月猫ツーリスト雑記帳

かわいいものを求めて西へ東へ右往左往の記録

引っ越しました(1)

昨日まで引っ越すまでの話を書きましたので、今日は引越当日の様子です。

引っ越します(1) - 月猫ツーリスト雑記帳
引っ越します(2) - 月猫ツーリスト雑記帳

前回と違って深夜0時過ぎには荷造りが完了してましたので、当日は寝ている間に必要なもの(寝具とか下着とか)を箱詰めして完了です。

で、引越やさんは朝の8時半~9時に来るという話でしたが、窓から下を見ると8時15分には来ていたので、早々に着手してもらいます。
引越やさんは4人で来てましたが、連係プレイ(多分、室内、エレベーター、トラック内みたいに役割分担していたのだと思う)で段ボール84個と家具が70分かからずに持ち出されてしまいました……。引越し屋さんて凄いねぇ……。
本職の凄さを見たので、次回からは荷造りも頼んだ方が良くね?と思ったのは秘密です。

そんなわけで9時半には前の家を出て、新しい家に向かいます。


f:id:Lunacat:20211116112742j:plain
今度の引っ越し先は、富士山が見えますの。


新しい家に着いたのは10時半過ぎで、既に引越のトラックは到着してました。で、荷物を階段に並びたててスタンバイしてましたわ。
(鍵を貸してくれていたら先に入れてましたのに、と言われましたが、そういう時に人を信用できる人間ではないので……)

で、搬入の方は置き場所をあれこれ指示を出しながらにも関わらず、段ボール84個と家具が60分ほどで持ち込まれまして……。引越し屋さんて凄いねぇ……。
引越やさんの当初見積もりだと搬出開始~搬入終了まで(移動時間1時間込みで)4時間とみていたのですが、3時間で終わってしまいましたわ*1


引越し屋さんが帰って最初に行ったのは、テレビとBDレコーダーのセッティング。割とテレビっ子な月猫さんです。
とはいえ、この時点では地上波しか映らなくて、BSは17時過ぎにCATVさんと会話してからですので、この時点では撮りためたビデオの消化をしていました。

今回のマンション、ビルにはアンテナが無くて、地上波、BSともCATVでの供給になっています(地上波のみ無料でパススルー)。BSを見るためには自前でアンテナを建てるかCATVに契約するか、ということになるのですが、自前で建てるとベランダからテレビのあるところまで7mほど線を這わせないといけないし、何より室内が美しくない。
なのでCATV契約の方針ですが、詳細は説明を聞いてからと考えていたのでした。

そしてCATVの業者さんが来て説明を聞くと、

  • BSを見るだけなら2,090円/月
  • BSを録画するなら3,080円/月
  • BSを録画してBlu-Rayに保存するなら4,070円/月

ということで……仕方なく4,070円/月を契約することに。
その日のうちに機械を取り付けてBSを見ることができるようになったのですが、取り付けた機械はPanasonicのBlu-Rayレコーダの一番安いやつにそっくりでして……。とりあえずBlu-Rayレコーダを1年間レンタルしたと思うことにしました。もう少し工夫する余地は有りそうな気もしましたが、今日中に開通に負けました。

あとインターネット回線も当日開通に負けてCATV経由のものを契約しまして。値段的には光回線と同じ程度なので当日開通にあっさり負けたのですが、本当に正しい選択だったのか、ちょっと迷いますね……。

*1:どうも昼からの客がいたので、増員して短時間で終わらせたのが実情のようですが

引っ越します(2)

昨日は引っ越し先を決めたところまでですが、今日はその続きです。
lunacat.yugiri.org


引越しと言えば荷造りですが、今回不動産屋で物件を決めてから実際に引っ越すまで1か月以上の期間をあけたので、とりあえず1日2個ずつ段ボールに詰めれば何とかなるでしょというおおらかな計画で箱詰めしました。
まぁ、本棚の本を詰めている間は1日2個も楽勝だったのですが、30個を過ぎたあたりから何を詰めるか苦労するようになりましたし、40個過ぎたあたりでは、これだけ詰めたのになんで部屋一面に物があるの?とノイローゼ気味になるし、結局引越前日に10箱以上詰めることになるし、と、全く計画的ではありません……。

