月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

12月上旬の関西巡検(その2大阪編)

前回の続きです。


京都市美術館を見た後は、京阪で大阪に向かいます。

で、京橋から大阪環状線に乗って天王寺へ。
そういえば大阪環状線では久しぶりに103系に乗ったのですが、103系のサウンドを聴くと、20年くらい前に吊り掛けサウンドを聴いたときのような郷愁を感じるようになりましたね……。すっかり絶滅までのカウントダウン状態ですわ。


ということで、天王寺では大阪市立美術館へ。

あの、これ、内容としては「大阪市立美術館コレクション名品展」です。
ほかの美術館だったら「ザ・ベスト・オブ・大阪市美コレクション」といった感じのタイトルをつけると思いますが、捻りすぎて一般の人には何の展示か判らなくなるタイトルをつけるあたり、宣伝下手で有名な大阪市美だけあると思うのです……。

そんな大阪市美の大コレクション展、1階の半分と2階の全部を使っての展示です。
ここでの特別展は1階の半分のスペースで行うことが多いですので、この面積は特別展3つ分に相当します……。広すぎますって。

展示も日本美術と中国美術を網羅してさらには古代エストニアまで多岐にわたってまして……量的に疲れるわ。

とりあえず何時もながら、北魏時代の仏像はかわゆいですわ、というのと、江戸時代の絵画のコーナーに良いものが多かったですわ。


天王寺の後は、大阪環状線を半周して梅田へ。阪急百貨店に向かいます。

何時もながら、1階はクリスマスモード全開で。



小さい子が見やすいように、踏み台が置いてあるのが良いですね。

ということで、9階まで上がって阪急うめだギャラリー。ホキ美術館の名品展。

ホキ美術館なら東京から行けるじゃないか、と思われそうですが、あそこは自宅のある小岩からでも1時間10分コースですからね*1

ホキ美術館の絵は、いわゆる写真のような質感とか見るのが楽しいです。特に女の方のおよーふくの質感とか、実に良いです……。


と、これで時間は18時前。この時間に空いている美術館もないので東京に戻りましょう。

東京についたのは21時前。出発から到着まで12時間半という慌ただしさでございました……。


おまけ:

みかんのアイスは #シンカンセンスゴイカタイアイス ではなくて、すぐ食べられました……

*1:小岩~市川=3分、市川での乗換時間=2分、市川~土気=45分、土気でのバス待ち時間=15分、バス乗車時間=5分