月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:3277



城郭考古学の冒険 (幻冬舎新書)城郭考古学の冒険 (幻冬舎新書)感想
千田先生、テレビでは磯田先生とキャッキャウフフしてるとか杉浦アナと仲良く討ち死にとか、ひたすら楽しい先生なのだが、文章となると驚くほど真面目です。城郭考古学のパイオニアとして、既存の学問と戦ってきたスピリットが見える本でした。なお、過去に書かれたものを集めて新書化しているので、重複する話が一部見えるのが、ちょい引っかかりますが、それだけ強調したいポイントだと考えましょう。
読了日:03月06日 著者:千田 嘉博



動物のお医者さん (4) (花とゆめCOMICS)動物のお医者さん (4) (花とゆめCOMICS)感想
10年ぶりくらいに読んでます。粋がってる後輩が専門を続けるうちに丸くなるのは、そういえば経験ありますねぇ。あと、スナネズミの歯形はハムテルが気づく前にみんな気づかないと駄目なんじゃないかしら……。
読了日:03月09日 著者:佐々木 倫子



日本海 その深層で起こっていること (ブルーバックス)日本海 その深層で起こっていること (ブルーバックス)感想
同じ著者のブルーバックス「太平洋」が良かったので、こちらも読みました。4章までは自然科学で深層の海水の話や日本海の成り立ちは、なるほどと思って読めました。ですが5章から先の文化面は、それは日本海ではなく日本の日本海岸の話では?日本海の話なら同じような特徴が朝鮮半島やロシア沿海州にあっても良いと思うのですが、そこへの指摘がないのが不満でした。
読了日:03月13日 著者:蒲生 俊敬



街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか (朝日文庫)街道をゆく 9 信州佐久平みち、潟のみちほか (朝日文庫)感想
今回は、新潟、播州、高野山、佐久。新潟の低湿地は今では水田地帯だけど以前は低湿地帯だったという景色を想像してみるのが面白いです。佐久は行ったことのあるところなので特に面白く。懐古園は奥まで入ってほしかったなぁ。しかし観光地での土産物屋や食堂での音量に対する苦言は、今でも通用しますな(1970年代と比べると、今のほうがましだと思いますが)
読了日:03月14日 著者:司馬 遼太郎



鉄道ジャーナル 2020年 01 月号 [雑誌]鉄道ジャーナル 2020年 01 月号 [雑誌]
読了日:03月16日 著者:



景観からよむ日本の歴史 (岩波新書)景観からよむ日本の歴史 (岩波新書)感想
「景観からよむ日本の歴史」というタイトルですが、「景観から歴史を見る」「歴史による景観の形成」といった感じの内容でした。取り上げている地点が多いので、一つ一つの記述が薄く感じます。あと、ブラタモリなどで目の前の景色や古地図から過去を想像する能力を磨いた人が増えた今となっては、その内容知ってますという人が多いのではないかと思えます。2020年発売の新刊なんですけど。
読了日:03月17日 著者:金田 章裕



師弟 (棋士たち 魂の伝承)師弟 (棋士たち 魂の伝承)感想
2018年に発売された本の文庫版。なので2020年ごろに将棋世界で連載されていたのとは別の師弟が登場します。とりあえず、勇気に対して昔は天才だったというのは永瀬さんだけでなく師匠もなのね……w
読了日:03月18日 著者:野澤亘伸



戦国日本と大航海時代 - 秀吉・家康・政宗の外交戦略 (中公新書)戦国日本と大航海時代 - 秀吉・家康・政宗の外交戦略 (中公新書)感想
戦国時代って、ちょうど大航海時代の後半なんですよね。相手は基本的に通商利権のあるところを植民地化して回ってるヨーロッパ。日本を植民地にせずに済ますつもりは毛頭ないわけで、植民地化を阻止するには軍事力を見せつけるしかない。そう考えると、戦国時代が終わって国内統一が進むころにヨーロッパがやってきたのは、日本的にはベストタイミングだったのかなあと。後半の伊達政宗の通商は、やはりここでも政宗は生まれてくるのが10年遅かったのかと。
読了日:03月22日 著者:平川 新



セーラー服と女学生 (らんぷの本/マスコット)セーラー服と女学生 (らんぷの本/マスコット)感想
2018年4月に弥生美術館で開催された展覧会の副読本。展示を思い出しますね。展示で見た時は文章があまり無くてビジュアル中心だったので後半のPart5以降が駆け足だったのが、文章になって判りやすくなりました。にしても、セーラー服はトラディショナルな方が可愛くて良いなぁ。
読了日:03月23日 著者:内田静枝



美少女美術史: 人々を惑わせる究極の美 (ちくま学芸文庫)美少女美術史: 人々を惑わせる究極の美 (ちくま学芸文庫)感想
西洋美術史の池上先生が、美少女の描かれた絵画の歴史的変遷と分類を解説していく本、のはずなんですが、半分以上のページに図版があるのでページをめくるたびに、あらかわいい、この子もかわいいと、ちっとも読書が進みません。どうしてくれるw。とにもかくにも、かわいいは正義ですよ(結局内容が頭に入ってない)
読了日:03月24日 著者:池上 英洋,荒井 咲紀



ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年3月号<特製付録付き>[雑誌]ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年3月号<特製付録付き>[雑誌]
読了日:03月25日 著者:



