月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

原三渓と美術展

横浜の三渓園で開かれた,原三渓と美術展に行ってきました.


私は横浜出身なんですが,三渓園に行くのは記憶にない昔にはあったと思うけど,行った記憶が全くないという三渓園.地元民として困ったもんです.そんなわけで,原三渓という人が美術愛好家だなんて知ったのも去年くらいかしら?.本当に私は横浜出身なんでしょうか?(^^;;).


今回の展覧会は,死後に散逸した原三渓の収集した美術品を集めて展示しようという,いわば里帰り展.何で作品の方向は揃っているような揃ってないような…….
前半は仏画と書跡と茶碗などで,この辺りは鑑賞の壺が判ってないので省略します(をぃっ)

後半は江戸時代の絵画.狩野永徳琳派や宮本武蔵と,ある意味何でもありです.
特に気に入ったのは円山応挙の「中寿老左右鴛鴦鴨」.右にオシドリ,左に鴨.何とも冬という感じでよろしいです.

こちらは三渓園の池にいた鴨さん.何か知らんが,一羽だけ,じっと動かん奴が居たんですわ(^^;;).


と,折角の晩秋なのに全く紅葉が見られない状況に疲れていたのか,まともに鑑賞してないですねぇ,私……