月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

10月に見た展覧会

月末の恒例、今月見た展覧会を確認します。
今月見た展覧会は全部で19でした。

  • 2018/10/06図案家たちの足跡(日本郵船歴史博物館)
  • 2018/10/06西湖憧憬(神奈川県立金沢文庫)
  • 2018/10/06小原古邨展(茅ヶ崎市美術館)
  • 2018/10/07江戸から東京へ(日比谷図書文化館)
  • 2018/10/08変化し続ける都市東京(都立中央図書館)
  • 2018/10/08秋の優品展(五島美術館)
  • 2018/10/13京のかたな(京都国立博物館)
  • 2018/10/13華ひらく皇室文化 明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美(京都文化博物館)
  • 2018/10/14ザベストセレクション(名古屋市美術館)
  • 2018/10/14幕末狩野派展(静岡県立美術館)
  • 2018/10/20京都・醍醐寺—真言密教の宇宙—(サントリー美術館)
  • 2018/10/20 カール・ラーション(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)
  • 2018/10/21フェルメール展(上野の森美術館)
  • 2018/10/27鳥瞰図—空から見る大正 昭和の旅—(石神井公園ふるさと文化館)
  • 2018/10/27日本画の挑戦者たち —大観・春草・古径・御舟—(山種美術館)
  • 2018/10/27キリシタン—日本とキリスト教の469年—(國學院大學博物館)
  • 2018/10/27明治維新150年記念 明治日本が見た世界 ~巨大壁画でたどる日本開国史~(聖徳記念絵画館)
  • 2018/10/27没後160年記念 歌川広重(太田記念美術館)
  • 2018/10/27 1968年 激動の時代の芸術(千葉市美術館)

27日に、1日に6箇所を見て回るという暴挙をやった割には数が伸びませんね……。
秋はコンサートが優先なので、どうしてもこうなります。


この中で個人的に良かったと思う20%(4件)を選ぶと、この4つでしょうか。
どれも感想を書いてないので、簡単に振り返っておきます。

  • 2018/10/06小原古邨展(茅ヶ崎市美術館)
    f:id:Lunacat:20181006170129j:plain
    これはちゃんと感想を書きたかったな。版画で動物を細密に表現するのが良くて。危うく全作品を撮影しそうになったので図録を買ってきたという。
  • 2018/10/14ザベストセレクション(名古屋市美術館)
    f:id:Lunacat:20181014102441j:plain
    名古屋市美はメキシコアートっていう他にはない柱があるのが強みですね。と言いつつ、気に入るのはシャガールやキスリングだったり、近代日本画だったりしますが。その辺りに、気にいる作品が多かったです。
  • 2018/10/14幕末狩野派展(静岡県立美術館)
    f:id:Lunacat:20181014144628j:plain
    幕末といっても1800年以降の60年位を対象にした、狩野派の作品を集めた展覧会。60年分なので結構広い範囲の画が並びます。狩野派と言えども日々努力を怠っていたわけではなくて、新しい色や新しい描き方を取り入れていたのが見えました。そりゃ増上寺の五百羅漢図も生まれるわけです。
  • 2018/10/21フェルメール展(上野の森美術館)
    f:id:Lunacat:20181021174737j:plain
    フェルメールで上野の森はキャパオーバーでは?とか、時間指定は機能するのか?など、開始前はいろいろと不安だらけだったフェルメール展ですが、今の所、時間指定制も機能して順調なようです。会場の構成は2階がフェルメール以外、1階がフェルメールという構成でしたが、意外と2階が見所満載でしたね。およーふくの質感フェチなので、衣服や動物の毛皮の質感の判る画が多かったのがお得でした。あと細かく書き込まれた絵も多くて、まさに美は細部に宿る、ですよ。

土曜日に見た展覧会

10月27日に見た展覧会について、まとめて感想を書いておきます。

鳥瞰図—空から見る大正 昭和の旅—@石神井公園 ふるさと文化館

西武池袋線の石神井公園駅から徒歩15分ほど、石神井池のほとりに「石神井公園ふるさと文化館」はあります。こんな名前ですけど実態は練馬区立歴史博物館。常設展示にも力が入ってます。
www.neribun.or.jp

ここで展示されていたのは鳥瞰図、というか、戦前の吉田初三郎的絵地図の世界です。
f:id:Lunacat:20181027110105j:plain
これ、とりあえず吉田初三郎好きな方は行っておいて損はないかと。全部で90点ほどの展示作品のうち、吉田初三郎やその周辺の描いた絵地図が80枚くらい有りまして。単眼鏡を忘れたのが失敗でしたわ。
練馬区の施設だからと言って練馬区に限ることなく全国の地図が出ていたので*1、ブラタモリでの説明を思い出しながら見るのが楽しいかと。

