を道から読む」と同じ作者か。道理で同じようなことを書いている箇所があったわけだ。それはともかくとして、この本では江戸というか江戸城の江戸時代以前の歴史を見ていくものです。江戸城って、今の本丸と東近美あたりにしかなかったのかとか、その江戸城と吹上を通過する街道があったとか、江戸城本丸の中に元々は複数の曲輪があったとか、今となっては江戸時代の土地改良ですっかり痕跡も無くなった話が続きます。今となっては全くその当時を想像できないのです。
読了日:02月26日 著者:齋藤 慎一



日本の島 4号 [分冊百科]日本の島 4号 [分冊百科]
読了日:02月27日 著者:



現代ロシアの軍事戦略 (ちくま新書)現代ロシアの軍事戦略 (ちくま新書)感想
twitterでおなじみイズムィコ同士の本だからと数か月前に買ったのですが、読み始めた途端にプーチンが書いてある通りのことを始めるという、唖然とすることが起きました。ロシアは他国より弱くなったことを前提にハイブリッドな戦い方を身に着けたようですが、同じような準備を日本はしているのか、気になるところです(準備をしても、先に攻撃を開始してはいかん)
読了日:02月28日 著者:小泉 悠


読書メーター

東京国立博物館「イスラーム王朝とムスリムの世界」

2月11日のことですが、前日降った雪を撮影した後に、東京国立博物館にやってきました。
f:id:Lunacat:20220319162446j:plain
(雪の翌日なので、東博の芝生にも雪がありますな)

で、この日は珍しく本館ではなく東洋館に用がありまして。この展覧会を見にきたのでした。
f:id:Lunacat:20220319162505j:plain
「イスラーム王朝とムスリムの世界」という企画展(だけど総合文化展の料金で入れる)で、マレーシアの博物館にあるイスラム関係の文化財を展示しています。
この展覧会、去年の10月ごろから開催されていて半年近くの長い会期があるので後回しにしていたのですが、2月で長かった会期も終わるので慌ててやってきたと言う次第です*1。基本、〆切さんが近くまでやってくるまで動こうとしない月猫さんです。


展示はイスラムの王朝ごとに美術品を紹介していく形式でしたが、来ている範囲ではそれほど違いは大きくなく……。
なので以下は王朝にこだわらずに作品の種類別に写真を載せていこうかと。

ということで、まずはお皿のたぐい。
f:id:Lunacat:20220319162343j:plain
f:id:Lunacat:20220319162511j:plain
色の鮮やかさが際立ちます。あと、描かれている人が割とかわいい。

17世紀のイランの本の挿絵と、同じく17世紀のインドの細密画。
f:id:Lunacat:20220319162457j:plain
f:id:Lunacat:20220319162422j:plain
この手の絵を見ると、ヨーロッパの時祷書と同じようなノリを感じるのですが、お金のかけ方が違うような気がします。

コーランだって装飾に金かけます。というか、ページの中で文字が書いてある部分が20%くらいしかない気がしますが。
f:id:Lunacat:20220319162431j:plain
f:id:Lunacat:20220319162426j:plain

壺やガラスも、青の深さにシンメトリーなデザインと、上品な落ち着きを感じます。
f:id:Lunacat:20220319162413j:plain
f:id:Lunacat:20220319162453j:plain
f:id:Lunacat:20220319162405j:plain

アクセサリー類。貴石を使いすぎでしょ、これ。
f:id:Lunacat:20220319162355j:plain
f:id:Lunacat:20220319162400j:plain
f:id:Lunacat:20220319162449j:plain

そして最後に、イスラムといえばの科学技術。インド洋の航海で財を成したイスラム商人には必須のアイテムだったのでしょうね、これ。
f:id:Lunacat:20220319162417j:plain
f:id:Lunacat:20220319162408j:plain

*1:ちなみにこの駄文を書いているのは実際には3月下旬だという……

雪の中を走る鉄道を撮る(撮れてない)

2月11日のことですが、前日に雪が降ったので朝の早い時間なら積雪と鉄道をからめた写真が撮れるのではないか、と思ってカメラを持って出かけました。
撮影にやってきたのは桜の季節におなじみの江戸城外堀。ここなら土手が線路の南側になるので、日が当たらず雪も解けてないのではないかと思ってやってきたのでした。
いや、それ以前に積もるほど降ってないって話がありますが……

行ってみると、予想通り雪はほとんどなく、結果として雪がちょっとだけ積もっているところをいろいろな方向から撮影するという感じになりました。
この場所は中央線快速電車と中央総武線各駅停車が上下それぞれ4~5分おきに来ますので、2分も待てば次の列車が来ますから、場所を変えて撮影するのも楽に出来ます。

撮影した中らから、割とよく撮れたのを5枚ほど載せておきます。
f:id:Lunacat:20220221145144j:plain
f:id:Lunacat:20220221145132j:plain
f:id:Lunacat:20220221145138j:plain
f:id:Lunacat:20220221145135j:plain
f:id:Lunacat:20220221145141j:plain
割と列車をアップにしているもののほうがよく撮れている感じがしますね。
手前の桜とセットにする春の撮影とはちょっと勝手が違ってましたです。

多摩センター駅のサンリオさん

2月13日、日曜日。この日は午後3時ごろに家を出たのですが、何でもいいから鉄道に乗りたい病の発作が起きたので、多摩センターまで往復することにしました。
いや、往復と言っても行きは小田急、帰りは京王です。

というわけで、小田急の多摩センター駅に到着しました。
f:id:Lunacat:20220221150515j:plain
多摩センターといえばサンリオなので、この駅もサンリオ推しですね。

なんで色をつけずに青と黒の2色にしたんだろう?
まさか登戸にいるネコ型ロボットの呪いですか?(をぃ)
f:id:Lunacat:20220221150511j:plain
f:id:Lunacat:20220221150456j:plain

一方こちらは京王のほうの多摩センター駅。
f:id:Lunacat:20220221150504j:plain

天井にあるステンドグラス、華やかで好きだなー。
f:id:Lunacat:20220221150508j:plain

キャラクターの紹介があるのも好感が持てます。
f:id:Lunacat:20220221150453j:plain
仕事を選ばないキティ先輩は、ここでは名誉駅長なのね。

色々とカラフルなイラストが多くて、見ていて楽しいのは京王のほうですね。
f:id:Lunacat:20220221150500j:plain
f:id:Lunacat:20220221150519j:plain

この2つの駅のサンリオ装飾、先にやったのは京王のほうですが、手入れが良いのか古さをかんじませんね。
一方あとから参戦した小田急のほうは、京王のカラフルに対抗してシンプルなんでしょうが、絵のパターンも少なくていまひとつに思えます。
自分なら、京王の方を選んで乗ってしまうかな……。