読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

留萌本線(留萌以遠)が廃止されましたが……

都市と鉄道、公共交通 天文気象地理地質

f:id:Lunacat:20161208193748j:plain
国土地理院さんも仕事が早い、と思う、廃止翌日の朝7時50分……


ついでに言うと、当のJR北海道さんも、ちゃんと留萌以遠を削除した地図に置き換えてましたね。

12月上旬の関西巡検(その1京都編)

展覧会記録 建物町並み撮影会 動物植物撮影会

関西方面で12月4日に終了となる展覧会が多いので、日帰りで京都大阪に行ってきました。


毎度の通り、出発は東京駅から新幹線で。

土曜日なら8時20分発と23分発の列車に乗ることが多いのですが、日曜はそれが無いのでいつもより遅いスタートです。

富士山もしっかり冬になってきていて。


京都駅に到着して、まずはフルカラーになった西口の時刻表示板を見物して


乗り場案内が耳なし芳一なみに書き込まれているのは、なんなんだろう……


最初の目的地が南禅寺の先の方なので、地下鉄の蹴上駅から歩くことにします。
ということで、蹴上駅近くにある、インクライン下のトンネル。

何度も通っているトンネルですが、「ねじりまんぽ」だということを意識したのは今回が初めてです……


南禅寺の紅葉は、ほぼ終了ですね。


ということで最初の目的地、泉屋博古館に到着しました。ここでは「高麗仏画」展を見ます。

今日が最終日だというので慌てて来たのですが、なんか来年3月には根津美術館で巡回開催するみたいで……。あわてなくても良かったのかな?
それはともかく、仏さまのお衣装の模様の細かさとか、水月観音の体やお衣裳の曲線のなめらかさとか、実に良いですね。古今東西問わず、人はおよーふくの綺麗さや体の曲線に惹かれるのですよ、うん。

あと、水月観音の絵などを見ていて思ったのですが、波の描き方や植物の感じなどが若冲動植綵絵に通じるところがあって、若冲さんも大典さん経由でこういった仏画を沢山見ていたんだろうなと感じましたです。


泉屋博古館の次は、歩いて岡崎公園へ。
紅葉の季節はバスが渋滞して動かないから……と思って歩いたのですが、それほど道路は混んでなかったですね……。

で、京都市美術館に到着すると、あれ?行列が無いぞ?
ということで、若冲展に突入します。

いえね、前日の土曜日は30分待ちとか1時間待ちとかだったらしいのですわ。
ととは言っても、入ってしまえば20分ほどで見終わってしまうわけで。いや、展示数が少ないわけではないのですが解説が無いので、それぞれの絵を見ながら「お、お久しぶり!」「やっぱ鶴丸はええなぁ」などと思っているうちに、あっちゅうまに通り過ぎているわけで……。
なんとなくこの展覧会、狩野先生が京都中の蔵を開けて出てきた若冲さんを集めて展示したような感じで、解説がないのもあって春の都美での若冲展以上に作品の同窓会の趣だなと。

ともかくも、好きな石灯籠図、蔬菜涅槃図、石峰寺図が見られて、堪能しました(といいつつ、この3つなら京博で見える気が……)。


この後は京阪で大阪に出て、さらに2つ展覧会を見るのですが……。その話はまた今度。

新宿御苑で紅葉を撮る

動物植物撮影会

久しぶりに新宿御苑に行って、紅葉の撮影をしてきました。
久しぶりというのは本当に久しぶりで、撮影記録を見ると前回は3月12日だったそうで……。あれ?染井吉野も八重桜も今年は撮影してないの?

例年、新宿御苑の紅葉は12月の5~10日くらいが一番良いと思っているのですが、今年は急に冷え込んだこともあって例年よりも1週間くらい紅葉が速いという情報がありましたので、まだ12月3日だというのに行ってきたのでした。


とりあえず、そんな新宿御苑の12月3日の紅葉を、10枚ほどコメントなしで載せてしまいます。どん。









うーん、行った時間が遅かった(撮影時間は13時半~15時半でした)のもあって光がはっきりしませんでしたし、後半になるとすっかり陰って逆光を生かした写真なんか撮れるはずもなく……。
そういう時はトリミングで頑張りましょうと、光を感じる部分を望遠レンズで一生懸命切り取って撮影していた感じです……。

にしても、まだα7IIはカメラにちゃんと慣れてないので、ブレとか出やすい気がします。おかしいな、手振れ補正付きのカメラのはずなんだけど。

留萌本線(留萌~増毛)乗車の記録(2015/10/12)

鉄道旅行記

12月4日で廃止になる、JR北海道留萌本線、留萌~増毛間。私は去年の10月12日に乗ったのが最初に最後になったのですが、廃止前にその時の写真を出しておこうかと思います。というか、去年はなぜか書けてないのよね……*1


まずは、起点になる留萌駅。12月5日からはここが終着駅です。


留萌駅を出ると、崖と海の間に挟まれたところを、そろそろと進んでいきます。JR西日本名物の25km/h制限を全線でやってるかのような感じですが、実際に保線が追い付いてないのだろうと感じられました。

