月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

藝「大」コレクション(第1期)@東京藝術大学美術館

上野の芸大美術館で、コレクション展をやっていたので行ってみました。
f:id:Lunacat:20170722143026j:plain:w400

芸大のコレクション展は毎年春にやっているのですが今年はこの時期に。その代わりというわけではないでしょうが、『藝「大」コレクション』とめいうって拡大バージョンでお送りするようです。


ということで展示室に入ってみましょう。
フロアは地下2階と地上3階に分かれているのですが、順路で最初に案内される地下の方は、いつもの名品展といった感じです。

小倉遊亀「径」
展示室に入って最初に目に入る作品。そういう意味ではこの展覧会のファーストインプレッションを決める作品です。
これはね、単純に親子が歩いているだけに見えますけど、子供が一生懸命付いていってる感じと、それを後ろから鼻で押すように見える犬が良いのよね。
若杉五十八「鷹匠図」
江戸時代に描かれた洋風画。そういえば国芳にもこんな感じなのがあるから、ヨーロッパから来た本の挿絵を元に描いたんでしょうかね。「鷹匠図」といいますが、鷹は……青い置物というかチェスの駒のようなやつですか?
橋本関雪「玄猿」
猿がリアルなのと、枝はほんの少しデフォルメで。その差の分、猿に視線が行くようにしている感じです。
菱田春草「水鏡」
春草さん、好きだわ~。もうね、この人が長生きしてたら大観なんか絵の下手なオジサンどまりだったのにって思うのですが(ひどい)。
この絵はばっちり輪郭線があるのですが、朦朧体とか輪郭線とかは枝葉で、絵の中にある詩情のようなものに惹かれる気がします。
狩野芳崖「悲母観音」
これも芸大と言えばの作品ですね。衣の流れるようなラインが観音さまに合っている気がするのです。

続けて3階の展示室へ。こっちは展示室に入って最初に出迎えるのは高橋由一の「鮭」。しかも「教科書で見たことある?」みたいな煽りつきで。
なんか最近、由一の「鮭」は教科書で見たことのある絵、として紹介されることが多いような。

それはともかく、このフロアでは卒業制作や、卒業時に描いた自画像などが展示されていました。

山口蓬春「晩秋(深草)・雨霽(伏見)」(洛南之巻六題の内1巻)
この頃の鄙びた京都を柔らかく描く、蓬春さんの卒業制作です。それにしても、六題だというのに二題分しか買い上げない大学もせこいですな。
今和次郎「工芸各種図案」
おっと、こんな人も藝大出身。図案化というので、今風にいえばデザイン学科出身ということのようです。

卒業時に描いた自画像は、いま活躍する現代作家のものを多数展示してました。
会田誠、山口晃の自画像は、如何にもあーたらしーわと言いたくなるものでしたし、松井冬子や橋爪彩も、その人のスターを感じるような絵でした。
唯一の例外は村上隆でしょうか。珍しく、普通の自画像ですな……。



ま、そんな訳で毎年やっているコレクション展と比較してどれほど「大」だったかというと微妙な気もするのですが、卒業制作のような普段見ないものを見られたのが良かったです。

子の展覧会、8月6日までが前期、8月11日から9月10日が後期ということですので、また後期に見に来ようと思います。

綱島駅に行ってみた

目黒の東京都写真美術館から次の目的地の鶴見に行くのに、綱島で降りてそこからバス、というルートを通ってみました。

ということで、綱島駅です。
f:id:Lunacat:20170701154845j:plain:w600
綱島駅で降りるのは初めてですが、今はやりの白い帆の天井が目立ちますね。
(軽量化と採光に効果があるので、近年採用例が増えています)

とはいえ、ホームのつくりなどは30年ほど前に良く東横線に乗っていた頃と、そんなに変わってない気がします。


改札口を出まして。くし型のバスターミナルって、マジか。
f:id:Lunacat:20170701155909j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170701155519j:plain:w600


とはいえ、バスターミナルだけでは足りないのか、東急バスと臨港バスの仲が悪いのか、臨港バスの鶴見行きだけは少し離れたところにバス停が。
って、ここもバックして入る構造なのか。
f:id:Lunacat:20170701155938j:plain:w600