JRガゼット_2021年3月号JRガゼット_2021年3月号
読了日:03月26日 著者:JRガゼット編集部



感染症の日本史 (文春新書)感染症の日本史 (文春新書)感想
古文書を見かけると際限なく追っかける磯田さんだけあって、史料を例示しながらの説明は説得力があります。現在進行形のCOVID-19に対する指摘は同じものが繰り返し出てきますが、元々雑誌に連載していたものを集めたものなので仕方ないかと。あと、最終章は、磯田さんの原点を見るようで、個人的にはここが一番面白かったです。
読了日:03月27日 著者:磯田 道史



鉄道ファン 2020年 01 月号 [雑誌]鉄道ファン 2020年 01 月号 [雑誌]
読了日:03月28日 著者:



鉄道ピクトリアル 2020年 01 月号 [雑誌]鉄道ピクトリアル 2020年 01 月号 [雑誌]
読了日:03月30日 著者:

読書メーター

2月に読んだ本

2月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:3016



鉄道ファン 2020年 11 月号 [雑誌]鉄道ファン 2020年 11 月号 [雑誌]
読了日:02月05日 著者:



鉄道ピクトリアル 2019年 11 月号 [雑誌]鉄道ピクトリアル 2019年 11 月号 [雑誌]
読了日:02月06日 著者:



見えない宇宙の正体 ダークマターの謎に迫る (ブルーバックス)見えない宇宙の正体 ダークマターの謎に迫る (ブルーバックス)感想
ダークマターが一体何物なのかを探究していく様子を書いているのですが、何しろ最先端の科学者が何十年も解答にたどりついてない問題なので、内容も最先端で難しいです。少し勉強してから読み直すともっと面白く読めそうな気がします。
読了日:02月09日 著者:鈴木 洋一郎



新しい太陽系―新書で入門 (新潮新書)新しい太陽系―新書で入門 (新潮新書)感想
部屋の掃除をしていたら発掘されたので読みました。10年以上前の本なので最新の情報は無いものの、渡部先生の語り口もあって判りやすいです。
読了日:02月10日 著者:渡部 潤一



鉄道ジャーナル 2019年 12 月号 [雑誌]鉄道ジャーナル 2019年 12 月号 [雑誌]
読了日:02月16日 著者:



ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年2月号[雑誌]ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年2月号[雑誌]
読了日:02月16日 著者:



動物のお医者さん (3) (花とゆめCOMICS)動物のお医者さん (3) (花とゆめCOMICS)感想
久しぶりに読んでおります。3巻目にして般教から専門に上がって、いよいよ動物のお医者さんらしくなっていきますね。しかし今は漆原教授のような吹っ飛んだ先生も少なくなってるのでしょうねぇ。
読了日:02月17日 著者:佐々木 倫子



JRガゼット_2021年2月号JRガゼット_2021年2月号
読了日:02月18日 著者:JRガゼット編集部



街道をゆく 8 熊野・古座街道・種子島みちほか (朝日文庫)街道をゆく 8 熊野・古座街道・種子島みちほか (朝日文庫)感想
司馬遼太郎さんの1976年頃の旅の記録。まだ彼方此方にロードサイド店だらけになる前の田舎が残っている中を歩いているので、読んでるとNHKの新日本紀行を今見るのと同じような感覚になります。文章的には司馬さんが目的意識なく歩いている時の方が話が発散して面白いです。
読了日:02月19日 著者:司馬 遼太郎



ペルシア帝国 (講談社現代新書)ペルシア帝国 (講談社現代新書)感想
(本書ではペルシャ語表記にこだわって違う表記をしているけど、ここでは判りやすくギリシャ語表記で)アケメネス朝とササン朝ペルシャの通史。最初は慣れないペルシャ語表記に戸惑うものの、ササン朝になると筆者の筆が滑らかすぎて一気に読めてしまいます。宗教的にはゾロアスターのみということは無く、結構込み入っていたのだなと。
読了日:02月22日 著者:青木 健



日本の私鉄 (岩波新書 黄版 158)日本の私鉄 (岩波新書 黄版 158)感想
2020/11に再版されたのを購入。日本での私鉄が始まってからの動きが、人を中心によくまとまってます。1980年ごろにできた本なので仕方ないのですが、ここ30年程の動きが書かれてないのが残念で、良い続編にあたる本が無いでしょうかねぇ。
読了日:02月23日 著者:和久田 康雄



京浜急行沿線アルバム (昭和~平成)京浜急行沿線アルバム (昭和~平成)感想
タイトルの通りアルバム、写真集で、文字は写真を見ればわかることしか書いてないです。この手の昭和30年代の鉄道写真を集めた本が最近増えてますが、新しい奴ほど質が落ちるのは何なんだろう?
読了日:02月25日 著者:山田 亮



鉄道ファン 2019年 12 月号 [雑誌]鉄道ファン 2019年 12 月号 [雑誌]
読了日:02月26日 著者:



鉄道ピクトリアル 2019年 12 月号 [雑誌]鉄道ピクトリアル 2019年 12 月号 [雑誌]
読了日:02月27日 著者:



怖い絵 死と乙女篇 (角川文庫)怖い絵 死と乙女篇 (角川文庫)感想
怖い絵シリーズも3冊目。紹介された作品も多くなったせいか、絵の中に潜む怖さというよりは、絵の描かれた時代や背景を絡めることでその時代が今の価値観から見ると怖いというのを示すようなのが増えてます。とはいえ、中野さんの視点は気づいてなかったものも多いので、勉強になりますです。
読了日:02月28日 著者:中野 京子

読書メーター