月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

東海交通事業に乗ってみる

前日はコンサートがあった関係で名古屋に泊まっていたのですが、名古屋からまっすぐ東京に帰るのはいかにも芸がありません。ということで、何か乗ったことのない鉄道路線に乗ってみようということに。

で、それならばバスなのに鉄道扱いになる名古屋ガイドウェイバスゆとりーとライン)に乗ってみようと思って中央線に乗ったのですが、どうも高蔵寺駅行きに乗るには50分以上待たないといけない。それは辛いのでそれならばと東海交通事業城北線に乗ってみることにしたのでした。


ということで、城北線への乗換駅、勝川駅です。
f:id:Lunacat:20150504082353j:plain:w280 f:id:Lunacat:20150504082600j:plain:w280
サボテン生産日本一って、なんですのん?

で、目指す城北線は諸事情で中央線と線路が繋がってませんので、少し歩きます。

こちらがその、城北線の勝川駅。
f:id:Lunacat:20150504083022j:plain:w480
いいから線路を繋げよ、と言いたくなる位置で線路が止まってます。

ホームに立つとこんな感じ。
f:id:Lunacat:20150504083432j:plain:w280 f:id:Lunacat:20150504083455j:plain:w280

列車に乗り込みましょう。
f:id:Lunacat:20150504084821j:plain:w280 f:id:Lunacat:20150504085543j:plain:w280
要するに、何の変哲もないJR東海キハ11ですね、これ。


そうこう行ってるうちに発車です。列車は高速道路に沿って進みます。
f:id:Lunacat:20150504085650j:plain:w280 f:id:Lunacat:20150504090009j:plain:w280
これはきっと、高速道路と一体で開発することで、土地収用などの手間を軽減したんでしょうね。

高速道路以外の車窓はこんな感じ。
f:id:Lunacat:20150504085707j:plain:w280 f:id:Lunacat:20150504090939j:plain:w280
濃尾平野のど真ん中を走る路線なので、見事に家ばっかりです。


と、終点の枇杷島に到着。
f:id:Lunacat:20150504091159j:plain:w280 f:id:Lunacat:20150504091257j:plain:w280
運転手さんが、自動改札機で降りるときに使う切符をくれます。

枇杷島駅のすぐ横を新幹線が高速で通過していきます。
f:id:Lunacat:20150504091152j:plain:w280 f:id:Lunacat:20150504091800j:plain:w280
キハ11と新幹線というのも、なかなか妙な取り合わせではありますな。


ということで乗ったことのなかった東海交通事業城北線を完乗したわけですが、天候のせいなのか、なんともパッとしないうちに終わったなぁという感じです。