月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

横浜で見る1868年と大量のピカチュウ

今日はお盆休みとはいうものの、感覚的には普段の日曜日です。ということでいつも通りにどこか美術館でもとなるのですが、気がつくと横浜方面の展覧会で見ていないものが溜まってきていました。ということで、今日は横浜で、ぶら月猫、と相成るのでした。


まず向かったのは、港北ニュータウンにある横浜歴史博物館。小岩から横浜の港北ニュータウンに行くのに、総武快速横須賀線で武蔵小杉まで行って東横線に乗り換えるというルートを乗換案内に指示されましたが、このルートは自分で考えてるだけだと出てこないですね。

というわけで、横浜歴史博物館。此処でやってるのは明治150年記念の展覧会で、明治元年に横浜の村々ではどのようなことがあったのかを見ていきます。
f:id:Lunacat:20180812133931j:plain
この展覧会、戊辰戦争の際に横浜市内の村がどのような負担を課されたのかや、新政府軍や旧幕府軍をどのように見ていたのかを丹念に追う展示で、華やかさはないものの、これぞ郷土史という感じでした。この時期の民衆の動きは余り目にすることがないので、貴重でした。


横浜歴史博物館のあとは、地下鉄と地下鉄を乗り継いで横浜開港資料館へ。ここでも明治元年の横浜をテーマにした展示をやってるのです。
f:id:Lunacat:20180812151719j:plain

こちらでやっていたのは、1868年の横浜港。横浜の管理をしていた江戸幕府が消えて、新政府に移行するまでの間の状況を説明していました。
正直、各国が中立でいてくれたから良いようなものの、幕府でも新政府でもどちらかに肩入れする方針の国があったら、横浜はサクッと燃えていたかもしれませんな。


横浜開港資料館の後は、すぐ近くの横浜ユーラシア文化館 でバリのお洋服を眺めて、
f:id:Lunacat:20180812161718j:plain

みなとみらいで毎年恒例のピカチュウを写真に撮って。



ピカチュウはね、アニメを見てないので良く判ってませんけど、毎年可愛いよね、と思う次第。。


という感じで、この日の横浜巡検は終了です。
時間切れで横浜美術館のモネを騙る現代アート展を見ることができなかったのが心残りですので、早々にまた横浜に行かないといけません。

はじめての、こんかつ

この歳になっても色々と経験してないことはあるのですが、「こんかつ」もそんなことの一つです。
いや、その歳になって「こんかつ」一つも経験が無いのかと言われそうですが、事実なので仕方がない。

ですが、現在上野では誰でも参加できる、こんかつイベントが行われているということで、行ってきました。
初めてのことは緊張しますね……


ということで、カマキリ先生の昆活イベントです……(概ねそんなことだろうと思ったよ、という声多数)


改めて、国立科学博物館での昆虫展、です。

展示はまずはじめに、昆虫とは何かについて、その体の構造などを説明します。
此処で登場するのが、昆虫の巨大模型。
足に花粉をつけたミツバチに
f:id:Lunacat:20180812170317j:plain

羽を広げて飛んでいるオオムラサキさん。
f:id:Lunacat:20180812170349j:plain

ちなみに、オオムラサキの実際の大きさは、これです。
f:id:Lunacat:20180812170444j:plain

大昔の昆虫は、こうやって残るから研究できるんです、と、琥珀の中に入ってしまった昆虫が展示されてました。
f:id:Lunacat:20180813150157j:plain


昆虫の多様性のコーナーでは、住む場所などで様々に色や形の変わる昆虫を紹介してまして。
そんな中には「美しい昆虫」というコーナーもあって。確かに綺麗だわ。
f:id:Lunacat:20180812170621j:plain
f:id:Lunacat:20180812170656j:plain


この先では、昆虫の生態などを説明するコーナーがあって。
口の形の違いが説明してあったり、ジャンプ力の解説があったりで勉強になるのですが、映像とパネルでの説明が多いので、映像を飛ばしてしまうと短時間で通り過ぎる感じになってしまいます。おかげさまで写真も撮ってないわ……。
なので、このコーナーでは映像も見ましょう。っていうか、映像はwebページでも後悔してほしいなぁ。展覧会に来た人限定(半券についているQRコードが無いとアクセスできないとか、そんな感じで)で良いからさ。


最後の章は、昆虫に関する研究は具体的にどうやってるのか、を紹介していました。実際に昆虫を採集して、コレクションにしてといったあたりも詳しく説明して。壁面には代表的なコレクションがずらっと。
f:id:Lunacat:20180812170738j:plain
ちょっと圧倒されますね。

