月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

文化財よ、永遠に@東京国立博物館

東京国立博物館での、「文化財よ、永遠に」という展覧会を見てきました。
f:id:Lunacat:20191006202443j:plain

この展覧会は住友が文化財修復の支援をするようになってから30年になるのを記念して開かれているもので、東博の他に泉屋博古館、泉屋博古館分館、九州国立博物館の合計4か所で同時開催されています。


東博の展示は、震災で被害にあった仏像の修復に焦点を当てていました。泉屋博古館分館では中世から近代の絵画や巻物などを網羅的に展示していたのとは、かなり趣が異なります。
被災からの復旧なので、地震でバラバラになったものを復旧するなどしていて、うまく復旧できるものだなと。

一点気になったのは後世の補彩を修復の際に取り除いたものが多かったこと。
作成された当時の表現を見るという意味では補彩を取り除くのも判るのですが、今まで色鮮やかな仏さまを日夜眺めていた地元の地元の人の気持ちはどうなんだろうなぁと思ったりもします。

幕張駅にて

会社の千葉の事務所に行った帰りに、幕張駅まで歩いてみました。

実は千葉の幕張の事務所はバス停の目の前にあるので一日の目標歩数に到達できたいことが多くて、歩く歩数を増やす必要があったのです。


というわけで、幕張駅です。
f:id:Lunacat:20191006184453j:plain
昔はそれなりの拠点駅だったからか、駅舎が大きいです。

幕張駅の発車案内表示。気合いで駅ナンバーを表示してるのが珍しいです。
f:id:Lunacat:20191006184511j:plain


コンコースにおいてあったもの。駅舎が大きくて広いから、こういうものがあっても邪魔になりません(同じように列車のシートを置いてある幕張本郷駅では、置き場に困ってお手洗いの前にあるのとは大違い)
f:id:Lunacat:20191006184528j:plain
f:id:Lunacat:20191006184538j:plain
それにしても、千葉支社はペットボトルキャップアートが好きですな。
他の駅にもあった気がします。