月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

廃止前に、関電トンネルトロリーバスに乗ってみた(2018/11/23乗車)

7年ぶりに、立山黒部アルペンルートに行ってきました。

立山黒部アルペンルートは富山県立山町の立山駅から長野県大町市の扇沢駅までを結ぶ山岳路線で、バスやケーブルカー、モノレールを乗り継いで標高2450mまで(登山の格好をしなくても)行くことが出来るのが魅力です*1

そんな乗り物のなかで特徴的なのが、日本でここだけというトロリーバスが2区間で走っていることですが、そのうちの扇沢~黒部ダムの区間が来年度から電気自動車(電気バス)に置き換えられることになりました。
元々ディーゼルバスでは国立公園内の環境保全によろしくないという理由で電気で走るトロリーバスを使用していたのですが、蓄電技術の進歩で蓄電池で走れる距離が伸びたため、トロリーバスではなく電気バスに置き換えることになったようです。

扇沢~黒部ダムの区間がトロリーバスでなくなっても、もう1つの区間(大観峰~室堂)はトロリーバスのままなのですが、こちらは全線トンネル内。なので、日の光の当たる区間を走るトロリーバスは今年で見納めとなるわけです。

なお余談ですが、来年度からの電気バスも、こんな感じでパンタグラフを上げて充電するみたいですね。

(扇沢駅に貼ってあった、電気バスの概要)

ということで、最後のトロリーバスを見に行ってきた、という次第です……(以上前ふりが長い!)。


長野駅からバスに乗ること2時間半、扇沢駅に到着しました。

扇沢駅のロビーにはトロリーバス最後を盛り上げる展示の数々が有りました。



いよいよ乗車です。

トロリーバスなので、集電ポールが目立ちます


ラストイヤーを盛り上げる側面ステッカー。というか、ねこさん可愛い。


いよいよトロリーバスが出発します。
乗って外を眺めると、架線が見えますし、

信号も鉄道風ですし

写真が取れませんでしたが、勾配標も鉄道仕様。
確かにこれは鉄道です。

そういえばトロリーバスはVVVFモーターで動いているとのことで、VVVFのモーター音が聞こえてきます。ですが足元からはゴムタイヤらしい揺れが感じられて……。なんとなく新交通システムに乗ってるかのような感覚を感じました。


以下、トンネル内で見えたものを少し。

まずは破砕帯。異常出水で80mを掘り進めるのに9か月を要した区間です。

今でも水が出ているのですね。

トンネル内にある、長野と富山の県境。

貫通点を示す標識。

トンネルは単線なので、途中ですれ違いがあります。


ということで、13分の乗車で黒部ダム駅に到着です。


せっかくここまで来たので黒部ダムも当然見たのですが、その話はまたいずれ。

*1:公共交通機関で行ける一番高い地点は乗鞍岳畳平の2700mですが、あっちはバスだけなので……

ガンダーラ展@松戸市立博物館(2018/11/17観覧)

松戸市立博物館で、ガンダーラ展を見てきました。
f:id:Lunacat:20181117133830j:plain

ところで、今回会場の松戸市立博物館ですが、東京近郊のコンサート会場としておなじみの「森のホール21」の隣にあります。つまり最寄り駅は新京成の八柱か武蔵野線の新八柱。なんですが松戸駅近くにあると勝手に勘違いして……遠回りしましたわ。小岩から行くのなら西船橋で乗り換えるだけで行けるのにね。松戸駅に行ってしまったために、秋葉原、上野、松戸、東松戸と乗り換えることに……。
展覧会に行くときは、ちゃんと会場の最寄り駅を指差点呼しなければなりません(?)。


さて、ガンダーラ展ですが、今回、松戸市の博物館でガンダーラの展示をすることになった理由が、展示の初めにあった文章に書いてありました。
それによると、

1980年代にガンダーラの美術館を作るつもりで集めていたのだけど、諸般の事情で美術館は作らないことになったので、折あるたびに展示してるんですわ。今年は市制75周年の節目の年なので……

って、をぃ……。


気を取り直して、展示を見ましょうか……。
展示のほうは松戸市のものだけでなく龍谷大学や東京国立博物館からも借りているので、かなりの点数がありました。

前半はガンダーラの仏像をお釈迦様の物語の順に見ていくという趣向。エキゾチックな浮彫が良いですわ。
f:id:Lunacat:20181117134320j:plain
(写真は今回撮影可能だった仏像)

後半では、ガンダーラの寺院を訪ね歩いたり、シルクロードの仏教遺跡を展示したり古代日本の仏教遺物に触れたり。ガンダーラだけに留まらず、そこから日本までの仏教の道も見ていこうという展示になってました。ちょっと散漫な気もしますが、ガンダーラだけで間を持たせようとすると大変ですからね……。