とはいえ、余り新しさを感じないのも事実なのですが……。


といった感じで昆虫展、前半のテンションに比べて後半が盛り上がりきれませんでした。
やっぱり私には、こんかつは縁遠いのかしら……。

野口哲哉 ~中世より愛をこめて~@ポーラミュージアム・アネックス

銀座にあるポーラミュージアム・アネックスで、野口哲哉さんの個展をやっていたので、見てきました。
f:id:Lunacat:20180804162835j:plain

野口哲哉さんは日本の武士の鎧兜姿を立体で表現する方ですが、表現される鎧兜姿は戦さの勇ましい姿とは正反対とも言える日常(それも現代の!)を表現しているところが面白いかと。そういった点は、絵と立体の違いはありますが、山口晃さんに通じるところがあるように思えます。

会場に入ると最初にあるのが、今回のキービジュアルになっているハートを描く甲冑武士さん。
f:id:Lunacat:20180804163748j:plain

反対側から見ると、こんな感じ。目一杯、背伸びをして大きなハートを描くのです。
f:id:Lunacat:20180804163845j:plain
武士が口紅を手にハートを描くとか何が何だかですが、此処はポーラですので……。

そのほかの作品も、毎日の戦に疲れている表情で椅子に座る武士とか、
f:id:Lunacat:20180804163401j:plain

ちょっと立ったまま食事休憩といった感じだったり。
f:id:Lunacat:20180804163442j:plain

横にらみの表情が、隣の陣の動きを見張るかのような。
f:id:Lunacat:20180804163557j:plain


普段は立体が中心の野口さんですが、今回は平面の作品もあります。
って、ヨーロッパの名画の中に武士が紛れ込んでしまってますよ。
f:id:Lunacat:20180804163649j:plain
f:id:Lunacat:20180804163725j:plain

こういう、時代を行き来するような作品って、独特の浮遊感があって好きですね。
やはり、山口晃さんに通じるものがあるように思えました。

暮れてゆく空は……

今日は台風が来るからという理由で会社を休みにしていたのですが、いざ当日になると東京地方は風雨ともに強くない。なので普段の土日のように都内を彷徨って。

で、夕方に森美術館に行った後、思い付きで屋上のスカイデッキに上ってみました。

f:id:Lunacat:20180809182617j:plain
良い夕日が!
前日の台風が大風と大雨で空気中の塵を落としてくれたので、とてもクリアな夕日です。

夕方の街並み、良いですなぁ。
f:id:Lunacat:20180809182325j:plain
f:id:Lunacat:20180809182702j:plain

少しズームして。東京タワーに増上寺がすぐそばに見えます。
f:id:Lunacat:20180809183041j:plain

工事中の渋谷駅付近
f:id:Lunacat:20180809183500j:plain

国立競技場の工事もよく見えるぞ。
f:id:Lunacat:20180809182939j:plain


普段、六本木ヒルズに来るのは夜が多いので、夕焼けの時間がこんなに良いとは、今まで知りませんでした。
森美術館に500円足すだけで楽しめるので、時々来てみようと思います。

にしても、良い夕焼けでしたわ。
f:id:Lunacat:20180809183216j:plain

大阪メトロに乗ってみる

先日大阪に行った際に、大阪メトロ(大阪高軌、旧大阪市営地下鉄)に乗ったので、その時の写真を紹介します。


まずは梅田駅。大阪メトロが始まってから4か月しか経ってませんが、看板は変更されてますね。
f:id:Lunacat:20180729134717j:plain

開業当時からの丸い天井。これいつだったかな、数年前にリニューアルしてきれいになったのは良いですが、照明を変えちゃったのは勿体ないなと。
f:id:Lunacat:20180729134828j:plain

ちなみに以前はこんな感じ。
f:id:Lunacat:20111224203128j:plain

案内表示も、大阪メトロになって新しくなりましたね。というか、民営化した際にリニューアルしようと、ここ数年は敢えて変更しなかったのでは?と思ってしまいます。
f:id:Lunacat:20180729135009j:plain
f:id:Lunacat:20180729135157j:plain

車両もメトロになって新しくなっちゃって(いや、数年前から新しくしてるよね……)
f:id:Lunacat:20180729135610j:plain


とはいえ、御堂筋線を外れると、今までの大阪市交通局のままの駅も多くて。
f:id:Lunacat:20180729145054j:plain
f:id:Lunacat:20180729150336j:plain
f:id:Lunacat:20180729150833j:plain
すべての駅で新しいサインに代わるのには、2年くらいはかかるんじゃないでしょうかね。


おまけ:
「たつみ」って、「たつ」の方角と「み」の方角の間を指すので、南「たつみ」なら、それは「み」なんじゃ……。
f:id:Lunacat:20180729150343j:plain