日本画の挑戦者たち—大観・春草・古径・御舟—@山種美術館

山種美術館の展覧会については、先日駄文に書きましたので、省略します。
lunacat.yugiri.org

キリシタン—日本とキリスト教の469年—@國學院大學博物館

國學院大學博物館、山種美術館から徒歩5分だというのに、今回初めて来ましたわ……。
f:id:Lunacat:20181027133113j:plain
今回のここでの展示はキリシタンについて。キリスト教が入ってきたところから鎖国禁教、明治の再発見まで、網羅的、でしたね。東博でのキリシタン美術特別展示に居なくて不思議に思っていた親指のマリアは、こちらに来てました。

明治日本が見た世界@聖徳記念絵画館

明治神宮外苑の聖徳記念絵画館、外観はよく見かけますが、入ったのは初めてです。
f:id:Lunacat:20181027144448j:plain
今回の展示は、タイトルはついているし立派なパンフレットも合ったので勘違いしてましたが、特別展示というわけではなくて空いてるスペースに置いてある資料が普段と少し違うだけ、だったようです。とはいえ、その資料の中に児島虎次郎に触れていたのは大原美術館ファンとして少し嬉しい。
にしても、展示されている絵は素晴らしいですね。昭和初期という時期に、画家の上位にいた人々の作品を一度に見られるという意味で、良いタイムカプセルだと思いました。

没後160年記念 歌川広重@浮世絵 太田記念美術館

太田記念美術館は歌川広重の展覧会。広重は、混みますね。広重と言えば東海道五十三次等の風景画ですが、それ以外のジャンルも充実していて。広重の戯画なんてめったに見ないので、そっちの方が面白かったです。あと、国貞、国芳との合作なんかもあって、これもめったに見ない作品です。
f:id:Lunacat:20181027163145j:plain

1968年 激動の時代の芸術@千葉市美術館

土曜日は夜間開館だからと、19時前になって千葉市美術館に到着しました。
f:id:Lunacat:20181027184919j:plain
ここでの展覧会は1968年の美術シーンを振り返るもの。なのですが、この頃の暴力的なサイケデリックって、余り得意じゃないのよね。にしてもいつも思うのは、ここから現代へは繋がりが何となく判るのだけど(そもそも体験してるし)、50年代との繋がりが逆に判らないなと……


結局、6箇所の美術館を回って23000歩ほど歩いたのですが、体力が持ちませんね。
体力を考えると、1日3件くらいに抑えたいところではあるのですが……。

*1:解説では、豊島園や石神井公園という練馬区の施設に大目に触れてましたが

日本画の挑戦者たち@山種美術館

山種美術館での所蔵品展「日本画の挑戦者たち」を見てきました。

この展覧会、タイトルだけ見ると日本画全体を網羅する感じに思えますが、実際の展示は日本美術院に関係する画家の作品を追うものになっています(まぁ、副題に「日本美術院創立120年記念」とありますので……)。


山種美術館では日本美術院をテーマにした展覧会を3年おきくらいにやっているようで、この駄文ブログを検索すると、

  • 日本美術院の画家たち―横山大観から平山郁夫まで―(2010/11/13-12/26)
  • 再興院展100年記念 速水御舟 ―日本美術院の精鋭たち―(山種美術館, 2013/08/10~2013/10/14)
  • 生誕130年記念 前田青邨と日本美術院 ―大観・古径・御舟―(2015/06/27~2015/08/23)

とやってます*1。なるほど、山種美術館の展示は3年周期くらいなのか(と、余計なことに気づいてしまった)。

2015年の時の感想はこんな感じ。
lunacat.yugiri.org
うん、我ながら淡白な感想ですな……


気を取り直して、以下、今回の展覧会の感想を書いてみますか。

狩野芳崖「芙蓉白鷺」(01)
第一印象は中世の水墨画のように見えるこの作品。鷺さんの目つきや羽が写実的だったり、葉っぱが斑入りだったり、リアルさも併せ持つ絵になってます。写実は西洋というよりも、円山四条派の影響でしょうかね。
菱田春草「雨後」(07)
朦朧体らしく輪郭線のない作品です。春草の朦朧体は湿気が見る感じがして体感のそれよりも好きですね。これも、朝霧が立ち込める山の中といった風情が見えます。
木村武山「秋色」(12)
金泥や銀泥を使用しているのもあってか、琳派的な秋草の表現にも見えます。リンパスキー(?)としては見逃せない作品。
今村紫紅「早春」(14)
描かれているのは棚田であって、象の歯の化石ではありません……(ちょっと平面的すぎますよね)
速水御舟「名樹散椿」(25)
今回の撮影可能作品は、これでした。
今まで金屏風なのにキラキラしたところがないなど、艶消しの凄さに目が行っていたのですが、今回の注目点は椿の花、この屏風の中では例外的に華やかじゃないですか。ってことに今回初めて気が付きました。
速水御舟「昆虫二題」(24)
虫が装飾になってしまう不思議。実際彼らは綺麗なんだが、ここまで綺麗さを引き出す絵も中々無いです。「炎舞」はこの作品の前の年ですが、炎の持つ宗教的な側面を取り除いて、純粋に虫だけ描いたようにも思えます。