ガンダーラ仏は東京国立博物館の東洋館に行けばいつでも見ることができるものではありますが、これだけの量を見るのは久しぶりで、それが良かったです。にしても、エキゾチックな仏様、格好いいわぁ。

東山魁夷展@国立新美術館(2018/11/18観覧)

国立新美術館で開催されている、東山魁夷展に行ってきました。

この展覧会、開催されたのが10月末だったので12月に入ってから行けばよいと思っていたのですが、10/24~12/03までの開催と短期勝負だったのですね。慌てて優先順位を上げました。
そんな短期間の展覧会であるせいか(行った日曜の)午前中には20分待ちとなっていましたが、午後になると待ち時間は解消していました。とはいえ、会場内は無茶苦茶混んでましたね……。


展示はいくつかの章に分かれていて、描いた場所によって分類されている、ように見せかけて、実際は時代順の展示のようです。
で、東山魁夷の作品は最初から最後までずっと同じように見えるものの、時代順の展示という前提で見ていくと2度ほど変化した点があるように思えました。

1回目は北欧に行った時。北欧の絵から色彩が明るくなるように思えます(それ以前の作品は経年劣化していたという可能性もありますが……)。
また、東山魁夷に特徴的な緑の多彩さも、北欧を境にしているように思えます。

2回目は1970年代。この頃から白馬が登場するようになりますが、実際の景色を描くのではなく、心象風景でも良いのだと考えが変わったのではないでしょうか。
そういえば、描き方というか構図も変化するように思えます。


今回の展示で一番の目玉だったのは、唐招提寺御影堂の障壁画。これを見るのは2005年以来だと思います。
lunacat.yugiri.org
(13年前の月猫さん、口が悪い……)

今回は御影堂の部屋を再現した展示で、ふすまの裏側の絵まで見えるようにしていたのは良かったですね。
といいつつ、ふすまを外して持ってくるのは理解できるのですが、床の間の違い棚のところとか、どうやって外すんで?

障壁画は、鑑真の故郷である中国の景色から、日本に来る途中で見た海までをなぞっているのですが、何処かのようで何処でもない、心象風景の到達点を感じました。


東山魁夷の展覧会は混雑との戦いになりますが、唐招提寺御影堂の障壁画を見る機会は(現在御影堂を修理中なこともあって)そうそう無いと思いますので、展覧会で見ることが出来て良かったと思います。
とは言え、混雑が激しいのよね(特に物販の……)。

10月に見た展覧会

月末の恒例、今月見た展覧会を確認します。
今月見た展覧会は全部で19でした。

  • 2018/10/06図案家たちの足跡(日本郵船歴史博物館)
  • 2018/10/06西湖憧憬(神奈川県立金沢文庫)
  • 2018/10/06小原古邨展(茅ヶ崎市美術館)
  • 2018/10/07江戸から東京へ(日比谷図書文化館)
  • 2018/10/08変化し続ける都市東京(都立中央図書館)
  • 2018/10/08秋の優品展(五島美術館)
  • 2018/10/13京のかたな(京都国立博物館)
  • 2018/10/13華ひらく皇室文化 明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美(京都文化博物館)
  • 2018/10/14ザベストセレクション(名古屋市美術館)
  • 2018/10/14幕末狩野派展(静岡県立美術館)
  • 2018/10/20京都・醍醐寺—真言密教の宇宙—(サントリー美術館)
  • 2018/10/20 カール・ラーション(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)
  • 2018/10/21フェルメール展(上野の森美術館)
  • 2018/10/27鳥瞰図—空から見る大正 昭和の旅—(石神井公園ふるさと文化館)
  • 2018/10/27日本画の挑戦者たち —大観・春草・古径・御舟—(山種美術館)
  • 2018/10/27キリシタン—日本とキリスト教の469年—(國學院大學博物館)
  • 2018/10/27明治維新150年記念 明治日本が見た世界 ~巨大壁画でたどる日本開国史~(聖徳記念絵画館)
  • 2018/10/27没後160年記念 歌川広重(太田記念美術館)
  • 2018/10/27 1968年 激動の時代の芸術(千葉市美術館)

