月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

松濤美術館の建物を見る

渋谷区の松濤にある松濤美術館に行ってきました。
f:id:Lunacat:20220116222620j:plain

今この美術館でやっているのは普通の展覧会ではなく、この建物自体を見て回ろうというもの。白井晟一の建築作品そのものが展示物です。
この建物、四角いところがほとんど無い、曲線が美しいのが特徴だと思ってます。

普段は通ることのない吹き抜けのブリッジ。ここを通るのは2度目くらいですかね。
f:id:Lunacat:20220116222623j:plain

上も広いし、下もおしゃれ。
f:id:Lunacat:20220116222603j:plain
f:id:Lunacat:20220116222626j:plain

階段の曲線が良いですなぁ(2枚目は普段通らない小階段)
f:id:Lunacat:20220116222611j:plain
f:id:Lunacat:20220116222608j:plain

地下の展示室。吹き抜けに向かって窓があったのか。
f:id:Lunacat:20220116222629j:plain

こちらは2階の展示室。ここは昔は展示室兼喫茶室だったのですが、1度も喫茶として使わないうちに廃止になったのよね。
(この椅子の並びは喫茶室の時のものの気がするのですが、どうだろ?)
f:id:Lunacat:20220116222613j:plain
f:id:Lunacat:20220116222616j:plain

展示室だけでなく、扉も素敵なのですよね。
f:id:Lunacat:20220116222600j:plain
f:id:Lunacat:20220116222605j:plain


いや、写真張り付けて素敵とかおしゃれとしか言ってませんが、良い建物ですよ、ここ。

内田彩さんコンサート&横浜の消防出初式?

今日1月9日は3連休の中日ですが、内田彩さんのコンサートが13時半開演でありましたのでパシフィコ横浜に行ってきました。
f:id:Lunacat:20220116163533j:plain
ちなみに隣のパシフィコ横浜の展示場ではペット博をやっていたので、犬を抱っこして歩いている人が多かったです(その格好では電車に乗れないと思うのですが、どこから歩いて来たのだろう?)

今回のコンサート、FC先行でなくHP先行でしたのに1階の前側の席だったのでラッキーと思っていたのですが、観客を1階に鹿入れて無く、また座席は一人おきになってましたので、「5000人以上の会場は50%まで」を守って、満席にできれば1回公演で良い人数を昼夜2公演にバラしたようでした。収入的に大変そうだなぁと思ってしまうのですが、解錠使用料は1日1回でも2回でもあまり差はないのですかね?

なおコンサートの方は1月末に群馬での公演もありますので詳細は省略しますが、パンフレット、サイリウム(昨年京都のコンサートで、自分の持ってる汎用のものだと色数が足りなかったので専用のものを買うことにした)、マグカップ(引越前に幾つか割ったので補充)などと買っていくとそれなりに掛かるものですね……


ところで開演前にちょっと2階(1階席後方用のロビー階)に上がってみると、海の上で散水しているのが見えました。
f:id:Lunacat:20220116163540j:plain
横浜市の消防出初式も1月9日でしたから、出初式のイベント放水だったのですかね?

MOA美術館に行ってみた

1月2日の駄文にも書きましたが、この冬も青春18きっぷを買ってまして、有効期限が1月10日までなので3連休に使い切る必要があります。
そんなわけで深く考えずに東海道線に乗って静岡方面に向かいました。

最初は浜松まで行って遠州浜名湖鉄道と遠州鉄道に乗ろうかととも思ったのですが、熱海で乗り換える時にお昼ご飯を食べようと途中下車。
列車を降りてご飯を食べると思考がまともになるのか、浜松は遠いということに気づきまして、熱海でどこかに行こう、となりました。

ということで、バスで坂を上ってMOA美術館にやってきました。
f:id:Lunacat:20220115212029j:plain

MOA美術館には前にも何度か来たことがありますが、杉本リニューアルの後では初めての訪問です。

以前はエスカレーターばかりを乗り継いで展示フロアに行っていたと思うのですが、最後のエスカレーターのところは外の階段を通るルートをメインルートに変更したようですね(とはいえ、この階段は3階分あるので……)
f:id:Lunacat:20220115212024j:plain

やっていたのは吉田博と川瀬巴水の風景版画。一部を除いて撮影可能です。
こちらが吉田博。
f:id:Lunacat:20220115212041j:plain
f:id:Lunacat:20220115212020j:plain

