読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

日帰り名古屋美術館巡検

展覧会記録 弾丸旅行記

今年は年明け早々、冬の青春18きっぷを持って何度か旅に出たのですが実はその後は東京神奈川千葉埼玉をうろうろするだけの生活で……。そろそろ新幹線に乗ってどこか行くべきよねと考えていたところ、名古屋に2月26日で終わる展覧会が幾つかあるのに気づいて、唐突に出かけてきたのでした。


ということで、出発は東京駅の新幹線から。

旅に出ようと決めたのが当日朝、起きてからだったので、いつもの8時20分発ではなく、遅い時間の出発です。

富士山はちょっと今一つでしたね。


そして11時半前には名古屋駅に到着しまして。ちょっと名古屋は寒かった(東京と比べての話)。

で、まず最初に向かったのはヤマザキマザック美術館。ここで「森のDNA」という展覧会を見ます。

この展覧会は、森をテーマにした現代アートと、所蔵するガラスや家具を絡めた展示構成。確かにいつもコレクション展だと先細りにですから、こういう冒険は良いですね。
と言いつつ現代作品のほうはピンとくる作品が少なかったのですが、ガレのガラスをたんまり撮影できたのが良かったですわ。


次に向かったのは名古屋市美術館。こちらでは永青文庫の展覧会です。

今回の永青文庫の特別展は近代日本画白隠・仙厓に絞っていたのが特徴で、絞った分、近代日本画をたくさん見ることができて非常にお得でした。
とにもかくにも春草の黒猫さんは素敵です。

それから、大観は人物を描かなければいい作品だなと感じるものが多かったです……(一体大観は何を描けばうまいと評価されるのか、自分でも良く判らなくなってきた)。


3か所目は、名古屋ボストン美術館で吉田博の展覧会です。

今回の展覧会は下のフロアは締め切って上のフロアだけで展示するという変則編成で、フロア面積的になんとなくデパートの企画展を見ているような気分でした。久しぶりに吉田博をまとめてみましたが、やはり個人的には川瀬巴水のほうが好きですな。
とはいえ、96回も摺りを重ねるとか、ちょっと何考えてるのか良く判らない凝り性の部分は伝わってきた気がします……。


と、ここまで3か所の展覧会を巡って目的の美術館には全部言ってしまったのですが、時間はまだ15時。帰るには早すぎます。
手元にはドニチエコきっぷ(土日限定の名古屋市交通局1日乗車券)があるので地下鉄なら無料ですし……ということで……

初めての名古屋港水族館へ。これが楽しかった。

シャチさんだの、ペンギンさんだの、エイさんだの、気づいたら閉館間際までいて100枚ほど撮影してましたわ。写真はまた、別の機会に駄文で紹介したいと思います。


と、ここまでやっても17時過ぎ。もう少し遊ぼうかと名鉄に乗ってみましたが、乗ったとたんに日が暮れてしまいまして……。

結局名鉄で岐阜まで往復しただけで東京に戻ってきたのでした……。



ところで今日は先ほども書いたとおり、名古屋市内の移動にドニチエコきっぷを使ったのですが、この600円のきっぷで地下鉄に5回乗った上に、

の計600円引きという……。

謎の割引率だわ……

11日の横浜巡検記録(愛された金沢八景@金沢文庫、篠山紀信・写真力@横浜美術館)

展覧会記録

これを書いているのは2月20日ですが、11日のお話です。


この日はまず、京急金沢文庫駅まで出て、そこから徒歩15分の神奈川県立金沢文庫へ。「愛された金沢八景」というタイトルの展覧会を見ます。
f:id:Lunacat:20170211131629j:plain:w600

この展覧会は、横浜市金沢区に住んでいた故・楠山永雄さんコレクションを展示しているのですが、この方は地元に密着した収集をしているため、金沢八景を描いた浮世絵から京浜急行のパンフレットまでと広範な範囲をカバーしてました。面積的には6割が浮世絵と歴史資料、4割が京急という感じでしょうか。結構京急の分量が多いです。

個人的には、京急の記念乗車券が展示されていたのがツボで。過去に買った記憶のあるものも沢山ありました。あの乗車券、今どこに置いてあったかなぁ……(掃除しろ)。


神奈川県立金沢文庫を出て、隣の称名寺で少しシャッターを押して。買ったばかりのカメラなので、試運転も兼ねてます。
f:id:Lunacat:20170211134745j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170211135042j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170211135505j:plain:w600
f:id:Lunacat:20170211140234j:plain:w600
蝋梅に梅に寒桜と、春も進んできましたな。


