月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

川瀬巴水展@SOMPO美術館

新宿のSOMPO美術館での、川瀬巴水展に行ってきました。
f:id:Lunacat:20211128195535j:plain

川瀬巴水さんとは戦前に浮世絵の風景画を多数描いていた人で、都内ですと大田区立歴史博物館で1~2年おきに展示をやっていて、そのたびに大混雑になる方です。
そういえば今年も9月に大田区立歴史博物館に見に行きましたが、感染対策で入館者数を抑えていることもあり、少し入口で待たされました。

そんな川瀬巴水さんの展覧会を大都会新宿でやるのですから当然数時間待ちの大行列、なのかと思いきや、会場に向かう電車の中で40分前に予約可能と。
なんで川瀬巴水なのに直前まで予約枠が埋まってないのよ?


それはともかくとして展示の方ですが、とにかく網羅性がすごいです。
東京十二題は12枚展示されてますし、28枚ある旅みやげ第三集は28枚展示されてますし、全部見せますというパワーが壁から発射されてます。
前期と後期に分かれてますが、シリーズ丸ごと前期だけ、後期だけがあるので、両方見て巴水コンプリートしないとです。
(前期は11/14で終わりましたが、後期は12/26までと割と会期が長いです)

なお、網羅性に負けて図録を購入しました。引っ越したばかりで圧倒的本棚不足なのに、どうするんだ……。


なお、写真撮影は一番下のフロア(3階)のみ可能でした。
f:id:Lunacat:20211128195538j:plain
f:id:Lunacat:20211128195531j:plain


さ、後期を何時見に行くか、予定を決めなくては。

東京アドベンチャーライン(青梅線)ラッピング車両

引っ越してから1週間経ちまして、今日は前の家を管理会社に引き渡して転居がほぼ完了しました。

その引き渡しの後に新宿での展覧会を見ようと中央線の快速列車に乗ったのですが、やってきた車両が……
f:id:Lunacat:20211128191458j:plain
なんかラッピング車両がやってきましたよ?

どうも以前のニュースリリースにあった、東京アドベンチャーライン(青梅線)の宣伝ラッピング車両のようです。

秋の「青梅線・五日市線」観光キャンペーンを開催します! | 2021年9月10日 東日本旅客鉄道株式会社 八王子支社

https://www.jreast.co.jp/press/2021/hachioji/20210910_hc01.pdf

ラッピング車両と言う割に、座席も変えていて、気合が入ってますな。
f:id:Lunacat:20211128191450j:plain

その先の青梅線(青梅より先の青梅線)をイメージしているので、生き物が沢山です。
f:id:Lunacat:20211128191501j:plain
f:id:Lunacat:20211128191455j:plain
f:id:Lunacat:20211128191504j:plain
実際、青梅を過ぎると急に山岳路線になって、なんで都心と同じ通勤車両なんだろうと思いますからね。

このラッピング車両、ニュースリリースによると11月中らしいので、乗りたい方はお早めに(とはいえ、座席の変更は2ヶ月で止めるにはコストがかかってそうなので、12月以降も残りそうな気がします。知らんけど)

横浜駅にて

引っ越しもひと段落つきましたので、久しぶりに親元の横浜に行くことに。
今までの小岩から行くのと比較して、横浜が近く、そして安くなりました(安く、は、横浜駅まで東急線だけで行けるのが大きいです)。

そんな横浜駅でたまたま見つけたのが、
f:id:Lunacat:20211127141934j:plain

JRの駅名標ですが、左上の部分に路線や地域を表すアイコンを入れる例はありますが、あまり知られてないマイナーな駅のキャラクターを入れる例って、他に有りましたかな?
(ちなみにこの子、「ヨコハマウス」と言います、って、知らんがな)

渋谷の本屋にて

引っ越して東急沿線の住民になると、渋谷に行くのが楽になります。
ということで、今日は在宅勤務の後に渋谷に行きまして、いつも通り東急百貨店内のジュンク堂へ。

その本屋の中で見つけたのがこちら。
f:id:Lunacat:20211126204327j:plain

歴博の有名な展示を新書にした本が有りましたので、思わず購入してしまいましたです。

あの展示、気づいた時には混雑してて行けなかったんですよね……。
新書程度の情報量で追いつける展示とは思ってませんが、これを読んで少しでもミッシングリングを埋めたいものです。

引っ越しました(2)

そういえば引っ越しシリーズの駄文が書き終わってませんでした。
今日はユーミンのコンサートの日に行った役所の手続きについて。

引越し前に転出の手続きは終わってますので、この日は転入の手続きです。
引っ越したのは大田区なので、蒲田まで電車に乗って、大田区役所に向かうのです。

……いや、最寄りの出張所は徒歩15分ほどかかりますし、なれない土地で出張所を探すより、駅前に聳える大型ビルを目指す方が楽ですよね。
そう、大田区役所とは、バブル期に国鉄清算事業団の土地を買って商業ビルを建てて儲けようとしたもののバブル崩壊で倒産した不動産会社の夢の跡を安く買いたたいて*1手にいれた駅前ビルにあるのです。
元が商業ビルなので入口が中央にあって住民課がその左右に分かれて存在しているとか、ちょっと効率的ではない様子、ですが広いですなぁ。いつまでも建て替えの出来ない葛飾区とは大違いです。


とりあえず届出の書類を書いて、窓口に行きまして、

「転入の届を出して、そのあと住民票の写しが欲しいです。あと印鑑登録と印鑑登録証明書もお願いします。住基カードを持ってるので転出証明書は無いですが、向こう側で手続き済んでます。」

と、一息で言ってしまう月猫さん。ついつい、プロ意識が……(って、なんのプロだよ)

そこまで一息で言った効果か手続きは順調に済んだのですが、つまづいたのは最後の最後。なんと住基カードのICチップが反応しなくて、住基カードの住所変更ができません……。
住基カードのICチップが読み込めんと言うのだけど、そのカード、3週間前にパスワード変更手続きで江戸川区で読み込みさせたぞ?

そんな訳で住基カードの証明書能力が著しく減衰したので、マイナンバーカードを急ぎ作らないとです。申請の用紙は貰いましたので、髪切って、写真撮って、急いで申請しなくては……(先は長い)

(その前に断髪しないと……)

*1:なんだけど、買いたたいた時には高いって非難されたんですよね