月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

代々木駅の古レール

2月11日、今日は金曜日ですが祝日なので、昨日降った雪を撮影しようと朝早くから家を出たのですが、その途中の代々木駅でのこと。

駅の屋根を見るとH型の鉄骨が使われていて、何となく古いレールの再利用のようにみえます。
f:id:Lunacat:20220219170118j:plain

良く見ると、ホームにある鉄骨も、レールのよう。
f:id:Lunacat:20220219170121j:plain

レールで有れば、どこかにレールの製造年や製造会社が書いてないかしらと思って探してみると、有りました有りました。
f:id:Lunacat:20220219170115j:plain
何となく、1905、または1906と書いてあるようですね。代々木駅の開業は1906年なので、開業当時から使われているものかもしれません。
となると、古レールと書いてましたが、時期を考えると新品のレールをそのまま建築部材として使ったのでしょうね。レールなんて加工品でなく普通の鉄骨を使った方が安く感じますが、この頃は輸入が中心で、レールとしての用途分だけだと使用量が少なくて価格が割高になる、とかあったのかもしれません。