その後、金沢シーサイドラインに乗って
f:id:Lunacat:20170211141659j:plain:w600

新杉田経由根岸駅へ。そして、横浜市電保存館に向かいます。
f:id:Lunacat:20170211153815j:plain:w600

横浜市電保存館は、記憶をさかのぼっても今まで来たことが無い様子で。親元からバスに乗れば乗り換えなしで着く場所なので、妙な話です。
もしかしたら小学校の社会科見学とかで来てるかもしれません(なんですが、ちょうど小学校高学年の時に改築工事で一時休館しているので、本当に来たことが無い可能性もあります)。

ここは中々楽しかったので、別の日に詳しく駄文で紹介したいと思います。


市電保存館の次は、再びJR根岸線に乗って桜木町に向かって横浜美術館へ。
f:id:Lunacat:20170211163109j:plain:w600

やっていた特別展は「篠山紀信 写真力」というもの。過去に宮城県美術館でも見ているし、有名人のポートレートったって有名人もポートレートも興味がありません状態な私なので15分ほどで通り過ぎてしまいまして……(といいつつ、吉永小百合さんは良いぞ)。
人物の写真を大きく伸ばしての展示は、好きな人には迫力があって良いのでしょうが、私としては大きく引き伸ばしたために発生している継ぎ目が剝れだしているのが気になったりしてですな……。

それよりもコレクション展のほう、こちらも特別展に合わせて写真だらけだったのですが、こちらの方が見ていて楽しかったです。前半は日本の近現代を切り取った写真を集めていましたが、引き延ばさなくても迫力を感じますね。
とはいえ、せっかく横浜なんだから、もう少し横浜で撮影した写真が多くても、とは思いましたが。


と、横浜美術館を出たところで18時前、タイムアップ。
この後は何故か横浜市営地下鉄に適当に乗ったりしてから帰ったのでした。
f:id:Lunacat:20170211195828j:plain:w600
(おや、こんなところに「はまりん」が)

東京駅北口通路工事を見る

都市と鉄道、公共交通

先日TwitterのTLを見ていたら、「東京駅のホームから北口通路につながる階段の位置が変わった」というtweetを見かけました。
東京駅の北口通路は以前から通路幅の拡幅工事をしていたのですが、進展があったようです。早速見物に行ってきました。


ということで、東京駅の9・10番線に着きました。ホームには、ちょうど湘南ライナーが。
f:id:Lunacat:20170210200005j:plain:w600
一瞬目的を忘れて乗りそうになりますが、ボックスシートにお金を出す気にはなれないので、未遂で終わりました。


本来の目的に戻って。まずは今まで使われていた階段のほう。しっかりと蓋をしてありますね。
f:id:Lunacat:20170210200016j:plain:w600

そして新しくできた階段はというと……
f:id:Lunacat:20170210200052j:plain:w600
一人幅のエスカレーターが3機という構成。これ良いですね。
普通の二人幅のエスカレーターだと片側を勝手に開けられて実質一人幅になってしまうことを考えると、こちらのほうが土地の有効活用になってしまうという。

そんな一人幅のエスカレーターを降りて
f:id:Lunacat:20170210200105j:plain:w400

北口通路に降りてきました。
f:id:Lunacat:20170210200223j:plain:w600

今まで、7~10番線の列車ホームの部分は通路の高さが新幹線コンコースに合わせた高い位置となってましたが、今回の工事で3~6番線部分の通路や丸の内改札口と同じ高さに揃えられました。もともと東京駅は天井が低めなので、これで案内表示などを天井から吊るのもやりやすくなりそうですね。



東京駅の工事はまだまだ続きますが、8月にいったん完成のようです。その時にはまた、確認してみようと思います。
f:id:Lunacat:20170210200156j:plain:w400

市川塩浜駅

都市と鉄道、公共交通

海浜幕張から小岩に戻るのに普段なら南船橋京葉線から武蔵野線に乗り換えるのですが、ほんの気まぐれで市川塩浜で乗り換えてみました。
ついでなので、市川塩浜駅で降りてみたりして。

f:id:Lunacat:20170208200510j:plain:w600

市川塩浜駅は20年ほど前に徒歩20分ほどのところに住んでいるときに使ってまして、その時も閑散としていたのですが、それから20年がたっても自動改札が3レーンしかないなど、当時とあまり変わらない様子です。とはいえ、乗客数は年々増えてるらしいのですが……

