月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

目黒雅叙園「大正ロマン×百段階段」

先日の続きですが、百段階段でやっていた展示についても書いておきます。

今回百段階段でやっていたのは「大正ロマン×百段階段」という企画です。

入口の装飾だけでテンション上がります。

まずは最初の「十畝の間」。大正モダンといえばこれじゃろと、大正建築と洋風家具にハイカラ和装のコラボレーションです。こういうの、好きすぎてねぇ。

洋装も合いますよね。

因みにこの椅子に腰掛けて撮影することも可能で、場所に合わせて和服やロリータをお召しの方が入れ替わり立ち替わり、映える写真を撮ってまして、それも可愛かったです、って、をぃ*1

一番ド派手な「漁樵の間」では、マツオヒロミさんの「百貨店ワルツ」をベースに、20世紀初頭の百貨店のディスプレイを再現してました。






あーこの最後のガラス、一つ欲しいですわ……。

「静水の間」と「星光の間」は、竹久夢二特集。
みなとやさんとセノオ楽器の表紙がたくさん。



実のところ、夢二の絵よりも、畳の上をハイハイしているお子様がいたのが、可愛かったのよね……(おっさん、落ち着け)

「清方の間」には、その頃っぽい硝子の器などが。


最後の写真、露出に失敗してますね……。

と、こんな感じで、部屋の雰囲気に合わせた展示の数々がよく合っていて、楽しめましたです。
こういう雰囲気なら、百段階段には今後も時々行ってみようと思いました(とはいえ、行人坂は急坂過ぎるのが、ねぇ……)

*1:そもそも百段階段に来たのも、Instagramでフォローしているロリータさんが写真を上げていたのを見たからなので……

目黒雅叙園の百段階段

目黒雅叙園の百段階段ですが、どういうわけか*1今まで足が向かなくて行ったことがなかったのですが、今ちょうど「大正ロマン×百段階段」という企画をやっているので、行ってみることにしました。

ということで、目黒雅叙園です。目黒川の川幅を広げた際に土地を削られて高層ビル主体のホテルになったので、入り口だけ見るとこの先に昔の建物が隠れているとは想像がつきません。

そして、百段階段にやってきました(階段の下で写真を撮るのを忘れたので、階段の上からの写真ですが)

以下、写真の枚数が多いので、今日は展示ではなく建物の写真を紹介します。展示の話はまた別の機会に。


一番下の「十畝の間」の天井の絵。

この絵は今回の企画とは無関係に、普段でも展示してあるもののようです。

一番ド派手な「漁樵の間」。絵、ではなくて彫刻ですよ、浮き出てますよ、これ。



「草丘の間」。ここは喫茶店になっていたので天井のほうだけ撮影。
いや、こういうところで宴会、してみたかったな。

「静水の間」。武蔵野の雰囲気。

「星光の間」。これは食材ですかね?(をぃ)

階段の天井にも扇が乱舞してます。どこまでも手抜きはないです

窓とか、歪んだガラスとかも昔らしい感じで良いです。

「清方の間」。編み込んだ天井が素敵です。

やっと一番上まで来ました。その名も「頂上の間」。


調子に乗って写真を貼りすぎました。
いやーこんなに良い建物だったのなら、急坂程度で怯んで行かなかったのは人生を無駄にしてましたね……。

*1:多分、目黒駅から行くときに通る行人坂が急坂過ぎて、自然と避けていたのだと思います……

三省堂書店神保町本店の仮店舗に行ってみた

5月8日に建て替えのために閉店した三省堂書店の神保町本店ですが、6月1日に建て替えが完了するまでの仮店舗が開店したというので、見物しに行ってきました。

と、仮店舗を見る前に5月8日に閉店した旧店舗のほうを見てみます。

まだ工事は始まってませんし、囲われてもいないですね。


第2章といっても、この閉店した建物も1980年代に建て替えたものだった気が……(無粋な指摘)

さて、仮店舗に向かいましょう。

遠くからでも良く判る大きな(京都では規制される色の)看板が目印になってます。

こちらが仮店舗の入口です。

こちらは同じビルの4月に撮影した写真ですが……、居抜きなのが良く判りますw。

ちなみに店内装飾も最低限で、数年しか使わないから居抜きで済ませているのが見て取れます。

フロアは地下1階から6階までありましたが、各フロアの面積は以前の1/4くらいでしょうかね。
フロア数は1つ増えてますが、本の量はかなり減ってます。
あと、エレベーターのキャパが小さいので、上層階に行くのは、ちょっと大変かも。
(階段でも行きやすい地下の雑誌/漫画、2階の文庫、3階の新書の各フロアには、まぁアクセスしやすいが)

とりあえず三省堂仮店舗では、開店祝いで雑誌を1冊買ってきました。
(毎月買ってる雑誌を買っただけなので、特に祝ってるわけではない?)


小さくはなりましたが、秋葉原~神保町で最大の書店であることには変わりがないので、今まで通り時々利用することになると思います。

1両だけSustina車両

今日は在宅勤務が終わったあとに、わざわざ横浜まで電車で行って、喫茶店に直行して読書を始めるというよく判らんことを。
全くねぇ、本を読むだけなら往復500円かけることも無いのにねぇ……
(ずっと家に居ると太るので、何か体を動かさないといけないと思いまして)

その帰りの東急東横線横浜駅。
こんなのが停まっていました。

1両だけSustinaという、おしゃれなイメージなのに実はデザインとか細かいことは気にしない東急さんらしいというか……

ちなみにこれは、確かSustinaの初号機で、1両だけなので試作機的な位置づけだったのだと思います。
とはいえ、やはり1両だけデザインが違うのは違和感が……。

紀伊国屋書店新宿、1階リニューアルオープン

現在、絶賛耐震補強工事中の紀伊国屋書店新宿本店ですが、5月27日に1階のリニューアルが完了したので、見てきました。


今回の耐震補強工事では、フロアの手前2/3(増築前の建物の部分)の中間あたりに補強壁を各階に設置しているようで、今までよりもフロアが細切れになります。
4月にリニューアルオープンした2階では、通りに面したコーナー(1階からのエスカレーターを上がってすぐの場所)を、座って読みながら本を選ぶことのできる特集コーナーにしていましたが、1階のリニューアルでも通りに面した場所は一押し本の特集コーナーになりました。
まぁリニューアル前も、1階の入り口付近は一押し本のコーナーでしたからね。補強壁で仕切られた分、コーナーとしての独立性が増した、という感じでしょうか。

この先は、まだ1階の奥と2階の奥、そして地下の工事が残ってますから、それの完成が楽しみです。
早く地図関係の本が下のフロアにおりてきて欲しいです……(5階まで行くのが面倒)