読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

松田聖子コンサート@さいたまスーパーアリーナ

えっと、日曜日にあった松田聖子さんのコンサートツアー初日に行ってきたのですが、本当は感想を書くのはもう少し先にするつもりだったんですよね。ほら、だってまだコンサートツアーは1ヶ月以上続きますし、ネタバレと思われても嫌なので。ですが、日曜の17時半(ちょうどコンサートが終わった時間だ)から、「松田聖子 2013 コンサート」みたいな検索ワードで来る方がとても多くて……。この方々に去年や一昨年の記事を見せるのも忍びないと思いますので、取り急ぎ、ネタバレにならない程度に感想を書いてみたいと思う次第です*1


ということで松田聖子さん、コンサートの初日は決まってさいたまスーパーアリーナです。
f:id:Lunacat:20130609142123j:plain
毎度のとおり、400レベルは天井を下げてカット、300レベルにも客を入れず、ですが、アリーナは結構ぎっちり人を入れているので、これでも10000人くらいは入場しているんじゃないでしょうか。10000人集めるのって、結構大変ですからね。


さてコンサートの方は、「A Girl in the Wonder Land」ツアーなので基本がアリス。オープニングからレーザーを飛ばしてウサギさんを描いたり、華やかです。そしてセットもアリスをイメージ、聖子さんの衣装もアリスですな。うむ、かわゆきかな。

その後、衣装替えを2回挟みつつも7曲を一気に歌ってやっとMCへ。もう少し客席に近い所へ、と言いながらアコースティックコーナーの準備を開始します。この辺り、去年と流れが一緒です。


このアコースティックコーナーがバンドメンパートの漫談コーナーでして、まず最初の曲の前には

聖子:小倉さん、今年もまたアコースティックで
小倉:聖子さんの位置は変わらず、僕らが前に来ただけですが
聖子:普段の立ち位置に椅子を置いているので少し近い。近いから暑いわよ−。汗が……

という会話に反応してうちわでステージを扇ぎだす前方の客全員(笑)。
いや、さすがSS席というか、統率取れてるなと思ったり。

で、2曲めの前の時は、「ちょっとちょっと、今弾きそうになった?この曲、出だしが怖いんです。」と野崎さんに文句をいったり。

3曲めの前の時は、「次に歌う曲は、二十歳の時の曲なんですが、31年経ってしまいました。私51歳」とか言い出しますし。いや、そのお歳には見えませんからっ。
ちなみに、3曲めの中でバンドメンバーの紹介をしていました。


アコースティックコーナーは3曲でおしまい、なのですが、片付けようとするとアンコールのコールが去年同様入ります。もう一度すみません、ということで、バンドメンバーがアコースティックのセットのところに戻ります。
ここでの聖子さんと小倉さんの掛け合いは何故かニューアルバムの宣伝コーナーに(笑)。会場でニューアルバムを買うと先着でサイン入りのクリアファイルがもらえます、と言いながらその場でクリアファイルにサインをする聖子さん。なんでそこにサインペンまであるんでしょうか……。
ちなみに今回のアルバムは「一人の少女が人生を旅をする」というコンセプトだそうです。

ということでアンコール曲ですが「アンコールならこれだろうと練習して来ました!」という曲は……
えっと、ここからは去年のリクエストコーナーのアンコールが再生されたと思ってください(汗)。途中のメンバー紹介まで再現しているの(笑)。聖子さん、結構こういう所で笑いを取りに来ます。
ちなみに、来年は違う曲をやるようにしますとのことなので、期待しましょう(?)


アンコール明けのMCでは、娘(神田沙也加さんですな)が10月1日に27になりますとのことで、「(自分のデビューから)34年も判るよね」と。その34年の中で転機になった曲ということで、次の曲に続きます。こんな難しい曲を私が歌うの?と最初は思ったんだとか。


ほいで、ダンサーさんの紹介とパフォーマンスのあとはいよいよ後半戦で代表曲をメドレーで。毎度ながら聖子さん、身のこなしが軽いよなぁと。

それから最後はアンコールですが、アンコールの曲中に花火の仕掛けが上がったときは聖子さんかなり驚いていましたね。


ということで、曲名を書かずに感想を書くのって、難しいわぁ……(滝汗)


おまけ:ロビーにあったお花。沢山来ているわけではないですが、どれも超ビックネームなのが流石でございます。
f:id:Lunacat:20130609172429j:plain

*1:と、ここまで書いて、そういえば去年も同じような言い訳をしながら感想を書いたなと思いだしたり