月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

根津美術館初訪問

今年の10月に新装オープンになった根津美術館.現在開館記念の特別展をやっていますが,その第1部が8日までなので,今日慌てて行ってきました.


その新しい根津美術館,展示室が6つに分かれていて,1つめの部屋が企画展示会場.今回は「国宝那智瀧図と自然の造形」と題して,色々と自然に関連した掛け軸とか屏風とかがありました.その中でも気になったのは……


牡丹猫図:牡丹の花の下に猫が1匹,というだけの絵ですが,猫の目が飛び出しているのが可愛いです.しかも,猫の視線の先には蝶が舞っていて…….やっぱり猫は猫です.

四季花鳥図屏風:花鳥図というよりも鳥鳥図.たくさんの水鳥が羽を休める湖畔の風景といったところ.

桜花麝香猫図屏風:あちらこちらから「犬?」と疑われる麝香猫さん.確かに犬にしか見えません.


とまぁ,25点ほど作品があったようですが,牡丹猫図に全て持って行かれましたです,はい(^^;;).


さて,根津美術館の見所は展示される作品だけではなく,その下に広がる庭園も良いのです.ということで牡丹猫を頭に描きながら庭園へ出てみます.


まだ紅葉には早いものの,所々色づいていました.園内には紅葉の木が多かったので,23日の連休の頃にはキットいい色になっているのではないでしょうか.
ということで,開館記念特別展の第2部に行くことは決定のようです…….