月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

練馬区立美術館「収蔵作品による 小林清親展【増補】-サプリメント-」

1月30日。この日はジュンク堂で本を見ようかと池袋に行っていたのですが、twitterを見ていると練馬で小林清親の展覧会をやっているという情報が。
ということで、急遽、西武線に乗って練馬区立美術館にやってきました。
f:id:Lunacat:20220208205757j:plain
(練馬大根なお馬さん、かわいい)

看板を見ると去年の11月からやってた展覧会だったのですね。我ながら情報収集力が落ちてますなぁ。


今回の展示は2階(受付のある階)の小さい展示室の1室での開催で、展示されている作品も50点ほどと小規模なものでした。
ですが、版画の作品には元となったしたえをあわせて展示してあったり、肉筆画も何点も展示されていたり、狭い展示室でも工夫した展示になっていました。

以前にあった小林清親の展覧会でも感じましたが、光線画の画家として有名な小林清親ですが、描いている作品は光線画以外の戦争画や日常の絵も多いのですな。
そんなことも見えて来る、小規模でも良い展覧会でした。