(写真は2017年の展覧会で撮影したもの)
奥村土牛「城」(36)
何度見てもこの作品は、四角を書きたくて四角形を積み上げていたら、まるで城を描いたみたいになっちゃった、って感じに見えるんですよね。
小茂田青樹「春庭」(19)
上に桜のピンク、右に若葉の黄緑、左は椿の濃いピンクと濃い緑。色のコントラストが面白いです。
岩橋英遠「暎」(39)
夕暮れ空のもと、広がる田んぼ。こういった光景を里山の原風景と思うようになったのは、いつからなんでしょうね。
平山郁夫「バビロン王城」(45)
えーと平山さん。いくら何でも兵隊さんの格好が丸腰過ぎませんか?せめて胸当てくらいつけてあげたほうが……。


一通り感想を書きましたが、やっぱり淡白な感想で……。
あと、このメンバーだと菱田春草と速水御舟が頭ひとつ抜けて見えます。というか、同じ朦朧体でも春草と大観にはなぜこれほどの差があるのか……。


おまけ:cafe椿って、お茶とお菓子だけじゃなかったんだ。


もっと知りたい速水御舟―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい速水御舟―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

*1:といった記録が出てくるのも、見たい展覧会を駄文に書いていたからで……。復活させないと駄目ですね。

新しいScanSnapが登場しました

ScanSnapの新しい機種がニュースリリースで発表されました。
www.pfu.fujitsu.com

我が家でドキュメントスキャナは主に展覧会のパンフレットをPDFで保存するために使用しているのがですが、現在使用してる機種はS1500。9年前に買ったものです。
lunacat.yugiri.org
その9年前に買ったばかりのころの駄文ですが……文章の書き方が違いますな

ついでに、8年前の駄文も。あのころは、若かったな~(をぃ)
lunacat.yugiri.org


9年間たっていても、ドキュメントスキャナでやることはドキュメントの電子帳票化であるのは変わらないわけで、変わったことというと、

  • 読み取り速度の高速化(毎分20枚から30枚に)
  • 長尺用紙への読み取り対応(3000mmまでの長さなら読み取り可能に)
  • 無線LAN対応
  • 読み取りソフトの変更

と言ったところでしょうか。

地味に、長尺対応が使い勝手向上になりそうです。
一方、読み取りソフトの変更は、読み取ったドキュメントの一元管理などの特長が書いてあって、余計なことしなくていいから、ってことになりそうな予感がします。


ま、実機を触らずにあれこれ言っても始まりませんので、とりあえず買う方向で検討してみましょうか……。

台風24号がやってきた

今年は活きのいい台風が日本にいらっしゃることが多いのですが、9月最後の週末にも台風24号さんがやってきました。
f:id:Lunacat:20181013091705j:plain

とりあえず29日午後の予想で、関西は30日の午後から夜にかけて、関東は30日の夜から1日の朝にかけてが暴風かもという予想。


これを見て、週末は土曜日に名古屋日帰りとしたのでした。


そして30日の日曜日。東京でもJRが20時で営業終了を決めて、
f:id:Lunacat:20181013092915j:plain

新幹線も10時くらいには三島以西を運休にして。
f:id:Lunacat:20180930133846j:plain
f:id:Lunacat:20180930134138j:plain

前回の台風21号での被害から1か月経ってないこともあって、どの事業者さんもサクッと運休を決めてましたね。
lunacat.yugiri.org

といいつつ、JRの「20時頃から運転見合わせ」というのが、路線の末端で20時発が最終という意味で、実際にはそれから2時間くらいは列車が動く、というのは想定外でしたわ……。
(中央総武線各駅停車のばあい、結局最終列車が終着駅に着いたのは22時でした)

なお、駅の運行案内表示のディスプレイでNHKを放送しているのも、初めて見ることができました。
f:id:Lunacat:20180930165850j:plain


夜になって、関西では台風が上陸しました、ってことは、アメダスで風向きを見てもわかります。
f:id:Lunacat:20181013094242j:plain

心配された高潮は、何とか満潮時刻を避けてくれた様子でした。


明けて10月1日。台風は関東地方を抜けましたが……。
f:id:Lunacat:20181001071950j:plain
f:id:Lunacat:20181001075308j:plain
始発から平常運行と言ってはみたものの、点検に時間を要して午前中は運休遅延祭りになっていたJRさんです。
ちょっと、台風の影響を過小評価していたのか、はたまた風が弱くなる時間が想定より遅かったのか、点検終了時間の読みをミスりましたね。

ちなみにこの日、JR西日本では、線路点検があるから始発から運転できずに運行再開が遅れるかも、と言っていたので、台風がやってくる時間が関西より遅いJR東日本では尚更のはずなんですが。
このあたりが、経験値の差ですかね。

夕方になっても関東地方や中部地方は大規模に停電してましたので、今回の台風が並外れた威力であったことも確かです。


鉄道にしても電気にしても、インフラ屋さんは風が弱くなったらすぐに点検修理をするのですから、本当に大変だと思います。