月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

江戸東京博物館の企画展「徳川一門」と常設展示

1月10日のことですが、松濤美術館に行った後に江戸東京博物館に行ってきました。
f:id:Lunacat:20220122095817j:plain

毎年恒例での正月飾りもありまして。
f:id:Lunacat:20220122095823j:plain

江戸東京博物館に来たのは、こちらの展覧会を見るため。
f:id:Lunacat:20220122095829j:plain
毎年恒例、徳川宗家とのコラボ展示です。
会期は3月上旬までと長いのですが、11日から動物園がウィルス対策で休園になるということで、美術館もそのうち休園になるかもと思って優先順位を上げたのでした。
そもそも江戸東京博物館は4月から3年ほど大規模改修工事で休館ですからね、3月までに行く機会を減らさんでくれ、なのですよ。

その企画展「徳川一門」ですが、徳川将軍家が家を絶やさないようにする為にやったことをまとめましたという展示でした。

  • 御三家を作った家康
  • 御三卿を作った吉宗
  • 牛のように子供を大量出産して全国の大名に養子としてばらまいた家斉
  • 明治維新クーデターで家を守ろうと奔走した篤姫と和宮

という構成になってまして、それぞれに関連する品が展示されていました。

展示品自体は以前に見たことのあるものも多かった感じです。

ちなみに展示品は江戸東京博物館所蔵のものだけ撮影可能だったのですが、撮影可能の作品のすぐ横に徳川記念財団所蔵の撮影不可作品があったりするので、実質的に撮影は難しかったです。はい。


企画展では撮影が思うようにできなかったので、常設展示のほうを撮影して回ります。

正月の日本橋。人出が多いですな。
f:id:Lunacat:20220122095753j:plain

開通直後の鉄道の様子。これは八ツ山のところですかね。
f:id:Lunacat:20220122095759j:plain

川瀬巴水の新版画から、冬っぽいやつを
f:id:Lunacat:20220122095805j:plain

大日本雄弁会講談社の雑誌「キング」の創刊号付録だそうで。
もう絵がね、大正だなーって感じでよいですよ。
f:id:Lunacat:20220122095811j:plain
この作品とは関係ないですが、雑誌キングの音楽部門が独立したのがキングレコードでございます。
なので講談社とキングレコードの本社はすぐ近くなのよね。


江戸東京博物館、3月の閉館までにもう一度くらいは行こうと思いますが、頼むからウィルス対策で休館するなよ。

京急川崎駅のパタパタ

京急から、京急川崎駅の発車案内装置を置き換えるという案内がありました。
www.keikyu.co.jp
1970年代から90年代にかけて、駅や空港の発車案内表示はパタパタパタ……と音を立てて表示が変わる反転フラップ式案内表示、通称「パタパタ」が主流だったのですが、その最後のものを撤去するということでニュースリリースは出すし記念切符も出すし、という京急さんも商魂逞しいやねぇ……

いや、まさかNHKまで乗ってくるとは思ってませんでしたが。
www.nhk.or.jp

この反転フラップ式の案内表示、多くは京三製作所で作成されていますが既に生産を止めているようで、今後の更新はLEDや液晶のものになるようです。
そもそも今となっては多言語対応がしにくかったり、運行情報を表示しにくいなどの問題があるので、今から採用するところもないのでしょうね。


ところでこのパタパタですが、そろそろ撤去だろうと思って10年位前から時々撮影してました。そこから10年もよく生き残ったもんだ。
ということで、過去に撮影した京急川崎駅のパタパタの写真を貼っておきます。
f:id:Lunacat:20220122092654j:plain
f:id:Lunacat:20220122092641j:plain
f:id:Lunacat:20220122092648j:plain
f:id:Lunacat:20220122092644j:plain
f:id:Lunacat:20220122092657j:plain

ついでにこちらは金沢文庫駅にあったもの。
f:id:Lunacat:20220122092701j:plain


京急ではないですが、パタパタの写真をもう1枚。
写真のコントラストがおかしいですが、こちらは大宮の鉄道博物館で展示されているものです。
f:id:Lunacat:20220122092639j:plain
この表示器は元々は岡山駅の1階にあった新幹線改札口にあったもので、その後に交通博物館、鉄道博物館と移動してきたものです。
交通博物館にあったときは、下にある装置で自分で設定を変えることが出来たんですよね……。

熱海の街中を歩いてみる

1月8日にMOA美術館に行った話を前に書きましたが、そのMOA美術館を見た後に、そういえば熱海の街の中を歩いたことがないことを思い出して少し歩いてみることにしました。

以前は駅の改札を出て左側にあった汽車が、改札を出て右側に移動していました。
f:id:Lunacat:20220118101928j:plain
この機関車の奥にある仲見世通りを下っていきます。