などと言いながら、山側の写真がこれしかないな。

一方の海側。日本海なので10月でもそれなりに荒れてる感じ。

沿線には並行して走りやすそうな道路があります。あっちのほうが速そう。


増毛の町へは、港を半周して入っていきます。港ってすごいですね。あの荒い波がすっかり収まってる。


そして増毛駅に到着しました。

ちょっと離れたところから駅の全景を。

灯台のある駅って、珍しいですね。


駅から歩いて2分ほどの場所で海を眺めて。

この海は港の中ではなく外なので、やはり波が荒いですわ。


と、今思えば、片道は札幌行きのバスにして、もうちょっと増毛の街中を見たかったかなと思います……。

*1:駄文が書けない状況は1年前も一緒だったか

12月の展覧会予定

展覧会予定と実績

月初の恒例、今月見たい展覧会を一覧に。

例月はミュージアムカフェの情報からこの一覧を作っているのですが、最近のミュージアムカフェは東京以外の情報が弱いのではないか、と思ってアートスケープも併用して確認したところ、出るわ出るわ……。結構な数の展覧会を、今まで見落としていたような気がします。

それはともかく、一覧をどぞ。

北海道東北

東京

関東

  • BODY/PLAY/POLITICS(横浜美術館, ~2016/12/14)
  • 生誕300年記念― 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち(岡田美術館, ~2016/12/18)
  • 幕末明治の浮世絵探訪-歴史絵から開化絵まで-(とちぎ蔵の街美術館, ~2016/12/18)
  • 身体をめぐる商品史(国立歴史民俗博物館, ~2016/12/18)
  • 百貨店と近世の染織(国立歴史民俗博物館, ~2016/12/18)
  • 生誕八〇〇年記念 特別展 「忍性菩薩 ―関東興律七五〇年―」(神奈川県立金沢文庫, ~2016/12/18)
  • 重要文化財指定記念 まるごと氷川丸展(日本郵船歴史博物館, ~2016/12/25)
  • 旅するイギリス美術(栃木県立美術館, ~2016/12/25)
  • レオナール・フジタとモデルたち(DIC川村記念美術館, ~2017/01/15)
  • 『LaLa』40周年記念原画展~美しい少女まんがの世界(そごう美術館, ~2017/01/15)
  • 明治天皇、横濱へー宮内省文書が語る地域史ー(横浜開港資料館, ~2017/01/29)
  • 第2回 ホキ美術館大賞展(ホキ美術館, ~2017/05/15)


中部


近畿

中国四国


九州


とりあえず今月の強化地点は名古屋でしょうかね。豊田市美術館の「蜘蛛の糸」に、塩田千春さんの作品があるそうなので、これを見たいのですよ……

11月に見た展覧会

展覧会予定と実績

月末の恒例で、11月に見た展覧会を一覧で挙げておきます。


11月は17か所でした。
もう今月は和歌山の蘆雪、西美のクラーナハが双璧でした。もうね、この2つがあればおかずは要りませんよ(何)。

あと、都美のゴッホゴーギャンはBLだと聞いて喜んで行ったのですが、それほどには感じられず……。
噂では音声ガイドの破壊力が高いそうなので、一度聞いてみないとなぁと思っている次第です(って、もう一度見に行くのか?)

デトロイト美術館展@上野の森美術館

展覧会記録

上野の森美術館で「デトロイト美術館展」をやってるので見てきました。

この展覧会は半年くらい前に豊田市美術館で見ているのですが、上野の森美術館では月曜と火曜なら写真撮影可能ということで、撮影しに行ってきたようなものです。
当然ながら、会場内にはスマホのシャッター音が溢れ返ってますのですで、静かな環境をお求めの方は月曜と火曜は避けましょう……


と言うことで、撮影した作品を。

ルノワール「白い服の道化師」。これ、モデルはルノワールの息子さんですが、いやがる息子さんに楽しい格好をさせるルノワールお父さんて、最高だわ。

ピサロ「小道」。点描というか、線描期のピサロさん。新印象派のような理論先行でないせいなのか、ものの形が判りやすい気がします。

モネ「グラジオラス」。

花の横の小道を歩くのは、奥さんでしょうかね。


印象派が終わると現れるのは、ドニ!ドニ!ドニドニドニ!

ポスターっぽい絵ですが、実際にポスターの原画のような位置づけの作品だったようです。


それから勿論ゴッホも。

厚塗りの様子を横から撮影してみたのですが、判りますか?

判りません、よね……。やはりこれは実物を見たほうが判りやすいです。


2階に上がって。マティスが2点。

マティスはね、色遣いとか見ていて落ち着く気がします。実際にはこんな色の壁は無いのに、実際に存在する気がする安心感です。


このほか2階には、ドイツの20世紀初頭の絵画や、ピカソの作品などもあったのですが、これらは作家の著作権が未だ切れてないのか、SNSへのアップは御遠慮くださいと言うことで。ピカソのは、割合好みでした。


と、豊田と上野で2回見たデトロイト美術館展ですが、作品の内容としては国立西洋美術館の常設展の方が好みではあります。なんかね、印象派の作品とか西美は種類が豊富ですから。
といいつつ、52点しか着てない作品を見て、デトロイト美術館を語ってしまうわけにはいかないのですが……。