結局84箱になってしまったのですが、その内訳はこんな感じ。

区分 大(60×36×42) 中(43×35×30) 小(38×28×20) その他
A:すぐいるもの(台所、衣類等) 4 0 4 2(衣装ケース)
B:音響関係(AV機器、CD等) 2 9 1 0
C:書籍[鉄道関連] 0 0 14 0
D:書籍[美術関連] 0 6 5 0
E:書籍[その他] 1 10 2 0
F:PC,PDA等 1 2 0 2(ディスプレイ)
G:写真関連 0 2 0 0
H:紙類(パンフ、地図等) 0 4 0 0
J:家電 2 1 0 0
K:家具備品 3 1 0 0
Z:その他 2 1 3 0

とりあえず鉄道雑誌の量がおかしいことだけは、良く判ります……。


あとは引っ越し前にやることとして役所への届け出があります。
こちらは手元に住基カードがあるものの当然のようにパスワードを忘れてますので、引越の3週間前にパスワードを変更しておきました。
(まぁこれは結局無意味だったんだが)

で、引越の2日前の金曜に、満を持して転出届を出します。
江戸川区は転出届のPDFがサイトにありましたので、これをダウンロードして書いたうえで行くと、とてもすんなりと完了しました。
確か、8時45分について、9時前に処理が終わっていたような。

あとは、電気、水道、ガス、電話、光回線の連絡をして、郵便局に転送の届けをすれば、引越当日を待つだけという感じです。
やること、多いねぇ……。

ところでガスの届けを出すときに、転居の情報をNHKに連絡するというチェックを付けて出したら、その1週間後くらいにNHKの人がやってきまして、もう新しい人が引っ越してきたのかと……と言うのにはちょっと驚きましたわ。
NHKさん、そこまで人海戦術で受診料を徴収しなくても良くね?

引っ越します(1)

唐突ですが、11月7日に引越をすることになったので、今日は引っ越しをするまでの話を書いておきます。


引っ越そうと思った理由は、まずは前回引っ越してから14年がたって(ちなみに前回の引っ越しは2007年3月21日だったらしいです)、色々と自宅の施設に痛みが出るようになった(水回りのトラブルが増えた)ことがあります。

(前回引っ越す直前の駄文があったわ)
lunacat.yugiri.org

そして、こっちのほうが理由としては大きいのですが、3年前に大家の方針で管理会社が変わってから、まともに管理がされなくなったり*1、住民の質が低下した*2というのがあります。

いや、住んでる家は部屋から電車が見えて、気に入っていたのですけどね。


引越先は、職場の中で一番遠い海浜幕張と、親元(横浜市磯子区)のどちらにも同じくらいの時間で行けるところという理由で大井町近辺で探すことにしました。
早く幕張の事務所を閉めてくれ>弊社

引越の条件は、

  • 今の家より(本棚を設置できる)壁が多いこと(展覧会の図録と鉄道雑誌が溢れかえっている)
  • 管理がしっかりしてそうなこと(ゴミの様子を見れば概ね想像はつく)
  • 家賃は現状+20000円程度まで
  • 目の前が他人の家、なんてことが無い、窓の外にある程度空間があること。

という無茶苦茶なもの。当然ながらsuumoなどを見ていても絞り込めません。

ということで、大井町駅前にある不動産屋さんに行って探してもらうことに。
ですが大井町は小岩よりも家賃相場が高くて……、結局のところ、大田区の池上線沿線となったのでした。
ちなみに下末吉ローム層の上です(一応、台地アピール)。


引越先が決まれば次は荷造りなのですが……。これはまた次回に。

*1:共用部分の電気の交換に1か月かかるとか

*2:音量の大きい住民が増えたりとか……

10月に読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:2403




天災と日本人: 地震・洪水・噴火の民俗学 (ちくま新書 1237)天災と日本人: 地震・洪水・噴火の民俗学 (ちくま新書 1237)感想
災害に係る全国の言い伝えだなどを広く集めています。結構な数の言い伝えが掲載されていますが、もちろんこれで全部でなく、他にも沢山あるのでしょう。こういった言い伝えを都市化で住民が入れ替わる中で、どうやって伝えていくのか、そんな課題の一助にもこの本がなるのかもしれません。
読了日:10月11日 著者:畑中 章宏



カラー版 - 近代絵画史(上) 増補版 - ロマン主義、印象派、ゴッホ (中公新書)カラー版 - 近代絵画史(上) 増補版 - ロマン主義、印象派、ゴッホ (中公新書)感想
ヨーロッパ近代絵画の流れをゴヤから始まって上巻はナビ派まで。さすがの高階先生で相互の関係とか見えてきますね。大体の流れは頭に入ってましたが、時にはこういう纏めたもので知識を再確認するのも大事ですね。
読了日:10月16日 著者:高階 秀爾



