月猫ツーリスト

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

2016/03/05新幹線開業前に函館往復(1日目-3)青森でねぶたを勉強する

3月5日の函館旅行記、その3回目です。
前回は下北半島大湊線を往復して野辺地駅に戻ったところまででした。
2016/03/05新幹線開業前に函館往復(1日目-1)三沢で見かけるシュレディンガーの廃線 - 月猫ツーリスト
2016/03/05新幹線開業前に函館往復(1日目-2)大湊線で感じる光と空間 - 月猫ツーリスト


ということで、野辺地からは再び青い森鉄道に乗って青森駅を目指します。

青森が近付くと雪が増えますね。

浅虫温泉辺りで海も見えて。対岸は下北半島

にしても、海が見えると自然とテンションが上がるのですが、上がりすぎて写真がまともに撮れてないのが。

ちなみにこの辺りは時速100kmを超えての運行。結構速い。


そうこうしているうちに青森駅に到着です。

流石に青森、しっかりと北海道新幹線のカウントダウンをしてます。


青森では次に乗る函館行きの特急まで、1時間ほど空き時間が有ります。
最初は八甲田丸でも見学しようかと思ったのですが、閉館時間まで考えると余り時間が無いので、青森駅前にあるこの施設へ。

ねぶた祭りの資料館です。今までねぶたって見たことが無くってねぇ。

金魚、金魚がお出迎え。

出てきました、山車、というか、ねぶた。

部分を拡大。

正直ねぶたについては大きいなとは思うのですが、こういった武者絵は不得意の部類に入るので、見ていても苦手意識しかないわけで……。
実際に動いてるのを見ると、また違うのかもしれませんけど……。