そしてこの2枚は川瀬巴水。
f:id:Lunacat:20220115212035j:plain
f:id:Lunacat:20220115212016j:plain

こうやって比較すると、吉田博の摺りがやり過ぎなのが、なんか分かりますな(でも風景画として好きなのは川瀬巴水のほうですが)

そんな特集展示の中になぜかある、国宝の仁清の壺。
f:id:Lunacat:20220115212044j:plain
なぜか、ではなくて、専用の展示空間を特集展示を行うフロアの中に作ってしまったというのが正しいのですが、何とかならんかったのか、とは思ってしまいます。

下のフロアには、寅年にちなんだ虎の絵も展示されてまして。
f:id:Lunacat:20220115212038j:plain
f:id:Lunacat:20220115212048j:plain
尾形光琳と俵屋宗達なんですが……。猫じゃらし、持ってきてもいい?(いや、虎ですから)

といった感じで見て回ったのですが、以前来た際の「見ても見てもまだ先がある……」という感じは無くなったなぁと。
あと、以前はレンブラント(工房作?)やモネなどもあって何でもありのごった煮感が面白かったのですが、日本美術に全振りして面白味が減った気がします。
レンブラントたちはどこ行ったんですかねぇ……


屋外の庭園には梅も咲いてました。
f:id:Lunacat:20220115212032j:plain
なお、MOA美術館で梅といえば尾形光琳の紅白梅図屏風ですが、1月下旬から展示があるようです。

雪が降ると喜ぶ東京のおじさん

東京の冬は基本的に晴れて乾燥しているもんですが、たまに南岸低気圧が元気になって雪が降ることがあります。

そんな東京ですが、1月5日に気象庁さんが「23区内を含め、うっすらと積もる」なんて言い出すものですから、当然期待で眠れなくなるのです(をぃ)。
f:id:Lunacat:20220115162852j:plain

そして翌日、1月6日。どうも昨日の読みよりも雪が降りそうという予想に変わって、大雪注意報を出すかも、という話が出てきます。
ちなみに東京地方での大雪注意報の基準は、12時間で5cmです。
f:id:Lunacat:20220115163353j:plain
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kijun/tokyo/0_tokyo.pdf

そうこう言っているうちに雪が降り始めて、正午過ぎにはうっすらと積もりはじめました。
f:id:Lunacat:20220114153018j:plain
このくらいの雪でもはしゃぐのが東京の人です。

東山魁夷の雪降るみたいにならないかなーと思って撮影してみたり。
f:id:Lunacat:20220114153013j:plain
京都の町家でなく東京の住宅街の屋根じゃ無理しかありません……

などとはしゃいでいる裏で、厳しくなるのは電力需要……
f:id:Lunacat:20220115163729j:plain
電力については原子力は危険で火力はCO2が多過ぎて太陽光は雪の日には役に立たずと詰んでいるので、こういうことも今後頻繁に起こるかもですね。

しかし雪は止まず、うっすらを通り過ぎます。
f:id:Lunacat:20220114153009j:plain
f:id:Lunacat:20220114153022j:plain

うっすらを通りすぎるどころか大雪注意報の基準も通り過ぎて、大雪警報に切り替わる始末(16時時点で北の丸公園は積雪6cm)
f:id:Lunacat:20220115164134p:plain

結局、18時過ぎまで雪は降って、積雪は10cmまで行ってしまったのでした
f:id:Lunacat:20220115164303p:plain
ここまで降るとはしゃぐどころでは……ということで、家から出ることなく1日が終わったのでした。

なお電力は、東北電力や関西電力からの受電量を増やして、なんとか乗り切ったようです。
f:id:Lunacat:20220115164454j:plain
ちなみにこの日の電力消費量は、2011年の震災以降の冬としては最大だったそうで……。

京急の黄色い列車@横浜駅

東急線沿線に引っ越してから横浜駅に来ることが多いのですが(10時までやってる本屋と電気屋のあるところで、一番交通費が安いのが横浜という)、その帰り道のこと。

ふと京浜東北線のホームに上がったら、隣のホームに黄色いのが来たです。
f:id:Lunacat:20220112235848j:plain

撮影はiPhone 13Proのカメラなんですが、夜なのにぶれずに撮影できるもんなんですねぇ。
手ぶれ補正技術のおかげなのか、画像補正技術のおかげなのか不明ですが、iPhone XS Maxからの3年分の進化を体感した気分です。