駅前の土地が狭いのにバスターミナルも狭くて、しかも串型ターミナルだとバスが路上にいる時間が長くなるので、渋滞を引き起こしやすい駅前だなぁと。
このあたりは、新綱島駅が近くにできて、土地区画整備事業が完了すると解消されるんでしょうかねぇ。

東京都写真美術館で見た3つの展覧会

東京都写真美術館で見た3つの展覧会について、感想を書いておきます。
とりあえず見た順と言うか、下の階から順番に。


まずは地下1階の世界報道写真展。去年撮影された世界中の報道写真のベスト3を様々な部門に分けて発表するものです。
今年は例年以上に血が流れて、落ち着ける写真が少なかった印象で、戦闘地域というか憎悪のぶつかり合う地域が拡大しているのがそんなところにも現れているような。


そして2階で開かれていた「ダヤニータ・シン」。
インドの写真家の展覧会ですが、インドってやはり複雑だなと。そりゃ10億も人がいて単純だったら怖いのですが。
あと、移動式美術館のセット(屏風型の枠に、たくさん写真をはめ込んで展示できる)で写真を見るとちょっと印象が変わります


最後に3階では、コレクション展。「平成をスクロールする」という年間タイトルで行われる第1弾です。
年間で3期に分けてやるのでスタンプラリーなどやってるのですが、その説明で入口が混雑するのはちょっとなぁ。

それはともかく、松江泰治さんの空撮の写真が個人的には好みだったかと


地下1階の激しさに対して、2階と3階は静けさが支配しているような感じで、3つまとめてみると振り幅を感じますね。
まぁ、同じ場所だからと纏めてみてしまうのが、そもそも良くないのかも……とはいえ、同じ場所の展覧会は纏めて見ますよ、ね?


おまけ:建物の写真も、展覧会ポスターの写真も撮り忘れたので、写真美術館に行く途中にあった花壇の写真などを……
f:id:Lunacat:20170701133509j:plain:w600

原宿駅改良工事(2017/07/01時点)

太田記念美術館に寄った帰りに、原宿駅の改良工事を見物してきました。


原宿駅では混雑緩和のため、現在1面2線の島式ホームとなっている構造を改良し、正月にのみ使用する臨時ホームを常設化して2面2線とスル改良工事を行っています。

駅改良の工事計画について | 2016年6月8日 | JR東日本

[>https://www.jreast.co.jp/press/2016/20160605.pdf]


まずは工事の全景です。クレーンのある辺りに新しい駅舎が出来るとおもわれます。まだ、基礎の段階のようですね。
f:id:Lunacat:20170701131257j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170701131321j:plain:w600


続いて、駅構内の高架橋から。法面の上の方は、駅舎と階段をつなぐ通路やトイレを作る予定です。
f:id:Lunacat:20170701131903j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170701131914j:plain:w600
本格的な工事を行う前に、架線柱などを整理しているようですね。


今のホームの上からも見てみました。ホームそのものの工事は手をつけてないようにも見えます。来年の初詣の後に工事着手なのかしら
f:id:Lunacat:20170701131942j:plain:w600


原宿駅の工事は工事用地が狭いのと、正月の初詣客を捌かないといけないのとで、簡単な構造の駅としては結構スケジュールの難しい工事になりそうですね。


(おまけ)通過する湘南新宿ラインと並ぶところもついでに撮影したりして。
f:id:Lunacat:20170701131623j:plain:w600

大江戸クルージング@太田記念美術館

太田記念美術館で「大江戸クルージング」という展覧会を見てきました。
f:id:Lunacat:20170701122432j:plain:w600

江戸の水辺というか川をテーマに浮世絵をセレクトした展覧会で、日本橋、京橋、佃島、隅田川に出て両国から千住までと本当にクルージングするような展示順序が良いですし、更には浮世絵に描かれた場所の現在の様子を学芸員さんが撮影したものが傍らにあるのも面白いです(だいぶ川は埋めて高速道路になってますなぁ……)


展示されている作品は歌川広重の「名所江戸百景」が中心なのですが、発色もいいですし構図もいいですし、ちょっと買い揃えたくなりますね
(って、それは無理なので、書籍で買うのが限界かしら?)