今、下ると書きましたが、熱海の駅は標高71mの高台にあります。たぶん丹奈トンネルの掘る長さを短くしたいみたいな理由で高い位置に作ったのだと思いますが、おかげで熱海温泉の旧市街に行くには急な坂を下っていく必要があります。

ちなみにMOA美術館は下の入口が標高195m、美術館の建物は270mの高さにあるそうです……。どおりで駅から美術館へのバスが急な坂を上るわけで。

下り坂の途中にある、湯の沸いているところ。
f:id:Lunacat:20220118101954j:plain
温泉卵を作っている人もいましたね。

熱海の源泉といわれる間欠泉の跡。
f:id:Lunacat:20220118101944j:plain
今は人工的に間欠泉の演出をしているそうですが、自分のいる間は吹きませんでしたね。
(検索すると、4分間に3分間噴出するらしいのだが?)

その間欠泉の横にある、お湯の神様。
f:id:Lunacat:20220118101940j:plain

間欠泉の近くにはちょっと古そうな建物もあったりして、この辺りが昔のメインの場所だったのが分かります。
f:id:Lunacat:20220118101936j:plain

そして、海に出てきました。
f:id:Lunacat:20220118101947j:plain
f:id:Lunacat:20220118101932j:plain
なんか君たち、仲いいな……

砂浜が出てきましたが、この砂浜は人工のもの。海辺のリゾートは砂浜がないとね、というステレオタイプで作っちゃったのよねぇ。
f:id:Lunacat:20220118101957j:plain
作ったのは1986年だそうですが、うーん、バブルだ。

安易に人を蹴ってはいけません(違)
f:id:Lunacat:20220118101950j:plain
ビーチの横を通った後に見たせいか、思ったより狭い場所にこの像があるのですねぇと思ってしまいましたわ。

この貫一お宮の像から熱海駅まで最短コースで戻ったのですが、標高差70mの登りは伊達ではなかったです……。

松濤美術館の建物を見る

渋谷区の松濤にある松濤美術館に行ってきました。
f:id:Lunacat:20220116222620j:plain

今この美術館でやっているのは普通の展覧会ではなく、この建物自体を見て回ろうというもの。白井晟一の建築作品そのものが展示物です。
この建物、四角いところがほとんど無い、曲線が美しいのが特徴だと思ってます。

普段は通ることのない吹き抜けのブリッジ。ここを通るのは2度目くらいですかね。
f:id:Lunacat:20220116222623j:plain

上も広いし、下もおしゃれ。
f:id:Lunacat:20220116222603j:plain
f:id:Lunacat:20220116222626j:plain

階段の曲線が良いですなぁ(2枚目は普段通らない小階段)
f:id:Lunacat:20220116222611j:plain
f:id:Lunacat:20220116222608j:plain

地下の展示室。吹き抜けに向かって窓があったのか。
f:id:Lunacat:20220116222629j:plain

こちらは2階の展示室。ここは昔は展示室兼喫茶室だったのですが、1度も喫茶として使わないうちに廃止になったのよね。
(この椅子の並びは喫茶室の時のものの気がするのですが、どうだろ?)
f:id:Lunacat:20220116222613j:plain
f:id:Lunacat:20220116222616j:plain

展示室だけでなく、扉も素敵なのですよね。
f:id:Lunacat:20220116222600j:plain
f:id:Lunacat:20220116222605j:plain


いや、写真張り付けて素敵とかおしゃれとしか言ってませんが、良い建物ですよ、ここ。

内田彩さんコンサート&横浜の消防出初式?

今日1月9日は3連休の中日ですが、内田彩さんのコンサートが13時半開演でありましたのでパシフィコ横浜に行ってきました。
f:id:Lunacat:20220116163533j:plain
ちなみに隣のパシフィコ横浜の展示場ではペット博をやっていたので、犬を抱っこして歩いている人が多かったです(その格好では電車に乗れないと思うのですが、どこから歩いて来たのだろう?)

今回のコンサート、FC先行でなくHP先行でしたのに1階の前側の席だったのでラッキーと思っていたのですが、観客を1階に鹿入れて無く、また座席は一人おきになってましたので、「5000人以上の会場は50%まで」を守って、満席にできれば1回公演で良い人数を昼夜2公演にバラしたようでした。収入的に大変そうだなぁと思ってしまうのですが、解錠使用料は1日1回でも2回でもあまり差はないのですかね?

なおコンサートの方は1月末に群馬での公演もありますので詳細は省略しますが、パンフレット、サイリウム(昨年京都のコンサートで、自分の持ってる汎用のものだと色数が足りなかったので専用のものを買うことにした)、マグカップ(引越前に幾つか割ったので補充)などと買っていくとそれなりに掛かるものですね……


ところで開演前にちょっと2階(1階席後方用のロビー階)に上がってみると、海の上で散水しているのが見えました。
f:id:Lunacat:20220116163540j:plain
横浜市の消防出初式も1月9日でしたから、出初式のイベント放水だったのですかね?