堀江由衣FCイベント「黒ネコ集会」@中野サンプラザ

堀江由衣

昨日の駄文で土日続けてコンサート、というようなことを書きましたが、日曜日は堀江由衣さんのFCイベントに行ったのでした。
f:id:Lunacat:20170205165629j:plain:w600

会場は中野サンプラザ中野サンプラザに来たのは2年ぶりくらいでしょうか。前回来たときは神楽坂ゆかさんという方がまだおりまして*1、その方のコンサートに来たのでした。


FCイベントのほうですが、あくまで声優さんのイベントですから音楽がなくても問題はないはずなのです。なのですが……
とりあえずセットリストを書いてみましょうか。

01.ラララ愛の歌
02.LOVE ME DO
03.Love Countdown
04.A Girl in Love
05.見つめられたら
06.半永久的に愛してよ
(ほっちゃん失恋大喜利)
07.Angel 恋をした
08.愛のカタチ
09.恋する天気図
10.恋ごころ
(YUI4)
11.Sweet Baby Love
12.ALL MY LOVE
13.着心地の悪い恋なんて
14.Baby, I love you
15.世界中の愛を言葉にして
(時間つなぎのほっちゃんインタビュー)
16.True truly Love
17.CHILDISH LOVE WORLD
18.Love Destiny
19.Happy love to you

えっと、19曲って普通にライブじゃないですか。

今回の選曲はバレンタインにちなんで、曲名に「愛、恋、Love」のつくものを多分全曲やってみようというもの。堀江さんのコンサートはコンサート中にバトルがあったりするので、実は恋の歌を歌うことが少なかったりします。
だから、「見つめられたら」とか「恋ごころ」が来た時はとんでもなく喜びましたわ。いや、長年ファンをやってた甲斐がありました。
その他にも「Sweet Baby Love」「着心地の悪い恋なんて」といった初期すぎてまず歌うことのない曲が来たり。年寄りであればあるほど楽しめるコンサートであったかなと*2


歌以外のバラエティーコーナー(って司会のクマスターが言ってた)は、「ほっちゃん失恋大喜利」は堀江さんに告白されたのにそれを振るときの振り方を面白くやれというもの。いや、堀江さんを振るなんてできんでしょ、普通……と思ってたら、結構「(堀江さんの気持ちが)重すぎる」という回答が多かったそうで……。そうなの?
それから堀江さんも言ってましたが、女性のほうが面白いというか吹っ飛んだ回答が多かったですね。まさかそこで謎かけをやるとは……。

「YUI4」はいつも通り誰も当選者がいなくて……。数字を4つあてるという要するにビンゴでしかないものにしても誰も当選しないとか、ある意味すごいですわ。

時間つなぎでやっていた「ほっちゃんインタビュー」は、バレンタインに関係する質問に回答してました。本命に送るチョコレートは4粒で3000円のとか、妙にリアルなのがいつも通りだなぁと。


そんな感じで、まるでコンサートのようなFCライブ、賞味3時間弱で完了しました。ここ8か月くらい、声優さんの歌を聴く機会が余りなかったので、この構成はお得でした。しかもお年寄りにやさしい、新旧取り混ぜたラインナップなのも良かったですわ。


で、次回の黒ネコ集会がすでに発表になってまして……。次回は夏に開催だそうです。若干小さい会場なので、2回まわしになってくれるとよいのですが……。スタンディングは避けたいところです……(まぁ、ファンの年齢というか体にガタが来ていることは認識されているようなので、心配しなくてもよいとは思いますが)