27日に、1日に6箇所を見て回るという暴挙をやった割には数が伸びませんね……。
秋はコンサートが優先なので、どうしてもこうなります。


この中で個人的に良かったと思う20%(4件)を選ぶと、この4つでしょうか。
どれも感想を書いてないので、簡単に振り返っておきます。

  • 2018/10/06小原古邨展(茅ヶ崎市美術館)
    f:id:Lunacat:20181006170129j:plain
    これはちゃんと感想を書きたかったな。版画で動物を細密に表現するのが良くて。危うく全作品を撮影しそうになったので図録を買ってきたという。
  • 2018/10/14ザベストセレクション(名古屋市美術館)
    f:id:Lunacat:20181014102441j:plain
    名古屋市美はメキシコアートっていう他にはない柱があるのが強みですね。と言いつつ、気に入るのはシャガールやキスリングだったり、近代日本画だったりしますが。その辺りに、気にいる作品が多かったです。
  • 2018/10/14幕末狩野派展(静岡県立美術館)
    f:id:Lunacat:20181014144628j:plain
    幕末といっても1800年以降の60年位を対象にした、狩野派の作品を集めた展覧会。60年分なので結構広い範囲の画が並びます。狩野派と言えども日々努力を怠っていたわけではなくて、新しい色や新しい描き方を取り入れていたのが見えました。そりゃ増上寺の五百羅漢図も生まれるわけです。
  • 2018/10/21フェルメール展(上野の森美術館)
    f:id:Lunacat:20181021174737j:plain
    フェルメールで上野の森はキャパオーバーでは?とか、時間指定は機能するのか?など、開始前はいろいろと不安だらけだったフェルメール展ですが、今の所、時間指定制も機能して順調なようです。会場の構成は2階がフェルメール以外、1階がフェルメールという構成でしたが、意外と2階が見所満載でしたね。およーふくの質感フェチなので、衣服や動物の毛皮の質感の判る画が多かったのがお得でした。あと細かく書き込まれた絵も多くて、まさに美は細部に宿る、ですよ。

土曜日に見た展覧会

10月27日に見た展覧会について、まとめて感想を書いておきます。

鳥瞰図—空から見る大正 昭和の旅—@石神井公園 ふるさと文化館

西武池袋線の石神井公園駅から徒歩15分ほど、石神井池のほとりに「石神井公園ふるさと文化館」はあります。こんな名前ですけど実態は練馬区立歴史博物館。常設展示にも力が入ってます。
www.neribun.or.jp

ここで展示されていたのは鳥瞰図、というか、戦前の吉田初三郎的絵地図の世界です。
f:id:Lunacat:20181027110105j:plain
これ、とりあえず吉田初三郎好きな方は行っておいて損はないかと。全部で90点ほどの展示作品のうち、吉田初三郎やその周辺の描いた絵地図が80枚くらい有りまして。単眼鏡を忘れたのが失敗でしたわ。
練馬区の施設だからと言って練馬区に限ることなく全国の地図が出ていたので*1、ブラタモリでの説明を思い出しながら見るのが楽しいかと。

日本画の挑戦者たち—大観・春草・古径・御舟—@山種美術館

山種美術館の展覧会については、先日駄文に書きましたので、省略します。
lunacat.yugiri.org

キリシタン—日本とキリスト教の469年—@國學院大學博物館

國學院大學博物館、山種美術館から徒歩5分だというのに、今回初めて来ましたわ……。
f:id:Lunacat:20181027133113j:plain
今回のここでの展示はキリシタンについて。キリスト教が入ってきたところから鎖国禁教、明治の再発見まで、網羅的、でしたね。東博でのキリシタン美術特別展示に居なくて不思議に思っていた親指のマリアは、こちらに来てました。

明治日本が見た世界@聖徳記念絵画館

明治神宮外苑の聖徳記念絵画館、外観はよく見かけますが、入ったのは初めてです。
f:id:Lunacat:20181027144448j:plain
今回の展示は、タイトルはついているし立派なパンフレットも合ったので勘違いしてましたが、特別展示というわけではなくて空いてるスペースに置いてある資料が普段と少し違うだけ、だったようです。とはいえ、その資料の中に児島虎次郎に触れていたのは大原美術館ファンとして少し嬉しい。
にしても、展示されている絵は素晴らしいですね。昭和初期という時期に、画家の上位にいた人々の作品を一度に見られるという意味で、良いタイムカプセルだと思いました。

没後160年記念 歌川広重@浮世絵 太田記念美術館

太田記念美術館は歌川広重の展覧会。広重は、混みますね。広重と言えば東海道五十三次等の風景画ですが、それ以外のジャンルも充実していて。広重の戯画なんてめったに見ないので、そっちの方が面白かったです。あと、国貞、国芳との合作なんかもあって、これもめったに見ない作品です。
f:id:Lunacat:20181027163145j:plain

1968年 激動の時代の芸術@千葉市美術館

土曜日は夜間開館だからと、19時前になって千葉市美術館に到着しました。
f:id:Lunacat:20181027184919j:plain
ここでの展覧会は1968年の美術シーンを振り返るもの。なのですが、この頃の暴力的なサイケデリックって、余り得意じゃないのよね。にしてもいつも思うのは、ここから現代へは繋がりが何となく判るのだけど(そもそも体験してるし)、50年代との繋がりが逆に判らないなと……


結局、6箇所の美術館を回って23000歩ほど歩いたのですが、体力が持ちませんね。
体力を考えると、1日3件くらいに抑えたいところではあるのですが……。

*1:解説では、豊島園や石神井公園という練馬区の施設に大目に触れてましたが