街道をゆく 16 叡山の諸道 (朝日文庫)街道をゆく 16 叡山の諸道 (朝日文庫)感想
司馬さん、今回は比叡山へ。比叡山とピンポイントなこともあって話が分散せずに天台宗とその周辺に集中しています。あと、須田さんの影が薄いような。ブラタモリなんかもそうですが、こういった紀行物は狭い地域を深く掘っていく方が読んでいて楽しい気がします。
読了日:10月19日 著者:司馬 遼太郎



鉄道ピクトリアル 2020年 10 月号 [雑誌]鉄道ピクトリアル 2020年 10 月号 [雑誌]
読了日:10月20日 著者:



鉄道ファン 2020年 10 月号 [雑誌]鉄道ファン 2020年 10 月号 [雑誌]
読了日:10月21日 著者:



鉄道ジャーナル 2020年 10 月号 [雑誌]鉄道ジャーナル 2020年 10 月号 [雑誌]
読了日:10月23日 著者:



アメリカ大統領選 (岩波新書)アメリカ大統領選 (岩波新書)感想
アメリカ大統領選挙について、その歴史から実際の選挙戦に至るまでを網羅的に解説した本です。丁度2020年の大統領選挙の時に書かれた本ですが、日々国際ニュースを見たり朝日新聞デジタル版の特集記事を見ている人なら知っていることも多いです。とはいえ、歴史に関する記事は参考になりまして、大昔は共和党の地盤がいまの民主党の地盤の場所だったりとか、言われてみればそうだったということも発見できました。
読了日:10月24日 著者:久保 文明,金成 隆一



JRガゼット_2021年10月号JRガゼット_2021年10月号
読了日:10月26日 著者:JRガゼット編集部



ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年10月号[雑誌]ナショナル ジオグラフィック日本版 2021年10月号[雑誌]
読了日:10月29日 著者:



異形のものたち: 絵画のなかの「怪」を読む (NHK出版新書 651)異形のものたち: 絵画のなかの「怪」を読む (NHK出版新書 651)感想
中野京子さんなので、ヨーロッパの絵画に出てくる怖い生き物が中心です。このネタでだれか日本の絵画に出てくる妖怪や怖い生き物の解説をしてみませんか?ヨーロッパでは怖いだけの妖怪たちが日本に来ると怖いけどかわいいになる様子を読んでみたいものです。
読了日:10月30日 著者:中野 京子



カラー版 シベリア動物誌 (岩波新書)カラー版 シベリア動物誌 (岩波新書)感想
古本屋で200円セールだったので買ってきました。シベリアというかバイカル湖付近からカムチャツカ、さらには海までの広い範囲をカバーしています。北海道もそうですが、雪降る広大な大地には様々な生き物がいるものです。新書だから買ったとはいえ、新書にしておくには写真の大きさ的に勿体ない感じがします。
読了日:10月31日 著者:福田 俊司



動物のお医者さん (8) (花とゆめCOMICS)動物のお医者さん (8) (花とゆめCOMICS)感想
英語の論文、思い出すだけで怖い!。あと漆原教授はなんで子犬を育てるときだけ破壊せずにまじめなんですか……
読了日:10月31日 著者:佐々木 倫子



鉄道ピクトリアル 2020年 11 月号 [雑誌]鉄道ピクトリアル 2020年 11 月号 [雑誌]
読了日:10月31日 著者:


読書メーター

今日の夜の徘徊

今日も今日で在宅勤務後に夜のお散歩へ。今日は両国から東京駅を目指します。


その途中、新大橋を通るのは初めてかもしれん。
f:id:Lunacat:20211029102446j:plain

近づいてみます。中々恰好良いですな。
f:id:Lunacat:20211029102442j:plain
f:id:Lunacat:20211029102449j:plain

橋の中央にあったレリーフ。どちらも有名な版画から作成しているのかしら。
f:id:Lunacat:20211029102451j:plain
f:id:Lunacat:20211029102437j:plain

南側に見えていたのは、清洲橋ですかね。
f:id:Lunacat:20211029102444j:plain


そして東京駅に到着。
JR東海さんが「ひかりの京都」というキャンペーンをやってましたが、京都へは「のぞみ」でなく「ひかり」を使おうということですかね?(多分違う)
f:id:Lunacat:20211029102458j:plain