*1:そういう縁起でもないことを言わない

*2:まぁそんな感じで年齢層が上がるから、「みなさんが元気ならそれでいいです。肩が上がんなくても。腰が痛くても」なんてほっちゃんに労わられてしまうのですが

谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分@渋谷区総合文化センター大和田

谷山浩子

1月はコンサートに行くことのなかった月猫さんですが、2月に入って4日5日と連続してコンサートに行ったのでした。

まずは4日に行われた谷山浩子さんのコンサートです。
f:id:Lunacat:20170204171928j:plain:w400

コンサートの内容はタイトルの通りで、

  • 谷山浩子さんひとりだけで
  • 全曲オールリクエストで
  • 180分間やる

というもの。去年に引き続き2回目です。場所が渋谷駅近くの渋谷区総合文化センター大和田なのも去年と同じです。

(ちなみに前回)
lunacat.yugiri.org



ひとまず、今回のセットリストを上げてみます。

01. カイの迷宮
02. 人形の家
03. ここは春の国
04. 催眠レインコート
05. 真夜中の太陽
06. テングサの歌
07. すみれの谷
08. しまうま
09. 街
10. トライアングル
11. 裸足のきみを僕が知ってる
12. エッグムーン
13. DESERT MOON
14. テルーの唄
15. 約束
16. ピヨの恩返し
17. ドッペル玄関
18. お早ようございますの帽子屋さん
19. LUCKY DRAGON
20. 草の上
21. 風を追いかけて
22. キャンディーヌ
23. 無限マトリョーシカ
24. 闇に走れば
25. Miracle
26. ヤマハ発動機社歌
En. ねこの森には帰れない
wEn.窓

去年の時は驚きの白さでしたけど、今年は最初から「カイの迷宮」「人形の家」と重かったり黒かったり。その後も、白かったり黒かったり提供曲だったり代表曲だったり久しぶりの曲だったりと、いい感じでシャッフルされてました。
やってることはと言えば、3人の方を選んで、リクエストを貰って、それを貰った順に演奏する、というだけなんですけど、程よいブレンドなのが素晴らしいですわ。

特に秀逸なのがラスト3曲で

  • 本編最後の26曲目は「ヤマハ発動機社歌」で今までを全てぶち壊して
  • アンコールはお口直しで代表曲の「ねこの森には帰れない
  • そして最後のダブルアンコールでは、シングルの代表曲「窓」でしっとり締める

と、リクエストを選んだ人が空気を読んだのかと思う綺麗なつながりでした*1


そう、シングルといえば、4月26日に過去に出したシングルを集めたアルバムが出るそうですよ。

全50曲(カラオケを除くと47曲)、うち3曲は初CD化というのに、たったの3500円(税別)だそうで、なんか太っ腹だぞ?。
1曲80円ですからiTunesで販売するよりもCDの方が安くなる価格設定ということで……。みなさんCDで買いましょう買いましょう。

*1:いや、最後の「窓」は浩子さんから歌詞カードをランダムに引いたら出てきたので、空気じゃないです

広がり続けるICOCAワールド

都市と鉄道、公共交通

1月31日のことですが、北陸方面でICOCAの使える範囲が広がるニュースがありました。

www.westjr.co.jp
www.westjr.co.jp
ICカード乗車券「ICOCA」サービス開始のお知らせ | IRいしかわ鉄道株式会社
ainokaze.co.jp

ここで発表されているニュースは

というものです。

石川県や富山県については、元々北陸新幹線並行在来線の議論で、富山以東だけを経営分離する案も検討されていたそうですので*1、乗客が多くICカードが充分ペイすると見たのでしょうね。
f:id:Lunacat:20150316134524j:plain:w600
(私が乗ったときも、あいの風とやま鉄道はかなりの混雑でした)

ちなみにICOCAと書いてますが交通系ICカード相互利用の対象ですのでSuicaTOICAnimocaなんかも使えます。モバイルSuicaであれば北陸新幹線も使えますので、横浜から富山or新高岡経由高岡までモバイルSuicaだけで移動する、なんてことも可能ですね。


ところで気になるのは平成30年に予定されている福井県でのICOCA対応ですが、対応区間は近畿圏と石川県のICOCAエリアに接しているんですよね。となると気になるのは、近畿圏や石川県内から福井県ICOCAエリアに直通できるか、ですが、多分出来るようになるのではないかと思っています。
そう考える根拠が紀勢線の事例。
www.westjr.co.jp
www.westjr.co.jp
紀勢線では特急停車駅をICOCA対応にして、更に特急券チケットレスサービスを開始しました。多分、これと同じようにサンダーバードでもチケットレスサービスをやるんじゃないかなと思うのですが……。

東京では中々進展しないチケットレス特急券ですが*2サンダーバードチケットレス特急券に対応したら、間違いなく使っちゃうでしょうね、私。

*1:そりゃ不公平だろと新潟あたりから横やりがあったとか

*2:利用にキャリアメールが必要なせいで、私のような鉄道好きですら利用したことがない程度にははやってないと思います