読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

桜の季節なので徘徊も桜優先です

開花したあとに予想外に寒い気温が続いたので,思いがけなく染井吉野の見頃が週末にずれ込んできました.そんな桜本番な今日,天気も良好だったので定点観測ポイント新宿御苑へ一目散,となったわけです.


新宿御苑に到着したのは10時頃.都内で動くときは昼過ぎから動くことが多いので,この時間に到着するのは,めったにないことです.到着直後こそ曇ってましたが,その後晴れてきまして,本当に撮影にはベストの状況.桜も染井吉野と大島桜を中心に満開ということで……普段だったら1時間一寸で出てくる新宿御苑の中を,気づいたら2時間ほど彷徨っていましたわ.


新宿御苑を出た後は,次なる桜を求めて山手線を駒込まで移動して六義園へ.ここは枝垂桜のほうがメインなので若干季節がずれますが,季節がずれている分一が少ないに違いない,違いない,違いないと思ったのですが…….入口には行列が出来とったorz.
六義園は行列を作ってまで見るところとは思ってないので,通過して別のところに移動することに.で,行ったのは東京大学(弥生/本郷).きっと三四郎池には桜が……2本しかなかった(爆).一応,東大病院の前は桜並木になっていましたが,コンクリートの道沿いの桜並木なんて八重洲にだって有るわけで,ありがたくとも何ともない.なので東大も早めに切り上げて,歩いてすぐの上野公園へ.ここには桜が沢山ありました.ついでに人も沢山ありました…….というか,人が多すぎて100mに10分くらいかかっていたような…….全く,桜を見るためにここまで動き回る民族は日本人だけなんじゃないでしょうか???.


ということで,こんな感じで桜はいったん打ち止めにして,折角の上野公園ですから美術館に行きます.
最初に訪れたのは東京都美術館.いよいよ会期が明日4日までとなったボルゲーゼ美術館展を見ます.やっぱり,今回来ている作品の中ではラファエロの一角獣を持った貴婦人が一番です.なんとなく貴婦人に少女漫画的な泉を感じてしまったりもするのですが…….

それにしても,ボルゲーゼ美術館がもうちょっと良い作品も貸してくれていたら,印象はかなり違っていた気がします.どうも,これという作品が少なかった,というのがこの展覧会の感想となってしまってます.


んで,東京都美術館の後は,時間があったので東京国立博物館.一応桜も一寸眺めた上で,本館で展示物に桜を探して回るお花見大会でした.なお,本館では桜が描かれた展示物を巡るスタンプラリー(正確には,展示室の中でスタンプは使えなかったので,刻印ラリーでしたが)が行われていて,スタンプを全部集めると缶バッチが貰えました.当然のように貰ってきたのですが,缶バッチのどこにも東博を示す文字も絵もないのは,奥ゆかしいというかなんというか…….


と,こんな感じで桜を求めてさまよい歩いたので,この日の歩数は24000歩.流石に疲れました…….